アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』62話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意) ライナーの過去が明らかに!

人類と巨人の戦いを描いた人気作品で、兵器の開発で巨人の存在意義が失われつつあるという展開を迎えた『進撃の巨人』。

こちらの最終章に当たる『進撃の巨人 The Final Season』が2020年12月から放送を開始しています。

本記事では、『進撃の巨人』の62話(4期3話)のあらすじや感想についてまとめていきます。

 

『進撃の巨人』61話(4期2話)の振り返り

対巨人砲があったように、段々と兵器の力が注目され始めていた。

マーレ軍カラヴィ元帥はそんな現状から、巨人の時代の終わりを囁き始めていた。

そこで、ジークは軍強化を訴えると同時に、その期間を稼ぐために「始祖の巨人」の奪還を急ぐべきと提案した。

 

故郷へ帰る列車の中、ライナーはファルコに鎧の巨人の継承権を与えるのはガビになりそうだと話した。

その話を聞いて、ファルコは鎧の巨人の継承権を受け取るのは自分だと言う

本心ではガビに鎧の巨人の継承権を背負わせたくないと感じているライナーは、お前がガビを救い出せと言った。

列車が到着し、家に帰ったライナーは部隊にいた頃はまるで地獄の日々だったと話した。

ジークはコルトたちを招集し、タイバー家がこの危機的状況の宣言をしてくれることで話がついていると告げた。

関連記事
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』61話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)巨人の存在意義が失われる?

人類と巨人の戦いを描いた人気作品で、人間同士の対立構造も表面化し始めている『進撃の巨人』。 こちらの最終章に当たる『進撃の巨人 The Final Season』が2020年12月から放送を開始してい ...

 

『進撃の巨人』62話(4期3話)のあらすじ(ネタバレ注意)

劣等生だったライナー


ライナーはかつてマーレ人になるためにと戦士を目指していた。

ある時、パラディ島を攻め込む話があがり、部隊では7人いる中の6人が巨人の継承者となると言われていた。

しかし、ライナーはその中でも一番秀でたものがないと言われていた。

 

それぞれの適正に合わせて、6人が巨人の継承者として選ばれた。

その中で選ばれなかったのは、ライナーではなくポッコだった。

彼が問い詰めると、ライナーは

「ドベはお前だった。それだけだろ?ポッコ」

と言った。

 

ライナーが鎧の巨人の継承者となった真相

巨人の継承者となり、名誉マーレ人となったライナーは父親らしき人物を見かけた。

名誉マーレ人になったことを報告すると、エルディアの悪魔の親子だと言われてしまった。

ライナーはそんな父より島の悪魔を裁いて英雄になるんだと自分に言い聞かせた。

 

島へ向かう途中、ライナーたちは不安に駆られていた。

その時、マルセルはライナーを持ち上げたり、弟を貶めたりして軍のライナーへの印象操作を行っていたことを告白し、弟を軍に入れないようにして弟を守ろうとした。

そんなマルセルは突如巨人に食われて、ライナーたちは必死に逃げることしかできなかった。

 

アニはマルセルの指揮なしでは任務は果たせないと顎を探して帰ろうと提案した。

ライナーが逃げた責任を問われるのは自分だけでは済まないだろうと反論したが、アニは怒りを露わにして、マルセルを救い出せなかったライナーにすべて自分の責任だと言えと言って彼をボコボコにした。

すると、ライナーはアニの首を絞めて俺がマルセルになるからとそう呟いた。

そして、彼らはエレンたちと対峙するのだった。

その後、島に潜入して訓練兵団に入団したのだった。

 

ライナーの気持ちの矛盾

ある日、アニは集めた情報を持ってマーレに帰ろうと言い出した。

しかし、ライナーはこの5年の成果を持ち帰って話したら失望されるだろうと言った。

そこで、ライナーはウォール・ローゼを破壊することを提案した。

 

ある日の訓練中、エレンは苦戦していた。

そんな様子を見たライナーは過去の自分を思い出し、やるべきことをやるしかないとアドバイスした。

時は現在に戻り、悪魔と言える島の人間への自分のそんな態度を受け止め切れず、気持ちは混乱して限界を迎えつつあった。

 

謎の男

ファルコは病院の傍を通ると、とある男に声をかけられる。

ファルコはその男にガビを戦士にさせたくないという悩みを話す。

そんな話を聞いた男は、心を蝕まれてしまう結末を知っていれば誰も戦争に行かなかっただろうと話した。

また、そんな人たちは誰かに背中を押されて半ば強制される形で出向いた人ばかりだと話した。

 

ただ、ファルコの場合は自分から踏み入れた地獄で、それならば進んでみなければその先に天国と地獄どちらが待っているかはわからないと強い眼差しで言った。

あわせて読みたい
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』声優が下手という評判!一番下手なのは誰?新キャストも加わりどうなった?

『進撃の巨人 The Final Season』の放送がはじまりました。 これまでのシリーズと雰囲気がガラッと変わって注目の集まっている作品『進撃の巨人 The Final Season』。 Seas ...

 

『進撃の巨人』62話(4期3話)の視聴者感想

 

ライナーの過去が明らかとなって、そんな彼の気持ちに寄り添った声に注目が集まりました。

また、最後に登場した謎の男に対して言及する意見も多かったです。

どことなく声がエレンのように聞こえましたが、これは一体…。

 

『進撃の巨人』62話(4期3話)の筆者感想

ライナーの過去をベースに本作品の1話と照らし合わせたシーンの多かった回となりました。

巨人を単なる敵として扱うだけでなく、あの1話のシーンで巨人たちがこんな思いを持って襲撃をしていたというのが明確になって、面白みを感じました。

また、マーレ人側と島の人間のどちらの苦悩も知るライナーがかなり苦しそうにしていて心苦しく感じてしまいました。

 

まとめ

ライナーの過去を描いた『進撃の巨人』の62話(4期3話)。

 

マーレ人側と島の人間側の気持ちを知るライナーの苦悩が明らかとなる回でしたね。

また、そんな彼と同じように自分の意志で地獄に飛び込んだと思われる謎の男の言葉も気になりました。

 

そんな彼らの思いと照らし合わせて、ガビは鎧の巨人の継承者となるのか、パラディ島の制圧はどうなるのかに注目していきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan