アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

「エリン・ブロコビッチ」ネタバレ・解説【困難には自己流で挑む!ヒロインの強さに共感の嵐】


1993年カリフォルニア州で大企業相手に最高額の和解金を勝ち取ったエリン・ブロコビッチ。
法律の知識ゼロ、破産寸前、3人の子持ち、シングル・マザーと何の後ろ盾もない彼女は、ただ人を助けたい一心でひたむきに頑張り大きな成功をおさめました。
本作でご紹介する映画「エリン・ブロコビッチ」では、そんな彼女の半生をジュリア・ロバーツ主演で描いています。
「やりたい事が見つからない」「モチベーションが上がらない」という人にはグッとくる内容になっているので、ぜひ時間を見つけて鑑賞してみてはいかがでしょうか。

「エリン・ブロコビッチ」の作品情報

タイトル エリン・ブロコビッチ
原題 Erin Brockovich
監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 スザンナ・グラント
主要キャスト ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート、マーグ・ヘルゲンバーカー
公開日 2000年5月

「エリン・ブロコビッチ」の監督を務めたスティーブン・ソダーバーグは、初長編監督作「セックスと嘘とビデオテープ」をはじめ数々の賞を獲得している実力派の映画監督です。
本作「エリン・ブロコビッチ」でもアカデミー賞・監督賞にノミネートされています。

「エリン・ブロコビッチ」の出演キャスト

エリン・ブロコビッチ:ジュリア・ロバーツ

本作で主人公エリン役を務めたのは、1990年公開の「プリティ・ウーマン」で注目を集めたジュリア・ロバーツです。
「プリティ・ウーマン」はコールガールの主人公がシンデレラストーリーを歩む物語ですが、飾らない彼女の演技が共感を呼び人気女優の仲間入りを果たしました。
本作でもジュリアのナチュラルな演技は絶賛され、アカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞など数々の賞を獲得しています。

エドワード・L・マスリー:アルバート・フィニー

エリンと2人で大企業に挑んだ弁護士エドワード役を演じたのは、イギリス出身のベテラン俳優アルバート・フィニーです。
2004年に公開された「オーシャンズ12」にも出演し、ジュリア・ロバーツと再共演を果たしています。

ジョージ:アーロン・エッカート

本作でエリンを支える心優しいジョージ役を演じたのは、今では人気俳優の仲間入りを果たしているアーロン・エッカートです。
2011年に公開された「世界侵略: ロサンゼルス決戦」では敵の圧倒的戦力の前に心折れる海兵隊を鼓舞しつつ勝利に導いた主人公マイケル・ナンツ曹長を演じて注目を集めました。
他にも2016年公開の「エンド・オブ・キングダム」アッシャー大統領役でも有名です。

ドナ・ジェンセン:マーグ・ヘルゲンバーカー

原告側の中心人物として登場したドナを演じたのは、テレビドラマで人気のマーグ・ヘルゲンバーガーです。
2000年から10年に渡り高視聴率を獲得し続けた「CSI:科学捜査班」のキャサリン役で大ブレイクしました。

映画「エリン・ブロコビッチ」あらすじ


離婚して3人の子供を1人で育てるエリン・ブロコビッチは、仕事もなく貯金が尽きかけて焦っていました。
そんな時、職探しに出た先で、相手の信号無視による交通事故に巻き込まれてしまいます。
エリンは弁護士を雇い裁判を起こしますが、こちらに過失のない事故にもかかわらず判決は敗訴でした。
エリンの弁護士エドワードは加害者が医師であるのに対し、エリンには社会的な信用がなく、言葉遣いも悪かったため当たり屋という印象を与えてしまったと話します。
納得いかないエリンは敗訴したのは弁護士のせいと文句をつけ、エドワードの事務所に乗り込んでいきました。
そして、無理やりエドワードの事務所で自分を雇わせることに成功します。
エドワードは法律の知識もない人間にできる仕事はないため、すぐにクビになるか、辞めるだろうと考えていましたが、後かないエリンは熱心に仕事に取り組みました。
そして、弁護依頼から大手企業による水質汚染の影響で、住民が体調不良に陥っているという書類を見つけます。
依頼内容が気になったエリンは現地まで行くと水質汚染が本当にあるのか調査を開始しますが…。

愛され続ける映画「エリン・ブロコビッチ」の魅力


「エリン・ブロコビッチ」は公開されて時間がたっているにも関わらず、根強い人気を獲得している映画です。
ここでは映画「エリン・ブロコビッチ」が長く愛され続ける理由と、その魅力について詳しく解説しています。
本作の主題歌になったシェリル・クロウの曲も大ヒットしているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

自分流を貫くかっこいいエリンは女性たちのヒーロー!

学歴も法律知識もないにも関わらず、強引に弁護士事務所で働きはじめるエリンのパワフルさに圧倒された人も多いことでしょう。
これぞアメリカ女性という感じもしますが、彼女の力の源は1人で育てなければならない3人の子供たちです。
3人の子供を抱えたシングル・マザーで貯金も尽きかけているギリギリの状態でも、エリンは心折れることなくチャンスを探して果敢に飛び込んでいきます。
胸の谷間を強調する洋服にハイヒール、思ったことをハッキリ言う性格に最初は周囲の人間が反発しますが、それでもエリンは自分を変えようとはしません。
何か言われても「これが私!」とハッキリ言い返す強さがあるので、堂々としていてカッコいいと感じるでしょう。
そして、人を助けたいという情熱だけで大企業相手の訴訟にしり込みする住民をまとめあげていきます。
そんなエリンの仕事への姿勢は最初の頃に反発していた法律事務所の同僚や反抗期の息子の態度を変えさせました。
本作が公開から20年たった今でも愛され続けるのは、エリンの強さや情熱に共感する人が多いからでしょう。
年齢も学歴も関係ない、真剣に生きることの大切さを、本作で描かれるエリンの姿勢を通して学ぶことができます。

エリン・ブロコビッチの映画で描かれたその後は?

本作はノンフィクション作品なので、もちろん主人公として描かれたエリン・ブロコビッチは実在する人物です。
日本ではあまり知られていませんが、実は映画の中のシーンにエリン本人がカメオ出演しています。
物語の前半でエリンを演じるジュリア・ロバーツが子供たちを連れてレストランで食事をしますが、その時親子に対応するウェイトレスがエリン本人です。
少しだけセリフもあり、スティーブン・ソダーバーグ監督の粋な演出が楽しめます。
また、映画で描かれた後のエリンは自叙伝の中で、3度目の結婚と離婚、和解金のお金をめぐるトラブルなど様々な苦難があったと語っているようです。
しかし、現在もエリンは環境汚染やそれにより苦しめられる弱者の救済に活躍しています。
エリン本人が映画で描かれたような性格の人なら、これからも多少のトラブルに巻き込まれる可能性はありますが、それでもパワフルに困難に立ち向かっていき、いつまでも現代社会のヒーロー的存在となってくれることでしょう。

U-NEXTならノンフィクション作品が見放題で楽しめる

「エリン・ブロコビッチ」は公開されてから20年も経ちますが、今でも根強い人気のある作品です。
ガッツだけで耐え抜いたエリンの活躍は、頑張りたいのにやる気がでないという時に見ると元気をくれるでしょう。
U-NEXTではノンフィクションの映画も多く扱っているので、「エリン・ブロコビッチ」以外の映画も見放題で鑑賞ができます。
31日間無料で視聴できるサービスもあるので、はじめて利用する方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan