アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『呪術廻戦』『進撃の巨人』制作のMAPPA(マッパ)はどんな会社?他にもたくさんあった有名作品!

アニメ『呪術廻戦』のOPやEDを見ていて目にはいるMAPPA(マッパ)という文字。

このアニメを制作している会社です。

そしてもう一つ、

『進撃の巨人The Final Season』もMAPPA(マッパ)が制作しています。

 

2021年冬クールで2つも制作しているMAPPAですが、

今回はMAPPA(マッパ)という会社がどんな会社なのか?

どのような作品を手掛けているのか?

ご紹介したいと思います。

 

MAPPA(マッパ)の会社概要

会社設立 2011年6月14日

本社所在地 東京都杉並区天沼2-3-9朝日生命杉並ビル9F

主な業務内容 アニメーション企画・制作

従業員 200名

(会社ホームページより引用)

 

MAPPA(マッパ)が初めて制作した作品は?

テレビアニメ2012年『坂道のアポロン』(手塚プロダクション共同制作)です。

この作品で音楽を担当したのは菅野よう子さん。

演奏シーンの評価は高く、アニメファンのみならずジャズファンからも評価を得たといいます。

その後、『神撃のバハムート GENESIS』『残響のテロル』『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』などが制作されていきました。

 

MAPPA(マッパ)制作の代表作といえば・・・

2016年『この世界の片隅に』が有名です。

第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に選ばれるなど、国内外で多数の映画賞を受賞しています。

この作品はMAPPA(マッパ)がテレビシリーズ以外で制作した初めての長編アニメーション映画でした。

 

その後もテレビアニメでは、

『BANANA FISH』

『ゾンビランドサガ』

『どろろ』

などのヒット作品を手掛け、2020年には年間で8作品もの制作を行うなどして現在の地位を確立しました。

 

MAPPA(マッパ)制作の今後の作品は?

現在放送中の『呪術廻戦』『進撃の巨人The Final Season』に続き、

4月『ゾンビランドサガ リベンジ』

7月『平穏世代の韋駄天達』

放送時期未定『チェンソーマン』が控えています。

特に『チェンソーマン』は『呪術廻戦』と同じ週刊少年ジャンプ原作なので、期待が集まっている作品となっているそうです。

 

MAPPA(マッパ)のネットでの評判は?

とにかくMAPPA(マッパ)の表現力がすごくうまい!という声が多かったです。

人気漫画が原作ということで期待を裏切られないかと不安があるアニメ化ですが、MAPPA(マッパ)は期待以上の作品を作ってくれているんですね。

 

アニメ『呪術廻戦』『進撃の巨人』製作のMAPPA(マッパ)はどんな会社?まとめ

今回はアニメ制作会社のMAPPA(マッパ)について紹介しました。

クオリティの高い作品を提供してくれるのは、見る側にとってはとてもうれしいことです。

『呪術廻戦』『進撃の巨人』をMAPPA(マッパ)が手掛けていなければ、果たしてここまでの人気作品となっていたのでしょうか。

今見ている作品をどんな会社が作っているのかわかると、他作品も見てみたくなります。

ぜひ、自粛期間を利用して他作品にもふれてみてはいかがでしょうか。

 

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan