アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話のあらすじネタバレ感想!【ザックレー死亡とエレン脱獄で事態が急変!?】

空前のヒットを記録した漫画を原作に、巨人の力を巡る人間たちの壮大な戦いを描いたアニメ『進撃の巨人』

そのファイナルシーズン12話目(シリーズ全体で見ると71話目)のあらすじやネタバレ、感想をまとめました。

エレン、ガビ、ライナー、その他にも多くの登場人物の考えが交錯する中で、ストーリーは新展開に……!?

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』70話のおさらい

調査兵団に捕らえられていたガビとファルコは脱獄し、森をさまよっていたところを、偶然にもサシャの同郷の人々に保護されます。

ガビがサシャを殺したことなど知らずに温かく迎えてくれるサシャの家族たち。

しかし、2人を見つけた女性カヤはガビたちがマーレ人だと見抜いていて、

「先祖が『悪魔』なら子孫にも罪があるのか」という点で意見がぶつかり合います。

エルディア人は悪魔の末裔だと信じるガビですが、カヤの過去を聞いてその思想を揺さぶられるのでした。

あわせて読みたい
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』74話のあらすじネタバレ感想!【ジークの過去と安楽死計画の背景が明らかに!】

ストーリーもクライマックスに突入し、ますます話題を集めるアニメ『進撃の巨人』。 そのファイナルシーズン15話目(シリーズ全体で見ると74話目)のあらすじやネタバレ、感想をまとめました。 ジークの壮絶な ...

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話のあらすじネタバレ

揺れる調査兵団

結晶に包まれたアニのもとを訪れるアルミン。

見張り役のヒッチから「その子はお触り厳禁なんですけど」と茶化されるも、「重大な情報がないか探るため」と言い訳をします。

兵団の本部では新兵たちが奇妙な行動を取っていて、

さらに新聞では「調査兵団は権力に固執してエレンの自由を奪っている」と書かれ、市民たちが抗議のために本部に押し寄せていたりと、

調査兵団の内部が大きく揺れ動いているのが分かります。

 

マーレ義勇兵たち

イェレナを尋問するピクシス司令。

すると、彼女は「二人の兄弟によって世界は生まれ変わる」と語ってエレンとジークに対する狂信的な考え方を吐露し、

自分がエレンと密会していたことも明かすのでした。

一方で、ハンジはオニャンコポンを尋問していましたが、彼は「自分たちが本心から協力してこの島は豊かになったはず」と語り、ハンジもその言葉に気まずさを覚えます。

さらに、イェレナがエレンと密会していたことをオニャンコポンは全く知らなかった様子なので、

イェレナの行動原理に不審な点を感じたハンジは、オニャンコポンを連れて行動を起こします

 

ザックレー総統の死

ザックレー総統のもとを訪れて、エレンに会わせてほしいと頼むミカサとアルミン。

しかし、ザックレーはそれを認めようとしません。

退室を命じられて今後の対応を考えるミカサとアルミンでしたが、そこで何かを察知したミカサがアルミンを抱えて飛び伏せ、

次の瞬間にはザックレーの執務室が爆発し、吹き飛ばされたザックレーは死亡します

抗議に来ていた市民たちはその死に様を見て、「今こそ戦うとき」「心臓を捧げよ」と沸き立つのでした。

 

エレンの脱獄とレストラン

ザックレーを爆殺し、さらにエレンの脱獄を手引きしたのは、調査兵団の新兵をはじめとしたエレン信奉者でした。

「新生エルディア帝国」を名乗る彼らと合流したエレンは、ジークの居場所を特定するために動き出します。

一方で、エレンを失ったミカサたち調査兵団は、イェレナの不審な点から「マーレ人たちのレストランが怪しい」と推理してそこへ急行。

ミカサたちの乗る馬車が通り過ぎた路上には……市民に扮したピークがいました。

丁度その頃、ミカサたちの目指すレストランにはサシャの家族やカヤ、ガビ、ファルコがいました

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話を見た視聴者の声

情勢が大きく変化したことで、変革を前にしたハラハラ感を感じた人が多かったみたいです。

一方で、エレンが完全にミカサたちと袂を分かったことを、寂しいと感じる声も集まっていました。

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話の感想・考察

過激な意見を大声で叫んで熱狂する人々と、ザックレー総統をはじめ容赦なく流れる血、

そしてそんな情勢の急変に翻弄されるミカサたち……という感じで、政治サスペンス的な色味も感じられる回でした。

誰もが戸惑いや苦悩を見せる中で、現実を見据えてさらりと決断を下すピクシス司令がかっこよかったりと、

複雑なストーリーの中でもそれぞれのキャラの魅力が発揮されていて印象的です。

原作で話題になった「ザックレー総統が拷問椅子をチラ見」のシーンもしっかり挟まれていてナイスでしたね。

 

後半で夕陽の前で上着を羽織るエレンのシーンは原作通り神々しくてかっこよくもあり、

その死んだ目が「もうエレンはミカサたちのもとには戻ってこないんだ……」と感じさせて悲しくもあり……という感じでした。

ピークがパラディ島に潜入していて、さらにレストランにはガビたちがいて、次回への不穏な伏線も盛りだくさんです。

情勢が落ち着くどころか、さらに波乱が起きそうですね……

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話のあらすじネタバレ感想まとめ

ストーリー的には悲劇に向かいつつあるのに、

急展開の連続で見ていてワクワク感が止まらなかった『進撃の巨人』71話(ファイナルシーズン12話)。

例のレストランが次の舞台になるのは不安しかないし、ピークたちマーレ陣営が動き出しているのも気になります。

次回72話にもますます注目です!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan