アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『炎炎ノ消防隊』の最後の柱がついに明らかに?!8人の柱は一体誰なの?

アニメ『炎炎ノ消防隊』は、大久保篤原作の同名サイエンス・ファンタジー漫画をアニメ化したものです。

身体から火を出して暴徒化する「焔ビト(ほむらびと)」と戦う特殊消防隊の活躍を描いたもので、身近な消防士と炎を操る特殊能力というファンタジックな要素が良い具合にミックスされた新しいアニメ(漫画)として人気を博しています。

アニメ版は2020年7月より続編となる『炎々ノ消防隊 弐ノ章』が放送され、今後のストーリー展開などに注目が集まっています。


今回は『炎々の消防隊』のストーリーの中でも核となる「柱」について、一体誰が選ばれし「柱」なのか、「柱」は何のためにあるのかなども含め、解説していきます。

 

『炎炎ノ消防隊』「柱」を知る前に押さえておくべきポイント

その① 「世代」 

「柱」の話に入る前に、まず「世代」についてまとめておきます。

「世代」は全部で四つあり、

 

第一世代 焔ビト

第二世代 (既に存在する)炎を自在に操れる者

第三世代 自ら炎や火を作り出し、それを自在に操れる者

第四世代 アドラバーストを使うことができる者(第三世代の中の更に特殊な能力を持つ者)

 

となっています。

 

その②「アドラバースト」

 

アドラバースト」とは、このアニメの中でも最も重要なものの一つで、最も純粋なる炎だとされています。

我々が知る(限界ある)火や炎を超越した、火の神のようなもので、「穢れなき炎」や「聖なる炎」などと称されています。

この炎の存在自体、すでに稀有なものですが、これを操ることができる者も同じく稀有な存在であり、探し出すのが難しいとされていました。

因みに、このアドラバーストは焔ビトが生まれる原因ともされており、最後の最後までキーとなる存在だと予想されます。

 

「柱」となるのは第四世代

 

では改めて、「柱」として選ばれるのはアドラバーストの使い手である第四世代になります。

アドラバーストを使いこなせる者、すなわち「柱」となれるものは全部で8人いると言われ、そのうち7人の柱は既に明らかになっています。

8人目の「柱」ははっきりこの人物であると明言されているわけではありませんが、90%の確立でこの人だろうと言われている人物がいるので、次のところでその人物含め、8人の柱が誰なのか明らかにします!

 

『炎炎ノ消防隊』「柱」に選ばれた8人が明らかに!

1柱目 天照(アマテラス)

2柱目 ハウメア

3柱目 象 日下部

4柱目 森羅 日下部

5柱目 因果 春日谷

6柱目 ナクタ 孫

7柱目 シスター炭隷(スミレ)

8柱目 シスターアイリス(だと考えられている)

 

以上が、アドラバーストの使い手である第四世代の者たちです。

アドラバーストの使い手と言っても、特殊能力は各人異なります。

 

1柱目の天照は「他人の精神を乗っ取る力」を持っています。

2柱目のハウメアは「電気信号で他人を操る能力」と「記憶を抹消させる力」を持っています。

3柱目の象は「熱を膨張させて、他人の時間を止める力」を持っています。

4柱目の森羅は「足から炎を出す力」を持っています。

5柱目の因果は「爆発を予想できる力」を持っています。

6柱目のナクタは「放射能を帯びた炎を出す力」を持っています。

7柱目のシスター炭隷は「ジバリングで超振動を起こす力」を持っています。

8柱目のシスターアイリスに関してはまだその特殊能力はお披露目されていません

 

『炎炎ノ消防隊』8人目の「柱」の謎

8人目の柱に関しては、長いこと誰なのか分かりませんでした。

しかし、1柱目の天照が森羅の精神を乗っ取った際に、「新たな(アドラバーストの)使い手が現れる」ことを口にしていました。

そして出てきたのが、1柱目の天照と瓜二つのシスターアイリスだったわけです。

ここでキーパーソンとなるのがシスター炭隷で、シスターはかつて孤児院でアドラバーストの使い手になれそうな子を探す実験やドッペルゲンガーに関する実験を行っていたそうです。
ドッペルゲンガーとは、自分のそっくりさんを見てしまう現象のことで「自己像幻視」などとも呼ばれます。
シスターが行っていたドッペルゲンガーに関する実験というのは恐らく、同じ顔を持つ2人を探すことや同じ顔にする方法を探るなどといったことだったのでしょう。

そして、1柱目のドッペルゲンガーとしてシスターアイリスが選ばれたのではないかということです。

逆を言えば、1柱目のわざわざドッペルゲンガーが8人の柱に必要になるということは1柱目が非常に重要な役割を担っているのではないかとも解釈でき、今後の展開にも期待が高まります。

 

『炎炎ノ消防隊』8人の「柱」が重要な理由:伝導者の真の目的とは

アドラバーストの使い手となれる8人の「柱」が重要な理由は、特殊消防隊の敵である白装束集団「伝導者」たちの壮大な目的にありました。

「伝導者」たちは、アドラバーストを用いて、地球を火と炎で包み込み、新たな第二の太陽にしようとする恐ろしい計画を立てていたのです。

焔ビトはまだまだ序の口だったというわけです。

この計画に必要とされるのが、天照と人柱であり、人柱はアドラバーストの使い手である森羅たちだというのです。

だから白装束集団は必至でアドラバーストの使い手を探していたというわけです。

因みに、250年前にも白装束集団はアドラバーストの使い手を用いて大災害を起そうとしたのですが、柱の人数が少なかったゆえにエネルギーも不足し、大災害には至らなかったそうです。

それだけに今回は8人を必死に探し出したというわけです。

 

関連記事
アニメ『炎炎ノ消防隊』キャラの強さランキングTOP10!最強キャラは誰?

「週刊少年マガジン」で2015年から連載されている大久保篤の漫画『炎炎ノ消防隊』は、 人々が突然発火して「焔ビト」という化け物に変わってしまう異常現象と、 それに立ち向かう特殊消防隊の戦いを描いたSF ...

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

8番目の「柱」の存在も見えてきて、より一層天照の重要性が際立ってきました。

200年もの間「柱」として活動しているシスター炭隷の存在も不気味です。

今後この8人に「柱」がどのように白装束集団に利用されてしまうのか、主人公である森羅は4番目の柱でありながら白装束の思惑の裏をかけるのか、はたまた森羅と象の関係は修復されるのかなど気になるポイントはまだまだ沢山あります。

今後のストーリー展開にも注目していきたいところです。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan