アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

『呪術廻戦』術式とは?領域展開とは?呪術師たちの能力を解説!

『呪術廻戦』の中で呪術師や呪霊たちが使う様々な「術式」と、ここぞという場面で発揮される「領域展開」

ストーリー中で何度も出てくるこれらの言葉ですが、あらためてどのようなものなのか、呪術師や呪霊たちの術式・領域展開がどんな能力なのかをまとめて解説します。

『呪術廻戦』の戦いをより深く知るためにも、必見です。

 

「術式」とは?


作中でカギとなるのが、「呪力」と呼ばれる負のエネルギー。

呪力によって呪術師たちは呪霊を認識し、祓うことができます。

呪力を持つかどうかは生まれつきで決まりますが、本来なら呪力を持たない主人公・虎杖は、両面宿儺の指を食らうことで呪力を得ました。

そして、この呪力を流して発動するのが「術式」です。

なかでもメインの能力となるのが、呪術師や呪霊が生まれ持っている「生得術式」で、作中でただ「術式」と呼ぶときは、一般的にこの生得術式を指します。

生得術式の他にも、それを発展させた「拡張術式」や、一定の空間に結界を生み出す「結界術」、呪力(負のエネルギー)を正のエネルギーに反転させて治癒能力などを発揮する「反転術式」などもあります。

 

伏黒恵:十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)

自身の影を媒介に、強力な式神を呼び出すことができる術式。

術式名の通り式神は全部で十種類あり、それぞれ特性が異なります。

また、拡張術式では式神を合体させてより優れた能力を持たせることもできます。

 

釘崎野薔薇:芻霊呪法(すうれいじゅほう)

呪力をこめた釘を敵に打ち込んで攻撃する術式。

相手に直接釘を打つ「簪(かんざし)」や、相手の欠損した肉体に釘を打ってダメージを与える「共鳴り」などのバリエーションがあります。

 

五条悟:無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)

「無限」を生み出す術式で、凄まじく強力な一方で原子レベルの精密な呪力操作が必要とされます。

物体を吸い寄せる、吹き飛ばす、質量を生み出して空間を押しつぶす、空中浮遊、瞬間移動など、術式の応用で幅広い技を可能としています。

 

七海建人:十劃呪法(とおかくじゅほう)

対象の「7:3」の比率となる位置に弱点を生み出し、そこを攻撃することで大きなダメージを与えることができる術式。

強制的に弱点を生み出すことで格上の相手にも強力な一撃を加えることができ、格下の相手であれば一撃で真っ二つにするほどの威力を発揮します。

 

東堂葵:不義遊戯(ブギウギ)

「一定以上の呪力を持つ2つのものの位置を入れ替える」という術式。

自分と敵の位置を入れ替える、他の味方と位置を入れ替えて敵に不意打ちをするなど、応用できる幅の広い術式で、これを駆使して虎杖と見事な連携を発揮し、戦う場面がありました。

 

真人:無為転変(むいてんぺん)

生物の魂のかたちを捻じ曲げることで、その生物の肉体を変形したり、改造したりする術式。

相手の脳を直接押し潰して殺害したり、改造人間を生み出したりするほかにも、自身の肉体を再生するなどの使い方も見せています。

 

「領域展開」とは?

領域展開とは、術式を付与した「生得領域(術者の心の中)」を、自身の周囲に結界として構築する技です。

「術者のステータス上昇」「領域内では術式が必中になる」など、圧倒的な効果を持ちます。

一方で、呪力の消費が膨大であり、使用後は一定時間、術式を使えなくなるというデメリットもあります。

「呪術の極致」と呼ばれており、呪術師の中でもこの領域展開を使える者はごく一部です。

 

五条悟:無量空処(むりょうくうしょ)

領域内の相手に「無限回の知覚と伝達を強制」します。

つまり、相手は膨大な情報が絶え間なく流れ込んできて脳がフリーズします

その情報量は「0.2秒で半年分」という凄まじさで、特級呪霊の真人や漏瑚のような強敵でも耐えられずに気絶し、一瞬で無力化されました。

 

伏黒恵:嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

同じ種類の式神を複数体呼び出したり、自身の影で分身を生み出したりする効果を持ちます。

伏黒の技術的な未熟さもあって発動時はまだ未完成の領域展開であり、詳細が不明な部分も多くなっています。

 

真人:自閉円頓裹(じへいえんどんか)

領域内の相手に自由に「無為転変」を発動させられるようになります。

「手で相手に触れなければ無為転変は発動できない」という縛りがなくなるため、相手を領域内に閉じ込めた時点でほぼ勝ちが確定になるほど強力です。

 

漏瑚:蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)

領域内を圧倒的な熱で包み、並の呪術師なら領域内にいる時点で焼き切ります

強力な技ではありますが、作中では五条が対抗して「無量空処」を発動したため、より洗練された領域展開である無量空処にかき消されました。

 

両面宿儺:伏魔御厨子(ふくまみづし)

虎杖に宿った両面宿儺が発動させた領域展開。

領域内の全てに、宿儺の術式である「捌」「斬」を絶え間なくくり出します

結界で相手を閉じ込めない代わりに、効果範囲が半径200mという凄まじい広範囲攻撃を実現します。

 

『呪術廻戦』術式・領域展開についてまとめ

『呪術廻戦』の世界観を理解する上で欠かせない、呪力、術式、領域展開という概念

呪術師や呪霊たちの術式・領域展開を知れば、ストーリーや戦いの見どころをより深く理解できるようになります。

術式や領域展開の内容を知って、より詳しく『呪術廻戦』を楽しみましょう!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan