アニメ

『86 エイティシックス』10話のあらすじネタバレ感想!【シンたちの旅路とファイドの最期】

2021年4月から放送中のSFアニメ『86 エイティシックス』。 電撃小説大賞を受賞した安里アサトさんのライトノベルを原作に、殺伐とした世界観で無人機と少年たちの戦いを描くハードな作品です。 その第10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 「特別偵察任務」と呼ばれる決死行へと旅立ったシンたちスピアヘッド戦隊ですが、その旅はまだまだ終わりません。   『86 エイティシックス』9話のおさらい 特別偵察任務に発ち、その道中でシンの兄であるレイが取り込まれたレギオンと対峙するスピアヘッド戦隊の5 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレ【2人の最後の時間】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 物語もいよいよ終盤に近づき、沙優と吉田の周りの状況も変わってきました。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優の兄が吉田の家にやってきましたが、1週間考える時間をくれました ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレ【裏で糸を引く人物とは】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 物語もいよいよ終盤となり、ますます盛り上がりを見せていてファンもかなり多いでしょう。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り いつも通り家族や部下たちと変わらない毎日をおくるホワイトリー ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』10話のあらすじネタバレ感想!【由希と夾のぶつかり合い、そして夾が透への想いを自覚する……】

高屋奈月さん原作の世界的大ヒット恋愛漫画を原作に、2021年4月から放送中されている『フルーツバスケット The Final』。 アニメシリーズ最終作として、ストーリーのクライマックスに大きな注目が集まっています。 そんな『フルーツバスケット The Final』の10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。   『フルーツバスケット The Final』9話のおさらい 夾から突き放され、そこへやって来た慊人と遭遇する透。 慊人の孤独を感じ取った透は彼女を受け入れようとしますが、慊人は暴走を続 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレ【ドラケンの命の行方】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 武道は2人の喧嘩を止められましたが、パーと仲の良かったペーが何やら企んでいる様子。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返 ...

続きを読む

アニメ

『ヒプノシスマイク』9話のネタバレ!【ディビジョンバトルの決勝戦の結果は?】

無事にディビジョンバトルの決勝戦まで勝ち上がってきたBuster Bros!!!、MAD TRIGGER CREW、Fling Posse、麻天狼の4組は中央区に集まってきます。

いよいよ中央区でディビジョンバトルの最終回が始まるのです。

この4組の中から一体どのディビジョンが優勝するのでしょうか?

 

『ヒプノシスマイク』第8話の振り返り

ヨコハマの街で起きた強盗事件を解決し、無事にディビジョンバトルの決勝戦に出場しようと奮闘するMAD TRIGGER CREWの3人。

しかし、なかなか事件は解決できません。

このままでは予選に出場できないかもしれない、と、焦燥感にかられる銃兎でしたが、左馬刻の「3人でMAD TRIGGER CREWだ」と言う言葉に奮起します。

犯人は警察とつながっていたためなかなか手掛かりを見つけられなかったのですが、無事に犯人を捕まえることができました。

Fling Posseは帝統が1,000万円の借金のため、賭博場で拉致されてしまいました。

帝統を助けるために賭博場に駆け付けた乱数と幻太郎は、帝統を賭けて拉致した相手とギャンブル対決をすることになります。

相手のイカサマを見破り無事に帝統を助け出すことに成功したのでした。

関連記事
『ヒプノシスマイク 』第8話のネタバレをご紹介!銃兎と帝統の運命やいかに?

ディビジョンバトルを順調に勝ち進むBuster Bros!!!と麻天狼の一方で、MAD TRIGGER CREWとFling Posseは予選を勝ち上がるものの、なにやら不穏な空気が漂います。 MAD ...

 

『ヒプノシスマイク』第9話のあらすじ(ネタバレです!)


ディビジョンバトルの決勝戦に出場するため、中央区に来たBuster Bros!!!の3兄弟は、中央区の警備の厳しさに驚いています。

そこにFling Posseのリーダーの乱数が現れ、一郎に抱き着きました。

それを注意するのは麻天狼の寂雷です。

寂雷と一郎が話をしている横で、「寂雷のジジイ」と呟く乱数。

どうやら寂雷と乱数はあまり仲が良くないようです。

後から現れたMAD TRIGGER CREWの左馬刻は一郎を「偽善者」と罵りました。

一郎と左馬刻もなにか因縁がある感じです。

ディビジョンバトルが始まる前からバトルが始まりそうな雰囲気でしたが、勘解由小路無花果が現れたことや、銃兎の「自分たちは簡単にどうにでもされてしまう」という言葉で、何とかその場が収まるのでした。

一郎と左馬刻の因縁

ディビジョンバトルの決勝1回戦はBuster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWに、2回戦にFling Posseと麻天狼の組み合わせになりました。

二郎と三郎は兄の一郎となにか因縁のありそうなMAD TRIGGER CREWとの勝負を前に、左馬刻と何があったのかを問い詰めました。

一郎は昔二郎と三郎が中央区に捕まって危険にさらされたのは左馬刻のせいであることが許せないと言います。

同じころ、銃兎と理鶯は左馬刻と一郎の間に何があったのかを聞いていました。

左馬刻は妹の合歓が自分の前からいなくなったことに一郎が関わっていることが許せないそうです。

いよいよ始まるディビジョンバトル

中央区のトップである東方天乙統女の開会宣言により、いよいよディビジョンバトルが始まります。

ディビジョンバトルのルールは制限時間の30分以内にラップで相手のチーム全員を戦闘不能にするか、舞台の上により多くの人数が残っている方が勝利となることが発表されます。

先行はBuster Bros!!!に決まりました。

一番手に飛び出したのは二郎で対するのは銃兎です。

その後は三郎と理鶯が対決します。

大将戦は各チームのリーダーである一郎と左馬刻です。

なかなか決着はつかない中、中央区の無花果と乙統女はラップアビリティについて話しています。

一郎と左馬刻の対決が続く中、リーダー以外の2人は戦闘不能状態になってしまいました。

それを見て激情した一郎は、左馬刻にラップを叩きつけますが、左馬刻のカウンターを受けて倒れてしまいます。

これにて勝負はつき、勝者はMAD TRIGGER CREWになりました。

 

『ヒプノシスマイク』第9話を観たみんなの感想は?

Buster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWの戦いが熱かった第9話でしたが、視聴していた方たちはどのような感想を持ったのでしょうか?

やはり皆バトルの描写やラップのリリックに圧倒されたようですね。

次回のFling Posseと麻天狼の戦いも今から気になります。

 

『ヒプノシスマイク』第9話を観た筆者の感想

凄かったのはディビジョンバトルの戦いの描写です。

毎回ラップシーンの描写は圧倒されるものがありますが、やはりBuster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWという2大グループの対決となると、いつもよりもよりも一段と格好良かったです。

勝利したのはMAD TRIGGER CREWでしたが、実際に2年前に行われたディビジョンバトルもBuster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWが戦ってMAD TRIGGER CREWが勝利しています。

もしかしたらあの戦いの勝者が今回の優勝者なのか?と思っているのですが、どうなのでしょうか?

 

『ヒプノシスマイク』9話のネタバレ!のまとめ

今回気になったのは中央区の2人が話していたラップアビリティの事です。

中央区は何かを企んでいる雰囲気が見え隠れします。

アニメの放送後には、ヒプノシスマイクのリアル第2回ディビジョンバトルの開催が発表されました。

今回は前回とは異なり、名古屋と大阪がいるので、どのような戦いになるのか楽しみですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan