アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)の魅力を紹介!強さや名言、死亡するかどうかも解説!【ネタバレあり】

「週刊少年ジャンプ」の漫画を原作に、大きな話題を呼んでいるアニメ『呪術廻戦』

その登場人物の中でも特に人気が高い呪術師・七海建人(ナナミン)についてご紹介します。

そのプロフィールや能力、印象的なセリフ、さらには生死がどうなるかなどをまとめたので、注目です!(ネタバレ注意!)

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)のプロフィール・呪術師になったきっかけ

呪術高専の卒業生

27歳で1級呪術師であり、184cmという高身長を持つ「ナナミン」こと七海建人。

彼も五条悟や夏油傑と同じく呪術高専の卒業生であり、学年的には五条たちの1年下になります。

もともとは呪術師ではない一般家庭の出身で、母方の祖母がデンマーク人のクォーター。

表情に変化が少なく、スーツを着こなして髪型もきっちりとまとめていることから、クールな印象を感じさせる人物です。

丁寧な口調や振る舞いも、そんな雰囲気をより際立たせています。

 

サラリーマンから呪術師へ出戻り

ナナミンは呪術高専を卒業したものの、一度は証券会社に就職してサラリーマンとして働いています

その理由は「呪術師がクソだと思ったから」

就職後はお金のために悪質な証券会社でも無心で働いていましたが、ある日、立ち寄ったパン屋で店員の女性に憑いていた呪霊を祓ったところ、「ありがとー!」と感謝されます

そのことがきっかけになり、再び呪術師として生きることを選びました。

そんな異色の経歴を持つことから、五条からは「脱サラ呪術師」と呼ばれています。

 

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)の術式の能力や強さは?

術式は「十劃呪法(とかくじゅほう)」

七海建人(ナナミン)の術式は、「十劃呪法(とかくじゅほう)」です。

これは敵の体、もしくは体の一部を「7:3」に分割してその境目の点を弱点にしてしまい、そこを狙うことで相手に致命的なダメージを与えるというもの。

強制的に相手に弱点を植え付けるという、上手く使えばとても強力な力で、自身より格上の相手にもまともに対抗できる可能性を秘めています。

りく
体の分割の仕方が「7:3」というのも、元サラリーマンで髪型が七三分けのナナミンらしい特徴ですね

 

拡張術式は「瓦落瓦落(がらがら)」

七海建人(ナナミン)は領域展開は持ちませんが、拡張術式として「瓦落瓦落(がらがら)」が使えます。

これは十劃呪法で破壊したものに呪力を込めて操り、敵を攻撃するというもので、

例えば瓦礫などを砕いて操り、大量に敵に降り注がせるような物量攻撃が可能になります。

正確無比な攻撃を加える十劃呪法とは正反対の攻撃スタイルで、有効そうですよね。

りく
実際に、真人と戦ったときにはその圧倒的な物量で相手に隙を作らせていました

 

「時間外労働」や「黒閃」も

術式以外にも、七海建人(ナナミン)にはいくつか強力な能力があります。

そのひとつが「時間外労働」

呪術師は自らに「縛り」を課すことで呪力を高めることができますが、

七海の「縛り」は、1日8時間を超えて呪術師として稼働すると、時間外には呪力が増すというものです。

元サラリーマンのナナミンには、キャラクター的にもぴったりの「縛り」ではないでしょうか。

 

また、「黒閃」を使いこなせるのもナナミンの強みです。

0.0000001秒以下の誤差で打撃とともに呪力をぶつけると、攻撃の威力が2.5乗になるという「黒閃」。

ナナミンはこれを使いこなせる数少ない呪術師の一人で、さらに4回連続で発動させるという、最多連続記録を持っています。

この「黒閃」と十劃呪法を組み合わせたら、凄まじい威力が発揮されるのでしょうね

 

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)の名言・印象的なセリフ

同じクソなら より適性のある方を 出戻った理由なんて そんなもんです

ナナミンがサラリーマンから呪術師に戻る理由として語ったのがこのセリフ。

呪術高専時代に同級生を亡くし、他人のために犠牲になる呪術師は「クソ」だと思って一般社会へと戻ったナナミンは、

お金のためにクズ株を客に売りつける証券会社で働きながら「労働はクソだ」とも考えるようになります。

サラリーマンとして疲弊していたある日、前述のパン屋の女性店員との出会いがあり、

「どちらもクソなら自分に適性のある方を選ぼう」と彼は呪術師に戻ったのでした。

 

そういう小さな絶望の積み重ねが 人を大人にするのです

ナナミンから子ども扱いされた虎杖が落ち込んだ際に、彼にナナミンが語ったセリフです。

大人と子どもでは何が違うのか、それは「積み重ねた絶望の数」だとナナミンは言います。

枕もとの抜け毛が増えていたとか、お気に入りのパンが店からなくなっていたとか。

そうした小さな絶望を経て自分は大人になり、虎杖はまだ子どもであると語りました。

りく
呪術師としてもサラリーマンとしても、酸いも甘いも経験したナナミンだからこその説得力がありますね

 

事実に即し 己を律する それが私です

虎杖への指導の際に、「褒めて伸ばしてほしい」と言った彼へナナミンが放った一言です。

お世辞も冗談も言わず、ただ淡々と事実に向き合うナナミン。

このセリフは、彼のクールな生き様を表す名言と言えるのではないでしょうか。

一見冷たくも聞こえるセリフですが、この言葉の裏では人間らしい情や熱さも秘めていて、それを最大限に発揮するためにも冷静であり続けるのがナナミンです。

実際に、ちょっと冷たく見える行動をとりながらも、その裏では人質を救出するために冷静に現場を見つめていた……という場面もありました。

りく
人間らしさとクールさを見事に両立しているからこそ、彼はこんなにもかっこいいのではないでしょうか
合わせて読みたい
『呪術廻戦』術式とは?領域展開とは?呪術師たちの能力を解説!

『呪術廻戦』の中で呪術師や呪霊たちが使う様々な「術式」と、ここぞという場面で発揮される「領域展開」。 ストーリー中で何度も出てくるこれらの言葉ですが、あらためてどのようなものなのか、呪術師や呪霊たちの ...

 

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)は死亡する?生き残る?

アニメでは13話の真人戦で絶体絶命に陥るも、虎杖との共闘で乗り越えて見せた七海建人(ナナミン)。

では、彼の今後の生死はどうなるのでしょうか?

 

結論から言うと、ナナミンは死亡します

渋谷事変で野薔薇に助力して重面春太を斃したナナミンは、その後、五条を救うために行動していたところで陀艮との戦闘に突入。

辛くも勝利しますが、そこへ特級呪霊の漏瑚が登場して炎の攻撃の直撃を受けてしまいます。

その後、酷く体を焼かれながらも生存していたナナミンでしたが、真人の改造人間たちとの絶望的な戦闘に突入し、最後には真人自身の手によって倒れてしまいます

死に際、自身を助けようとした虎杖に「後は頼みます」という言葉を遺して最期を迎えたナナミン。

その言葉には、どのような想いが込められていたのでしょうか。

 

『呪術廻戦』七海建人(ナナミン)の紹介まとめ

確かな実力とクールなキャラクター、その裏に秘めた熱い人間性で、『呪術廻戦』の登場人物でも一際大きな人気を集めている七海建人(ナナミン)

彼の過去や人柄、名言に触れるほど、その魅力にさらにハマってしまいますね。

アニメではまだまだ活躍のシーンも期待される七海建人(ナナミン)に、今後も要注目です。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan