アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』11話のあらすじとネタバレ!【圭一の、沙都子への想いがひしひしと伝わる】

テレビアニメ『ひぐらしのく頃に 業』は、日本の同人サークル07th Expansionが製作した同人ゲーム「ひぐらしのく頃に」を原作としたアニメです。

「業」は「礼」、「煌」に次ぐものではありますが、「業」の製作スタッフなどはそれまでと変わって一新されており、完全新作ものとして2020年10月より放映されています。

今回は『ひぐらしのく頃に 業』の第11話「崇騙し編 其の参」のあらすじとネタバレについてご紹介していきます。

本記事はネタバレを含みますので、まだネタバレは知りたくないという方はご注意ください。

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』これまでの話(崇騙し編)を振り返る

親友梨花と仲良く暮らしていたはずの沙都子は、ある日訳ありな顔で叔父の家へと入っていきます。

その日を境に、頻繁に学校を休むようになった沙都子。

気になる圭一は、梨花を始め沙都子と仲の良い人物に最近の沙都子の様子について聞いて回ります。

そこで浮上してきたのが叔父という存在と虐待があるという話でした。

両親を事故災害で失った沙都子は、その後血縁関係のある叔父夫妻に引き取られました。

しかし、叔父は素行の良い人物ではなかったので、あっという間に沙都子の両親の遺産を使い果たし、更には沙都子たち兄弟に暴力を振るうようになったというのです。

祟りがあると一時は怖くなって沙都子らを置いて逃げ出した叔父でしたが、最近またこの町に戻ってきていると。

そしてまた沙都子が標的になっているに違いないと圭一は考えます。

圭一は部のメンバーでなんとか沙都子を救えないかと思案しますが、どうにも手出しができません。

せめて、沙都子に自分たちは味方だということを伝えたい圭一は、そっと沙都子の頭に触れようとしますが、それが沙都子の心を乱し、発狂させてしまうのでした。

関連記事
アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』10話をネタバレ【沙都子が虐待を受けている?】

アニメ『ひぐらしのなく頃に業』は、昔ながらの村社会で起きた連続失踪事件や不審死を描いた物語で、正式タイトルは『ひぐらしのなく頃に』となっていて、「な」が赤文字で記されています。 ゲームから始まり、漫画 ...

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』11話のあらすじとネタバレ


前作の第10話ラストで発狂した沙都子。

その悲鳴は当然先生の耳にも届きます。

何事かと慌てて入ってきた先生に対し、沙都子は「ただの演技です」とシラを切るのでした。

尋常ではない反応を見てしまった圭一たちは、放課後沙都子をどうやれば救えるか話し合います。

しかし詩音は沙都子の叔父鉄平を殺しに行くと言って聞きません。

詩音の殺気は尋常ではなく、止めに入った圭一も怪我を負うことになります。

怪我をおして行った圭一の必死の説得と梨花の説得で、なんとか殺しだけは思いとどまってくれたらしい詩音。

子供の力ではどうにもできないと悟った圭一は、一先ず児相に話をもっていきます。

翌日沙都子は再び風邪で学校を欠席します。

しかし、当の沙都子は虐待があるということを認めないばかりか、虐待なんかされていないと言い出します。

絶対に虐待のせいだと信じる圭一は、先生もクラスも含めて児相に再び相談に行きます。

しかし、決定的な虐待の証拠がないと、様子を見ることになります。

もどかしい圭一は、沙都子がどうにかなってしまってからでは遅いと、三度児相に行くことを決意します。

但し今回は、もっと大人数で行かなくてはならないということになり、人数集めをすることになるのでした。

あわせて読みたい
アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』OPとEDについて考察!【今作の立ち位置は過去のアニメの未来の話?】

1期アニメとキャラクターデザインが一新し、ストーリー展開に変更点の加わった『ひぐらしのなく頃に 業』。 こちらの作品が2020年秋から放送開始されました。 1期のストーリーと通ずるところの多い本作です ...

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』11話 みんなの感想(ネタバレ含む)

『ひぐらしのなく頃に 業』第11話を見た人の感想をまとめました。

・沙都子の登場シーンが少ない!

・圭一の熱い想いがカッコいい!

・本当に虐待されているんやろうか?

・なかなか重いエピソードだったな

・沙都子ちゃんがほとんど出てこない・・・寂しいね

・叔父さんもそうだけど刑事もなんか怪しいよね

・虐待されても家へ帰るのは恐怖からか?

・梨花ちゃんのところに逃げればいいのに・・・そんなに簡単じゃないか

・圭一良いヤツ、本当惚れる

・何度も児童相談所にトライするあたりに圭一の本気度を感じる

・児相に拒絶されても果敢に何度も行くのは偉い!みんなも見習うべき

・児相、役に立たなさすぎ!

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』11話 筆者の感想・考察「虐待問題を考える」

今回のエピソードで取り上げられていた虐待問題は、今世間を騒がせている児童虐待の痛々しいニュースとリンクするところがあり、実に生々しいものがありました。

特に、「まだこの状況では動けません」という児相こと児童相談所とのやり取りは、実際の現場を彷彿とさせるところがあり、考えさせられました。

きっと同じ感想を持った人もいるでしょう。

子供のSOSというのは、大人は気が付きにくく、別に蔑ろにするわけではないのですが、はなっからまともに相手にしない傾向があることは否めません。

しかし、同級生同士であれば、相手のちょっとした変化には敏感に気が付くことができ、更にはSOSも察知することができるのです。

同級生がキャッチしたSOSを児相がしっかりキャッチし、虐待予防、もしくは虐待を止める一役を担ってくれればと切に思いますが、ここにも大人特有の規則が出現します。

「この段階では○○としか対処できない」、「虐待の決定的な証拠が無ければ動けない」など、段階的にしか対応されないことが明らかになります。

これは日々ニュースになっている虐待事件でも問題になっていましたね。

なぜこんな訳も分からない事務的な段階が優先されるのか憤りを感じますが、これを設けることによって児童相談員の客観性と倫理性を保っているわけです。

下手に動いたり、虐待を受けているであろう子に感情的に深入りしたりしてしまうと、虐待というある種デリケートな問題を上手く対処できる能力が維持できないということなのだと考えられます。

虐待に関する窓口は今児相だけです。

公平性を保つために様々な段階が敷かれているというのは理論上分からない話でもありませんが、虐待問題の最後の砦として皆が児相に頼るわけです

今回圭一が必死になって、なんとか児童相談員に動いてもらおうと躍起になるのもそういう理由からです。

だからこそ、児相は何かしらアクションをすべきだと、このエピソードを見て更に強く思いました。

少なくとも、国を挙げて制度を見直すべきだと、本気で思います。

 

「虐待は虐待を呼び、どんどん連鎖的に広がっていくもの」だと、とある心理学者が言っていました。

だからこそ、食い止められる虐待があるのであれば何とか食い止め、それ以上の悲劇と惨劇を繰り返さないようにしないといけません

虐待防止に対して、我々ができることはもっと他にもあるはずではないかと、改めて考えさせられる、そんなエピソードでした。

もし沙都子が本当に叔父から虐待を受けているのであるのならば、なんとか虐待から救われて欲しいものです!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は崇騙し編の第3話ということで、少しずつ沙都子の周辺事情が明らかになってきました。

実際に虐待があるのか、否かなど、はっきりとは分からずにもどかしいところも多々ありますが、とにかく沙都子には幸せになってもらいたいものです。

次のエピソードでは虐待の話ももっとしっかり分かることでしょう!

期待して待ちましょう。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan