アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『はたらく細胞』が面白いとネットで評判!見どころを紹介!

2018年に1期、2021年1月からは2期が放送され、テレビやネットでは大きな話題となっている『はたらく細胞』

細胞を擬人化して、体内でのはたらきをストーリーにする……という斬新な世界観が見どころとなっています。

その面白さのポイントネット上の評判は?

詳しくまとめました。

 

『はたらく細胞』とは?

『はたらく細胞』は、漫画家の清水茜さんによって「月刊少年シリウス」で2021年2月まで連載された漫画作品です。

また、それを原作に2018年にはアニメが、2021年には2期目となる「はたらく細胞!!」が放送されて、アニメファンの間で大きな注目を集めました。

物語のテーマはタイトル通り「細胞のはたらき」

さまざまな細胞が体内でそれぞれの役割を果たしながら、けがや病気などの問題に立ち向かっていく様が描かれます。

原作は2021年2月の時点でシリーズ累計発行部数500万部を突破し、「はたらく細胞BLACK」「はたらく細菌」などのスピンオフ作品も話題に。

異色のコメディ作品として反響を呼び続けています。

 

『はたらく細胞』の人気の秘密は?

「細胞の擬人化」という斬新でためになるテーマ

『はたらく細胞』の最大の個性といえば、やっぱり「細胞の擬人化」という斬新なテーマですね。

赤血球や白血球といった有名な細胞から、ちょっとマイナーな細胞までが、それぞれの役割をこなしながらさまざまなトラブルに立ち向かいます。

そのストーリーの中で、それぞれの細胞の能力や役割、細胞たちによって体がどのように守られるかの仕組みを学べるのが注目ポイント。

「見ていてためになる」「子どもの教育にもいい」と好評を集めています。

個性豊かな細胞たちのキャラクター性

登場人物となる細胞たちの個性的なキャラクター性も『はたらく細胞』の人気のポイントです。

本当は無個性な細胞たちひとつひとつに性格や性別、年齢や表情があって、役割によってユニークな設定が付けられています。

細胞たちがちゃんと個性を見せてくれることで、ストーリーにより感情移入できたり、細胞のはたらきを分かりやすく理解できるのが魅力です。

『はたらく細胞』が話題になっている理由は?

テストの点数が上がると話題!

生物や保健体育のテストには『はたらく細胞』にでてくるキャラクターたちが出るので

テストの点数があがったという話も聞きます。

実際ネットでも話題になっていまいた。

スピンオフ作『はたらく細胞BLACK』も話題に!

スピンオフ作品でまた一味違う世界観を見せてくれるのも『はたらく細胞』の人気の秘密です。

特に『はたらく細胞BLACK』はアニメ化までされたスピンオフシリーズで、本家『はたらく細胞』にも引けを取らない話題を集めています。

タイトルにもあるように、細胞たちの「ブラック」な働きぶりを描いているこの作品。

喫煙や飲酒、睡眠不足、過食、それらから来る生活習慣病など、現代社会ならではの問題がユーモラスに取り上げられているのが見どころです。

ブラック社会で生きる人の体の中も、細胞たちにとってはブラックな職場になる……というシニカルな異色作として、本家シリーズと併せて楽しめます。

『はたらく細胞』の主なキャラクター

赤血球

『はたらく細胞』の主人公の一人となっているのが、赤血球の女の子。

赤血球としてはたらき始めた新人で、まだ体内の構造をいまいち把握できていなかったり、非常事態にどう行動すればいいか分からず戸惑うことがあったりする彼女が、しだいに成長していくのがストーリーの軸となっています。

ちなみに、赤血球は酸素や二酸化炭素を血管の中で運ぶ役割を担っていて、生命を維持するのに欠かせない細胞と言えるでしょう。

白血球

赤血球と並ぶ『はたらく細胞』のもう一人の主人公が、白血球(好中球)です。

クールでかっこいい青年キャラで、体に異変が起きて赤血球がピンチに陥ったときはさっそうと現れて助けてくれます。

クールなので一見するとちょっと冷たい雰囲気もありますが、いざというときは熱さを見せてくれるギャップも魅力です。

白血球は体に入り込んだ細菌やウイルスなどを攻撃する役目があり、ヒーロー役にはぴったりですね。

血小板

『はたらく細胞』のマスコットキャラクター的なポジションにいるのが、血小板

「血小板ちゃん」の愛称で親しまれているキャラクターで、小さな子どもの姿をして、いつも集団で行動しています。

思わず抱きしめたくなる癒しキャラの血小板たちですが、体がケガを負ったときには圧倒的なチームワークであっという間に傷口を塞いでしまったりと、しっかりと活躍を見せてくれるのもポイント。

その描写の通り、血管の損傷を塞ぐ役割を持っている細胞です。

キラーT細胞

警官のような格好とワイルドなキャラクターが特徴のキラーT細胞

ウイルスなど体の害となるものに攻撃することが役目の細胞で、クールな白血球よりもさらに攻撃的で気性が荒く、攻撃力も高くなっています。

ガチガチの武闘派細胞として、アニメの中で野存在感も抜群です。

マクロファージ

エプロンドレスに身を包んで、おしとやかな雰囲気を放っているマクロファージたち。

言葉遣いも表情もおしとやかで、優しいメイドさんのような風貌ですが、実は白血球の一種です。

そのため、ウイルスなどを見つけたら凶悪な武器で容赦なくぶった切り、返り血を浴びながらも笑顔を保っていたりと、見た目と能力のギャップが激しいキャラクターとなっています。

細胞や細菌の死体を片づける「掃除屋」としての一面があるので、掃除も手がけるメイドの格好をしているのでしょうか。

 

ヘルパーT細胞

制服をかっちりと着こなし、メガネをかけた知的な風貌で、司令官のような役割をこなしているヘルパーT細胞

この見た目通り、「外敵の察知、その正体の分析、対応方法の決定」を司る細胞となっています。

指令室のようなところで指示を出す姿は、SFロボットアニメの指揮官ポジションを彷彿とさせますね。

 

『はたらく細胞』がネットで面白いと評判に!

2018年のアニメ1期で大きな話題を集め、その勢いのまま2021年には2期目となる「はたらく細胞!!」や、スピンオフ作『はたらく細胞BLACK』のアニメも放送されている本作。

そのネット上の評判はどのようになっているのでしょうか?

 

「面白い!」という声が多数

 

2期やスピンオフまで続くということもあって、大半は「面白い!」という感想が出ています。

特に、ユニークなテーマや独特の世界観のインパクトでまずハマった視聴者が多いようです。

また、「子どもの教育に良さそう」という声も。

あまり詳しく知られていない細胞のはたらきについては大人でも知的好奇心をくすぐられた人が多かったようで、

子どもたちに体の仕組みを学んでもらう学習アニメとして最適、という意見が集まっています。

細胞のはたらきに体が支えられていることを知って、「病気やケガをしないように気をつけよう……」とあらためて思った人もいたようでした。

独特のテーマは好みが分かれる?

作品としてのユニークさや着眼点の面白さを評価する声が多い一方で、

「自分には合わなかった」「アニメとしての内容はちょっと……」という声も。

ストーリーがどうしても「ケガや病気などトラブルの発生→細胞たちが対応」のくり返しになるので、それが冗長だと感じてしまった人もいるようです。

また、毎回1テーマで30分では間延びしてテンポが悪くなることもあるので、15分アニメならよかったかも……という声もありました。

ただ、好みが合わなかった人の多くも「勉強にはなる」「学習教材としてもいい作品」と評価しています。

 

りく
見る人によって好みは別れるものの、良作であることは間違いないみたいですね

 

『はたらく細胞』の原作は完結済み!最終回は新型コロナがテーマ?

2021年2月には、原作漫画が6年の連載の末に完結した『はたらく細胞』。

ラスト2話のテーマは「新型コロナウイルス」と、現代の情勢をダイレクトに表現したものになりました。

「健康」という現実と切り離せないテーマを描いた作品だからこそ、今の社会や健康問題のリアルを描いて終わっているのは印象的ですね。

りく
ストーリーもこれまで登場した免疫細胞たちが集結したりと、最終回らしいものになっていますよ

 

アニメ『はたらく細胞』の評判や見どころまとめ

原作漫画は完結したものの、スピンオフシリーズやアニメなど、まだまだ盛り上がりを見せている『はたらく細胞』。

笑えて、さらに勉強になる唯一無二のアニメとして、見てみてはいかがでしょうか。

自分の体の中でもくり広げられている細胞たちの「はたらき」に注目しましょう。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan