アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

フルーツバスケット 2nd season 20話のあらすじと考察【草摩燈路が登場!?】

現在放送中の大人気アニメ、フルーツバスケット

この記事では、先日放送された20話のあらすじをまとめてみました。

まだ見ていない人は、ネタバレになるのでご注意ください。

もう見たという人は、私の考察を入れて書いているので、あなたの考察と合わせて読んでみてください。

 

 

フルーツバスケットの概要

全世界コミックス発行累計3000万部を突破した大人気作品。

ギネスでは、「もっとも売れている少女マンガ」としても認定。

コミックで絶大な人気を誇ったフルーツバスケットは、アニメ放送も始まり、現在season2が放送されている。

マンガ版とアニメ版で、ストーリーの結末が違う部分も魅力の一つだ。

 

 

フルーツバスケット19話のあらすじ

20話のあらすじを書く前に、簡単に19話のあらすじをまとめておきました。

12支の呪いを解く方法を探していた依鈴。

依鈴は、發春を呪いから助けるために必死に探し出しますが、やはり方法は見つけられません。

そのせいで自分に嫌悪感を抱き始めた依鈴は、ついに透に泣きじゃくります。

「1人じゃ何もできない」

そう言って泣いていましたが、透にハグされて、孤独感が少し和らぎました。

中盤には、きつい依鈴が甘えるシーンも出てきて、かなり微笑ましい雰囲気に変わって良かったです。

この回では、友達の重要性や、1人で抱え込むことの無意味さなどを知るとこができました。

 

関連記事
【フルーツバスケット 2nd season】第19話あらすじネタバレ!依鈴の苦悩が描かれる

身寄りのない女子高生の本田透と、十二支の呪いを抱える草摩一族の人々の交流を描いた「フルーツバスケット」。 2020年から始まったテレビアニメ第2期「フルーツバスケット 2nd season」の第19話 ...

 

フルーツバスケット20話のあらすじ

 

文化祭でやることが決定

20話では、透のクラスで文化祭にやることがシンデレラに決定したところから始まります。

生徒会長として活動している由希に、少し心配する透でしたが、生徒会とクラスについて手を抜かず頑張っていました。

 

窓ガラスが破損

真鍋が教室に由希を呼びにきて廊下を歩いているところ、急に窓ガラスが割れて2人は放心状態

窓ガラスが割れた部屋を見てみると、部屋は荒らされていて、中には真知がいました。

真知に何が起きたか分からなかった由希ですが、真鍋が

「ここは俺に預けてほしい」

と言って提案します。

由希も真鍋のことを信頼しているので、任せることに。

真知と真鍋は生徒会を欠席として、由希は教室を後にしました。

 

真知と真鍋の関係が発覚

生徒会が始まっても、由希は真知と真鍋のことが気になって、頭がいっぱいです。

生徒会が終わってガラスが割れた教室に戻ると、荒らされた部屋を1人で片付けている真鍋がいました。

真知は帰っていたようなので、由希はずっと気になっていた2人の関係について質問しました。

「兄弟なんすよ。俺ら」

あまりにもすんなりと答えた真鍋とその内容に、由希は驚きを隠せません。

ですが苗字が違うなど、少し気になる点も…。

すると真鍋は、自分から家族構成について話し出しました。

父が金持ちで、真鍋と真知のどちらが引き継ぐかでトラブルが起きていたようです。

どちらとも半々で引き継げば良かったのですが、そうもいきません。

なぜなら、真鍋は愛人の子なので、真知と母親が違うかったからです。

お互いの母親は、自分の子供こそが後継ぎにふさわしいと言い合って、それでトラブルが大きくなったと由希に話しました。

真知が窓ガラスを割るなどの奇行に関して、真鍋は家庭環境が関係あるのかと疑問を持ち始めます。

由希も家庭環境には問題があったので、優しく理解してあげたような様子で微笑みました。

真知は1人で抱え込んでいるようでしたが、周りの人たの優しさに気づいて甘えてほしいですね。

 

母親のいる実家へ行く

次のシーンでは、由希は親に書いてほしい書類を家に持っていって、母親と雑談が始まります。

「無駄遣いしたらダメよ」

親らしい発言をした母親に、由希は少し嬉しい表情を浮かべて帰りました

 

文化祭についての変な噂

学校のシーンに戻ると、文化祭に関して変な噂が流れていて、由希は困惑。

・花火が100連発上がる

・キャンプファイヤーで焼き芋を作って、生徒全員に配る

生徒たちは大きな期待を持っていますが、予算などを考慮しても実現は不可能

誰がこのような噂を流しているかを気になっていると、真鍋が犯人と分かりました。

文化祭で花火が100発も打ち上がったら、近隣の住民からクレームの嵐ですね。

 

真知が教室に登場

真鍋に呆れていると、真知が登場。

「二度としません。」

そのように真知が話すと、由希が

「どうしてするのかをお互いに理解しなくちゃ」

と言い返しました。

相手のことを考えられる素晴らしい生徒会長ですね。

真知が1人で抱え込まないように、周りの人たちのサポートは必須ですね。

 

シンデレラの配役の決定

周りから王子様と言われると、クラスの文化祭でやるシンデレラの配役を決めている事を思い出して、急いで自分のクラスの教室に戻ります。

クラスメートの女の子たちは、由希に王子様をお願いしますが、生徒会長として活動するため忙しいので断りを入れました。

そして、ついに配役の発表。

結果は、花がシンデレラで、夾が王子様に。

夾は必死に異論しますが、結局は王子様に決定することになりました。

文化祭の配役に疑問が残りますが、どのようにシンデレラの演技がされるのか注目ですね。

 

生徒会室に戻って閉じ込められる由希

クラスの配役が決定したので、再び生徒会室に戻る由希。

発注リストを探すために生徒会室の中にある資料室へ入った由希ですが、急にドアが動いて閉じ込められてしまいます

昨日から鍵が壊れていたので、開けることもできません。

電気も切れていたので、部屋が全く見えない状況に…。

部屋を物色していると、黒のペンキが落ちてきて、嫌な過去を思い出しました。

そうしているうちに、真知がドアを壊してくれて、見事に由希は資料室から出ることに成功。

ペンキの匂いが気持ち悪くなった由希でしたが、体調に問題はなく話は終わりました。

閉じ込められた時はヒヤヒヤしましたが、何もなくて良かったですね。ドアが壊れたことは問題ですが…。

 

 

フルーツバスケット20話のまとめ

今まで危ない行動を取っていた真知と、それに対して驚かない真鍋。

2人の関係に疑問が多く残っていましたが、兄弟だということが発覚しました。

確かに部屋を荒らしたり、窓を壊したりする行為は決して許されません。

ですが、同じく家庭環境が良くなかった由希は無闇に怒ることなく理解するように努めました。

真知は、これから少しずつ友情を育んで、更生していって欲しいですね。

また、家庭環境が少しでも良くなる事を期待しています。

20話の中盤では、家庭環境が悪かった由希と母親の仲が少しだけ良くなっているように見えました。そんなふうに、真知の家庭環境が少しでも改善されるよう、兄弟の真鍋も助けてあげて欲しいですね。

文化祭に関して配役も決定しました。

シンデレラと王子様にも注目ですが、個人的に頑張って欲しいのが透。

意地悪な事をする役ですが、優しくて純粋な透が無事に演技することができるのか。

次回以降も、すごく楽しみですね。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan