アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『86 エイティシックス』1話のあらすじネタバレ感想!【専門用語多すぎ?世界観も解説】

第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した、安里アサトによるSFライトノベル『86 エイティシックス』

その待望の映像化作品として話題になったアニメ『86 エイティシックス』1話のあらすじネタバレや感想をまとめました。

世界観の説明が中心ながら、専門用語も多く難解だったこの1話。その詳細も解説します。

『86 エイティシックス』の世界観・設定まとめ解説

主人公の一人・レーナが暮らすサンマグノリア共和国は、隣国で覇権を握るギアーデ帝国から多脚無人兵器「レギオン」による襲撃を受け、戦争に突入しています。

ギアーデ帝国のような無人機のAIを自力開発できなかった共和国は、白銀の髪と瞳を持つ特権人種「白銀種」以外の被差別人種・86たち「パーツのひとつ(プロセッサー)」ということにして多脚兵器ジャガーノートに搭乗させ、

「86は人間ではないのでジャガーノートは無人機だ」「86は豚と同じ扱いなので、86が死んでも実質の戦死者はゼロだ」ということにしていました。

本国からは「ハンドラー」と呼ばれる指揮官が、プロセッサーたちと意識を共有する「パラレイド」という技術で繋がって戦闘を指揮していますが、

大半のハンドラーは被差別人種である86のプロセッサーたちにまともに対応していません。

 

『86 エイティシックス』1話のあらすじネタバレ

レーナの葛藤

サンマグノリア共和国の国軍に所属し、弱冠16歳で少佐を務めるヴラディレーナ・ミリーゼ(レーナ)

共和国の街はきれいに栄えていて、白銀の髪と瞳を持った人々が行き交い、ニュースでは「人道的な無人機により死者はゼロ」と流れていますが、それを見るレーナは複雑な表情です。

軍の本部に出勤したレーナは、86たちを「豚」と罵る他の軍人たちに憤り、友人で技術士官のアネットから「どうして86にそんなに入れ込むのか」と呆れられます。

 

転属と噂

父の友人であり上司であるカールシュタール准将から、担当部隊の変更を言い渡されるレーナ。

新たに担当することになったのは「スピアヘッド戦隊」と呼ばれる精鋭部隊ですが、その隊長「アンダーテイカー」を担当したハンドラーはおかしくなる、という逸話がありました。

友人のアネットからも、アンダーテイカーの逸話が本当だと教えられるレーナ。

パラレイドでアンダーテイカーと同調したハンドラーが、狂って散弾銃で自分の頭を吹き飛ばしたという異様な事例でした。

レーナもそれに驚きます。

 

スピアヘッド戦隊

一方、戦場の最前線にあるスピアヘッド戦隊の本部では、ボロボロの庁舎の中でも、86のプロセッサーたちが協力し合って暮らしていました。

それぞれ髪の色や瞳の色は違っていても仲間意識や結束は強く、そんな中で隊長のアンダーテイカーことシンエイ・ノウゼン(シン)は、一人静かに読書をすることを好んでいます。

隊員の一人クジョーは、シンのことを「死神」と呼びつつも慕っていて、「死神のお導きがあるなら悪くない」と評しました。

 

アンダーテイカー

その後の戦場で、致命傷を負ったクジョーに拳銃でとどめを刺してやり、彼の乗っていたジャガーノートの一部を形見として削り取るシン。

仲間の死を見送った後も、隊員たちはそれがありふれた日常であるかのように普通の生活に戻ります。

そんな夜、新たにハンドラーとなったレーナからパラレイドで通信が入ります

着任の挨拶をするレーナにシンは隊長として挨拶を返しますが、他の隊員たちは自分たちを差別する白銀種のレーナに明らかな悪感情を示すのでした。

 

『86 エイティシックス』1話を見た視聴者の声

映像、音楽ともに圧倒的なクオリティだと話題になっていますが、

難解なストーリーを仄めかせる程度の説明だった1話目に、原作未読の視聴者からは「分からない部分も多かったけど今後が楽しみ」という声が上がっています。

原作の世界観をどうアニメで説明するのか、と放送前から注目されていましたが、2話目以降に期待の部分も大きいですね。

 

『86 エイティシックス』1話の感想・考察

アニメーションを「ソードアート・オンライン アリシゼーション」のA-1 Picturesが、CGを国内最高峰の映像会社である白組が手がけたということもあり、

作画や戦闘シーンのクオリティは圧巻でしたね。

一方で、「86」「レギオン」「ハンドラー」「プロセッサー」「パラレイド」などの専門用語が飛び交うストーリーは、確かに原作既読でないと置いてけぼりにされるだろうな、と思える難解さがありました。

最後はレーナとシンが初めて言葉を交わすシーンで終わりましたが、原作では本当にまだ序盤といっていい部分です。

ここから少しずつ世界観が明らかになっていくのも楽しみですね。

 

『86 エイティシックス』1話のあらすじネタバレ感想まとめ

良くも悪くも謎が多く、やや説明不足な感じもあった『86 エイティシックス』1話。

続く2話目はタイトルが「スピアヘッド」ということで、シンたちの戦いぶりやシリアスな境遇が描かれるのでしょうか。

ここから盛り上がっていくのは間違いないので、引き続き注目していきましょう。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan