アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』が面白くないって本当?!つまらないと言われるのはなぜ?

ジブリ映画、通算17本目に当たるのが『借りぐらしのアリエッティ』(2010年公開)です。

2001年に公開された『千と千尋の神隠し』は爆発的な人気を博しましたが、その後に公開された『ゲド戦記』や『猫の恩返し』、『崖の上のポニョ』あたりからは『千と千尋の神隠し』との対比で「つまらない」などネガティブな意見も目立ってくるようになりました。

『借りぐらしのアリエッティ』に対しても「つならない」という意見が多く、この映画に関しては「イマイチ消化不良である」、「ちょっとよく分からなかった」という意見も同時に散見されました。

そこで今回は、『借りぐらしのアリエッティ』を観て「つならない」と感じた人は、どんな点をつまらないと感じたのか、どんなところに不可解さを感じたのかということをまとめ、本当に「ただつまらない映画」なのかどうかを検証していきます。

 

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』を評価する前に

 


まず、『借りぐらしのアリエッティ』がイギリスの作家メアリー・ノートン原作「小人の冒険シリーズ―床下の小人たち―」を元にしていることを再度確認しておきましょう。

メアリー・ノートンの「小人の冒険シリーズ」は全4部で構成されており、その第一部にあたるのが「床下の小人たち」です。

第一部では、人間のものを借りてひっそりと床下で暮らしている小人たちの生活に焦点を当て、人間に住処がバレてしまい、新たな家を見つけなくてはならないというところまでを描いています。

『借りぐらしのアリエッティ』はこの第一部のみをベースとしているので、引っ越ししなくてはいけない、旅に出ていかねばならないというところまでが描かれているということをまず理解しておくべきでしょう。

 

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』の評価は?!観た人の感想

「つまらない」派

 


『借りぐらしのアリエッティ』を観てつまらなかった、意味が分からなかったという人たちの感想をまとめてみました。

 

・少年のリアクションが薄過ぎて、感情移入して観られなかった。

・小人の生活がメインのはずなのに、あっさりとしか映らず、消化不良。

・話の種明かしが序盤にあり過ぎて、中盤以降観る必要もなかった。

・「床下の小人たち」の感じが全然表現されていなかった。

・わざわざ舞台を日本に移したわりに、和と洋の対比もなかった。

・細部が乱雑で、作りこまれていない印象を受けた。

・借りというよりも盗みに近くて、観ていて気分良くなかった。

・「え、これで終わり?!」ってびっくりするぐらい中途半端に終わった。

 

まとめると、『千と千尋』のように細部にまでこだわった完成度の高い作品として受け入れられなかった人が多かったということが分かります。

また、最後の終わり方に納得がいかなかった人も多いようですが、これは「床下の小人たち」がベースになっていることを思えば、旅に出て行くというシーンで終わることは何ら不思議なことではないのです。

しかし、あえて「床下の小人たち」をジブリ映画として取り上げるのであれば、「小人の冒険シリーズ」そのものを取り上げ、起承転結が分かりやすい映画に仕立て上げた方が良かったのかもしれません。

 

 

「面白い」派

 


反対に『借りぐらしのアリエッティ』を観て面白かった、感動したという人たちの感想をまとめてみました。

 

・小人の世界と翔の世界との交わりがなんか素敵だった。

・良かれと思ったことが結局小人の生活そのものを破壊する行為だったというのが考えさせられた。

・絵が綺麗で、世界に引き込まれた。

・小人を通じて翔と曾祖父が繋がっていくというところに命の繋がりを感じた。

・アリエッティの世界に引き込まれ、その後アリエッティたちがどんな旅に出たのか、色々空想できて楽しかった。

・翔の気持ちに妙に親しみを感じたからか、翔目線で物語を楽しめた。

・二つの世界から発せられるメッセージに教訓が込められているような気がして、かなり深いメッセージを秘めている映画だと感じた。

・素直で行動力のあるアリエッティが好きになりました。

まとめると、『借りぐらしのアリエッティ』を面白いと感じた人たちは、ジブリ映画特有のメッセージをしっかり受け取った、自分なりに映画をしっかり解釈できたということなのでしょう。

ということは、最初観た時「つまらない」と感じた人たちも、その先入観を捨て、今一度この映画に真剣に向き合えば、『借りぐらしのアリエッティ』の真の面白さを発見できるのかもしれません。

 

おもしろい、つまらない 価値判断は色々

 


『借りぐらしのアリエッティ』に関して、「つまらない」派と「面白い」派の意見両方を観てきましたが、まだ『借りぐらしのアリエッティ』を観たことがないのであれば、他人の意見なんて横に置いておいて、まず映画を観てみるべきです。

特に、「気になっているけど、評価が低いからどうするかな」などと迷っているのであれば、なおさら観るべきです。

ジブリに関係なく、一つの映画、小説、アートに対して「いいね!」という意見があれば、「ちょっとどうかな」という両方の意見があって当然なのです。

皆が一つの作品に対して「いいね!」ということがあったとしたら、逆に「本当に100パーセント素晴らしいの?」と疑った方が良いぐらいです。

他人の価値判断はその人それぞれなので、「Aさんがそう言っていたからそうなのかな」などと自分の判断基準まで人に合わせるようなことはする必要がありません。

「世間ではあまり良い評価がないらしいけど、どうなんだろう」という軽い気持ちで、誰の意見に左右されるわけでもなく、純粋な気持ちでまず映画を観ることが大切です。

そして、自分なりの意見や感想を持った上で、皆はどういう感想を持ったのかなと調べてみるのは良いでしょう。

低評価だからとかあまり良い話を聞かないからという理由で、『借りぐらしのアリエッティ』を観るのを躊躇しているならば、この機会にぜひ鑑賞してみて下さい。

 

 

おわりに:ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』つまらないと言われるのはなぜ

 

『借りぐらしのアリエッティ』は『千と千尋の神隠し』のような華やかさがない分、「つならない」と感じてしまう人が多かったのかもしれません。

しかし、メアリー・ノートン原作の「床下の小人たち」がベースになっていることを知れば、映画の見方も変わるかもしれません。

「ジブリ映画だから!」と過度に期待するのではなく、一つの映画を純粋な心で楽しめば、床下の小人たちの世界にすんなり入っていけるかもしれませんよ。

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan