アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』61話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)巨人の存在意義が失われる?

人類と巨人の戦いを描いた人気作品で、人間同士の対立構造も表面化し始めている『進撃の巨人』。

こちらの最終章に当たる『進撃の巨人 The Final Season』が2020年12月から放送を開始しています。

本記事では、『進撃の巨人』の61話(4期2話)のあらすじや感想についてまとめていきます。

 

 

『進撃の巨人』60話(4期1話)の振り返り

ファルコという兵士は戦場で血を流して倒れていたが、仲間に救われた。

そんな彼らは4年以上続く戦場で戦う兵士で、スラバ要塞の陥落を目指していた。

 

「顎」と「車力」の巨人を打ち出そうとしていた時、相手が新兵器「対巨人砲」を用意しているのが確認された。

そんな状況から下手に巨人を召喚するわけにもいかなかったが、ガビの戦略で敵の隙を突いて対巨人砲にダメージを与えた。

そして、「顎」と「車力」の巨人を解き放った。

 

装甲列車が堕ちて、畳みかけるように降下作戦を決行し、スラバ要塞上空から無数の巨人が解き放たれた。

加えて、ライナーが鎧の巨人となって降下した。

鎧の巨人はうまく立ち回って次々と残されていた装甲列車を破壊していった。

さらに「獣」の巨人が襲来し、敵の連合軍に攻撃を仕掛けた。

巨人とガビの作戦をうまく活用したマーレ軍は見事スラバ要塞を陥落させることに成功した。

関連記事
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』60話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)海を越えた先で行われていたのは…。

人類と巨人の戦いを描いた人気作品で、人間同士の対立構造も表面化し始めている『進撃の巨人』。 こちらの最終章に当たる『進撃の巨人 The Final Season』が2020年12月から放送を開始してい ...

あわせて読みたい
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』を見る前に復習した方がいい? 過去シリーズのあらすじまとめ! 敵は巨人ではなく人間だった?

紅白歌合戦でOPが歌われたほどの人気を誇る作品『進撃の巨人』。 その最終シリーズのアニメが12月7日からNHK総合などで放送が開始されました。 今回で第4シリーズを迎える『進撃の巨人 The Fina ...

 

『進撃の巨人』61話(4期2話)のあらすじ(ネタバレ注意)

始祖奪還作戦

対巨人砲があったように、段々と兵器の力が注目され始めていた

兵器が今後発展すれば、航空機が完成してしまう。

そうなれば巨人はただ空を見上げることしかできなくなる。

マーレ軍カラヴィ元帥はそんな現状から、巨人の時代の終わりを囁き始める

 

すると、ジークは軍強化を訴えると同時に、その期間を稼ぐために「始祖の巨人」の奪還を急ぐべきと提案する。

そして、残された任期1年の中で、ジークはパラディ島を堕とすと宣言した。

 

コルトはジークの「獣」の能力が歴代のものとまるで違う、それはまるで噂の「始祖の巨人」であり、なぜ王家の血を引いてないはずのジークが特別なのかと疑問を抱く。

ジークは自分にもわからないと言った。

そこに上官が現れ、パラディ島に向かった船はこれまで全て沈んでしまっている現状をジークに尋ねる。

ジークは3年間で32隻も沈められたのは巨人1体だけの仕業とは考えにくいため、エレンを含む巨人が2体以上立ちふさがったのではないかと分析した。

 

鎧の巨人の継承権

ライナーは目を覚ますと、そこにはガリアードがいて前身のユミルのことが少しわかったと言った。

そこにピークが現れて、ライナーにガビたちが心配していたから顔を出してやれと言うと、ライナーは退席した。

 

ゴルトは列車の中で酒に酔った勢いで、ガビが果敢にも装甲列車に立ち向かった姿を褒め称えた。

そんな様子を見ながら、ライナーはファルコに実際に鎧の巨人の継承権を与えるのはガビになりそうだと話す。

その話を聞いて、ファルコは鎧の巨人の継承権を受け取るのは自分だと言う

ライナーはファルコの発言を聞いて、お前がガビを救い出せと言った。

 

故郷にたどり着くと、昨晩のガビの様子とライナーの姿勢を鑑みて、エルディア人を戦争から解放したいならライナーを信用していいのか戸惑っていた。

家に帰ると、ガビは家族の前で自分のしたことを自慢げに話していた。

ライナーはそこでガビが鎧の巨人を継承するだろうと話す。

また、ライナーは悪魔の島と呼ばれていたところでの話をし、まるで地獄の日々だったと話した。

 

タイバー家によるパラディ島整圧宣言

ジークはコルトたちを招集し、エルディア人滅亡の危機だと状況を整理してタイバー家がこの危機的状況の宣言をしてくれることで話がついていると話した。

ピークはその話を聞いて、巨人を管理するタイバー家は諸外国に顔が聞き、巨人を一度も敵国に向けたことがないため選んだのだろうと推察した。

改めて、ジークは1年以内にタイバー家がパラディ島を制圧する宣言を出すと話した。

 

その後1人になったライナーは、

「俺はまたあの島に行くのか」

と呟いた。

あわせて読みたい
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』OPを考察!エレンやミカサが消えた! もはや別作品?

紅白歌合戦でOPが歌われたほどの人気を誇る作品『進撃の巨人』。 その最終シーズンのアニメが12月7日からNHK総合などで放送が開始されました。 そこでの新OP「僕の戦争/神聖かまってちゃん」を見た視聴 ...

 

『進撃の巨人』61話(4期2話)の視聴者感想

 

ジークとライナーの動きや発言に注目する視聴者が多かったようです。

また、ライナーが潜伏していた時のことを話していると、それを地獄のような日々だったと話しましたが、ただ面白い人たちっていうだけなのではというようなコメントが多かったです。

前回と比べても、今回はキャラクター大きく動いていて、かなり躍動感を感じたというコメントも見られました。

 

『進撃の巨人』61話(4期2話)の筆者感想

とにかくキャラクターの躍動感がすごかったです。

さすが「MAPPA」だなという印象を受けました。

 

また、エルディア人の復讐心がかなり根強くて、ライナーが潜伏していた時のことを私自身も地獄のような話というより思い出話にしか聞こえませんでした。

こんなありふれた光景を話されても、種族の違いというだけで毛嫌いされてしまうため、差別と言うのはそれだけ根深いものなのだと感じました。

 

まとめ

兵器が開発されて巨人の存在意義が失われつつあるという展開を迎えた『進撃の巨人』の61話(4期2話)

 

今回は大きな戦闘はありませんでしたが、エルディア人の抱える復讐心と鎧の巨人の継承権に対する苦悩が垣間見えましたね。

パラディ島制圧にも動きが見られ、これから怒涛の展開を迎える予感がします。

 

鎧の巨人の継承権はどうなるのか、それ以前に巨人の立場はどうなるのかに注目しながら『進撃の巨人』の最終シリーズを楽しんでいきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan