アニメ

『86 エイティシックス』10話のあらすじネタバレ感想!【シンたちの旅路とファイドの最期】

2021年4月から放送中のSFアニメ『86 エイティシックス』。 電撃小説大賞を受賞した安里アサトさんのライトノベルを原作に、殺伐とした世界観で無人機と少年たちの戦いを描くハードな作品です。 その第10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 「特別偵察任務」と呼ばれる決死行へと旅立ったシンたちスピアヘッド戦隊ですが、その旅はまだまだ終わりません。   『86 エイティシックス』9話のおさらい 特別偵察任務に発ち、その道中でシンの兄であるレイが取り込まれたレギオンと対峙するスピアヘッド戦隊の5 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレ【2人の最後の時間】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 物語もいよいよ終盤に近づき、沙優と吉田の周りの状況も変わってきました。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優の兄が吉田の家にやってきましたが、1週間考える時間をくれました ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレ【裏で糸を引く人物とは】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 物語もいよいよ終盤となり、ますます盛り上がりを見せていてファンもかなり多いでしょう。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り いつも通り家族や部下たちと変わらない毎日をおくるホワイトリー ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』10話のあらすじネタバレ感想!【由希と夾のぶつかり合い、そして夾が透への想いを自覚する……】

高屋奈月さん原作の世界的大ヒット恋愛漫画を原作に、2021年4月から放送中されている『フルーツバスケット The Final』。 アニメシリーズ最終作として、ストーリーのクライマックスに大きな注目が集まっています。 そんな『フルーツバスケット The Final』の10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。   『フルーツバスケット The Final』9話のおさらい 夾から突き放され、そこへやって来た慊人と遭遇する透。 慊人の孤独を感じ取った透は彼女を受け入れようとしますが、慊人は暴走を続 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレ【ドラケンの命の行方】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 武道は2人の喧嘩を止められましたが、パーと仲の良かったペーが何やら企んでいる様子。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『魔女の旅々』第10話 あらすじとネタバレ!【フランとシーラの知られざる過去に迫る!】

『魔女の旅々』は、白石定規による同名の長編小説をベースにした同名漫画からアニメ化されたものです。

このアニメは、魔女がいる世界で旅する魔女見習いのイレイナが様々な場所を訪れ、人々と関わり合いながら魔法を磨き、成長していくというアニメで、10月よりテレビ放映されています。

今回はアニメ『魔女の旅々』第10話についてご紹介していきます。

ネタバレを含みますので、まだネタバレは知りたくないという方はご注意ください。

 

 

アニメ『魔女の旅々』第9話を振り返る

金欠がたたり、ひもじい思いをするイレイナは高額報酬に釣られ魔女エステルの仕事を請け負います。

その仕事は10年前に遡り、セレナが殺人鬼になるきっかけを作ってしまったとある出来事を変えるというものでした。

エステルは生前セレナから両親が強盗に撲殺されたことがトラウマで、自身も殺人鬼になってしまったという話を聞いていました。

実は3年前に国王命令で殺人鬼セレナはエステルの手によって処刑されていたのですが、エステルはセレナと仲が良かったため、この悲劇をずっと悔やんでいたのです。

「あの子が殺人鬼にならなければ」という思いに行き当たったエステルは、最後の希望を胸に10年前に舞い戻るのですが、実際に起きていたことはもっと悲惨で、なんとセレナ本人が両親、叔父を殺害していたのです。

騙されていたことに対する憤慨、実際にセレナを救うことは無理だという絶望から強大な魔法をセレナに向けるエステルは、再びセレナを処刑することになります。

しかしその魔法の代償はあまりに大きく、エステルはセレナに関する一切の記憶を失います。

何も出来ず、ただただ傍観するしかなかったイレイナは、報酬もそっちのけでその場を後にするのでした。

あわせて読みたい
アニメ『魔女の旅々』全話ネタバレまとめ、フル視聴&見逃し配信まとめ【無料動画で見よう!】

  アニメ『魔女の旅々』全話 ネタバレ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話(最終回)   アニメ『魔女の旅々』作品 ...

 

アニメ『魔女の旅々』第10話のあらすじとネタバレ

あらすじ

とある品をクノーツという街に届けるようシーラの元に依頼が来ます。

しかしシーラはこれから休暇だと言い、その仕事を弟子のサヤに任せます。

当のシーラはフランの元へ行き、二人そろって旅に出掛けます。

その道中、フランはふと自分たちの師匠がもう一人の弟子(シーラ)を取ることにした日のことを話しだします。

そして二人はいかに仲が悪かったか、それにもかかわらずこうして毎年一緒に旅する仲になったかを話すのでした。

そんな話をしている時、ふとシーラがサヤのことを思い出し、「行先変更」をフランに伝えます。

クノーツの上空にはちょうどクノーツに到着したイレイナがいました。

 

クノーツの町で過去・現在・未来が行き来する(ネタバレ注意!)

今エピソードのキーとなる場所はクノーツというところです。

過去のクノーツでの話現在のクノーツの話、そして未来のクノーツでの出来事を思わせる話があるので、一つずつ見ていきましょう。

 

現在

まずサヤがとある品をクノーツの魔法統括協会支部に届ける依頼を受けるところで、「クノーツ」が登場します。

師匠が休暇だというのでサヤはこれを一人でクノーツまで届けに行きます。

 

過去

まだ弟子時代のシーラとフランは高額報酬の仕事を師匠から託されます。

それはクノーツで暴れ回っている骨董堂という集団を一網打尽にし、壊滅させるというものでした。

二人はその仕事を成功させ、無事魔女に昇格することになります。

大そう仲の悪い二人でしたが、この仕事を一緒にこなすうちに打ち解け、以来このクノーツの街は二人にとってもある種の想い出の土地となりました。

 

未来

今エピソードのラストシーンでは、なんとイレイナがクノーツの上空にいる様子が映し出されます。

憧れの冒険小説の軌跡巡りでこのクノーツに来たというのです。

サヤは訳あり品をクノーツへ、イレイナは観光目的でクノーツへ、そしてサヤを追ってシーラやフランもクノーツへと向かっています。

これだけの人物たちが一堂に会し、何もないはずがありません。

サヤが運んでいる品は、シーラとフランが倒したという骨董堂のものなのでしょうか。

それがまた新たな事件を呼び込んでいるのでしょうか。

次回11話もクノーツが舞台の話が続きそうです。

 

フランとシーラの知られざる歴史(ネタバレ注意!)

今エピソードの要ともなっているのが、フランとシーラの弟子時代の話です。

 

フランとシーラの師匠

フランとシーラの師匠は、ヴィクトリカという灰色の長髪が美しい人物です。

凄腕魔女として知られており、その実力は魔法統括協会のお墨付きです。

ヴィクトリカの弟子は元々フラン一人だったのですが、後にシーラも弟子として取ることになります。

 

性格が真反対のシーラとフランがお互いを認め合うきっかとなった出来事

真面目で、見た目にも大人しそうで、優等生タイプのフランに対し、シーラは不良、ギャル、ヤンキーといった言葉が良く合うタイプの勝気な女の子でした。

見た目からも分かるように当然馬が合わない二人は、修行中も何かと対立し、喧嘩し、師匠を困らせていました。

そんな犬猿の仲の二人はクノーツでの仕事を師匠から託されます。

しかも失敗したら破門という厳しい条件付きのものです。

悪者を追いかけている最中も、意見が対立しなかなか思うように仕事を進められない二人でしたが、あえて悪者に捕まってからは協力し、あっという間に骨董堂のメンバーを壊滅させることに成功します。

この成功をきっかけに、お互い譲れない部分も多々あるものの、お互いの優れた点は認め合えるだけの仲に成長するのでした。

 

フランとシーラの意外な共通点

戦いを終えた二人は、なぜ魔女になりたいのかを話し合います。

フランは自国に魔女が一人もいなかったので、名を成せば祖国でも悠々自適に暮らせるだろうと考えたからだと言います。

一方のシーラは、元々独学で使えるようになった魔法で悪事を働いていたのですが、それを現師匠であるヴィクトリカにやってしまい、とんでもない返り討ちにあったと言います。

そして、それがきっかけで魔女という存在を知り、ヴィクトリカから魔力を磨き魔女となれば地位も名誉も手に入ると言われ、魔女を目指すようになったと話します。

つまりは、二人とも高尚な目的のために魔女を目指していたのではなく、打算的に魔女を目指していたのだという意外な共通点を知り、すっかり心を許す仲になるのでした。

 

現在のフランとシーラ

クノーツでの戦友体験もあり、すっかり絆が芽生えたらしいフランとシーラは、なんと年に1度一緒に旅をする仲にまでなっていました!

フランは現在王立セレステリアで教師をしており、シーラは魔法統括協会のエージェントとして活動しています。

インドアな仕事とアウトドアな仕事という、全く異なる職種を生業としている二人ですが、ヴィクトリカの愛弟子として仲良くやっているというのは、なんとも微笑ましいことです。

ところで、フランもシーラも魔女になる際に魔女名を与えられています。

師匠は、それぞれがそれぞれを思い出せるように、そしてお互いを近くに感じられるようにと、フランには「星屑の魔女」(シーラの髪色を思わせる名)、シーラには「夜闇の魔女」(フランの髪色を思わせる名)を授けました。

その名の通り、お互いを大切にする心を芽生えさせた二人の弟子の成長に、きっと師匠もどこかで微笑んでいることでしょう。

 

おわりに

今回のお話は前作の「遡る嘆き」が妙に重いエピソードだっただけに、今回のエピソードとのギャップが著しいと話題でした。

フランとシーラの意外な弟子時代の話は、面白味に溢れていました。

次回は引き続きクノーツでの話になりそうです。

そして次回は今話お休みしていたイレイナも登場し、またドタバタがありそうな予感がします。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan