アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

『呪術廻戦』両面宿儺とは? 強さや術式・領域展開・虎杖との関係を解説!

『呪術廻戦』の中でもずば抜けて異色の存在として知られるキャラクター、両面宿儺(りょうめんすくな)

五条悟と並ぶ最強キャラでありながら、決して単純な味方というわけではなかったりと、唯一無二の立ち位置でストーリーに揺さぶりを与えています。

そんな両面宿儺の能力や強さ、性格や作中での立場について、あらためて情報をまとめました。

 

両面宿儺とは?

呪いの王・最強の呪霊


さまざまな呪霊や呪詛師が敵として登場する『呪術廻戦』ですが、その中でも両面宿儺は「呪いの王」と呼ばれる存在。

言わば、「最強の呪霊」と言えます。

もともとは4本の腕と2対の目を持つ異形の存在で、人間だったころからどんな呪術師でも敵わないほどの強さを誇ったと言います。

そして死後、その指(腕が4本あったので全部で20本)は危険な特級呪物となりました

人間として死んでからはますます呪いの力が強まり、手のつけられない強さを誇っています。

その名前は現実の歴史にも記録があり、古事記に「両面宿儺」という悪神が登場。これが『呪術廻戦』のキャラクターとしての両面宿儺のモチーフとされています。

 

指を食らった虎杖の中に宿る

人間として死んだ両面宿儺ですが、『呪術廻戦』の主人公である虎杖が特級呪物となった指を食らったことで、虎杖の体に受肉します

こうして両面宿儺は虎杖の体の中に住み着くことになり、一方の虎杖は体内に両面宿儺を宿すことで、大きな呪力を手に入れました

原作漫画では、現時点で虎杖は20本の指のうち15本を食らっています。

 

両面宿儺の能力・強さは?

両面宿儺の術式「解(かい)」と「捌(はち)」「開(ふーが)」

『呪術廻戦』では「術式」と呼ばれる能力で登場人物たちが戦いますが、両面宿儺の術式のひとつが「解(かい)」

これは見えない斬撃をくり出す術式で、両面宿儺が言わば通常攻撃としてよく使っています。

ですが、触れたものを簡単に真っ二つにしたりと、その威力はかなりのもの。

単純な術式だからこそ、シンプルな強さを誇っています。

 

また、同じ斬撃系の術式として「捌(はち)」もあり、こちらは対象の呪力や強度に合わせて自動で威力が調節された斬撃を放ちます。

「解」と比べて、より使い勝手の良くなった上位の術式だと言えますね。

 

他にも、斬撃ではなく炎を使って攻撃する術式として「開(ふーが)」があります。

強力な特級呪霊・漏瑚に対して使われており、かなりの強敵であるはずの漏瑚をいとも簡単に瀕死に追い込んだりと、

両面宿儺の異常なまでの強さを見せつけた術式です。

 

両面宿儺の領域展開「伏魔御厨子(ふくまみづし)」

呪術師や呪霊にとっては必殺技とも言える領域展開。

両面宿儺の領域展開は「伏魔御厨子(ふくまみづし)」です。

これが発動すると、範囲内にいる存在に対して術式「解」と「捌」が無制限に浴びせられます。

こう聞くだけでも、いかに恐ろしい能力か分かりますね。

また、通常は領域展開では周囲を結界で囲って相手を逃げられなくしますが、伏魔御厨子では結界を張らず、相手はその気になれば自由に逃げられます。

しかし、結界を張らない代償として、その効果範囲は半径200mという広さに。

これだけの範囲のものを一方的に切り刻むのは、まさに「必殺」の技ですね。

 

圧倒的な強さを見せつけてきた両面宿儺

術式や領域展開を見ただけでもその圧倒的な強さが分かる両面宿儺。

ストーリーの中でも最強ぶりをたびたび見せつけていて、前述のように特級呪霊の漏瑚を一方的に倒しています。

また、虎杖の体に受肉していることもあり、単純なフィジカルの面でも強さを発揮。空中へ吹き飛ばした相手の背後に自分も飛んで一瞬で回りこんだりと、超人的な身体能力を見せてきました。

りく
最強の男 五条悟とどちらが強いのか、気になります

 

両面宿儺の性格・立場は?

決して味方ではない

圧倒的な強さを誇り、虎杖の体に受肉している両面宿儺ですが、間違っても「味方」とは言えない存在です。

呪いの王と言われるだけあり、その振る舞いはまさに傍若無人

虎杖の仲間や無実の一般人が死ぬことさえ厭わなかったり、

「指を一本食わせるから頼みを聞いて」と言われて承諾したにも関わらず約束を破って相手を殺したり、

虎杖に受肉した際には彼の心臓を抉り取って殺したり(後で蘇生させましたが)、やりたい放題。

他者を見下す言動や邪悪な表情も合わさって、気ままに覇道を突き進む姿が衝撃的です。

 

虎杖は意識を乗っ取られない/虎杖と両面宿儺の「縛り」

味方ではない両面宿儺に受肉されながらも、虎杖は意識を乗っ取られるまでには至っていません

それには虎杖の出自が関係しているらしく、まだ明らかになってはいませんが、虎杖の両親や先祖が宿儺と関わりのある「何か」であると考えられています。

また、虎杖は両面宿儺とある「縛り」を交わしており、「契闊と唱えたら宿儺に体の主導権を1分間与える」「虎杖はこの縛りの記憶がなくなる」などの契約があります。

りく
このような条件があるからこそ虎杖と両面宿儺はギリギリのバランスで共存していると言えますね

 

両面宿儺と他の登場人物の関係は?

伏黒恵:両面宿儺が興味を示す

当初は宿主である虎杖の仲間でさえも軽んじていた両面宿儺ですが、虎杖と同じ1年生の伏黒恵に関しては、途中から興味を示しています。

どうやら伏黒の呪術師としての力に関心を持ったらしく、伏黒に「してほしいことがある」からと、彼を害しようとしなくなりました。

ただ、その「してほしいこと」は伏黒の祓詞「布瑠部由良由良」を用いた自身の復活ではないか?という考察もあり、単に気に入っているだけではないようです。

 

裏梅:両面宿儺とは昔からの知り合い?

偽夏油傑の陣営に付いている謎の人物・裏梅は、両面宿儺の生前からの知り合いであることが描写されています。

「宿儺様」という呼び方や、彼を慕っている様子からも分かるように、裏梅は昔の宿儺の従者です。

その役割は「人を美味しく調理するための料理人」でしたが、術者としてもその力は圧倒的。

ただ、1000年も前の人物がどうやって姿を保ちながら現在まで生きているのか、どうして偽夏油傑と行動を共にしているのかなど、謎な部分もあります。

合わせて読みたい
『呪術廻戦』虎杖悠仁の正体とは? 身体能力、体質、記憶の点から考察

呪術をメインとしたバトル作品である『呪術廻戦』。 2020年秋からアニメ放送もされているこちらの作品の主人公の『虎杖悠仁』。   彼は物語の初めから特級呪物『両面宿儺』を飲み込んだ際にその器 ...

 

『呪術廻戦』両面宿儺とは? まとめ

『呪術廻戦』の世界観全体を見ても、一際異彩を放っている両面宿儺という存在。

彼が今後のストーリーの中でどのような役割を果たすのか……というよりは、今後のストーリーをどのように壊して暴れていくのか、ますます目が離せません。

唯一無二の存在感と立ち振る舞いで波乱を巻き起こす両面宿儺に、今後とも注目です!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan