アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』のネタバレ評価考察 見どころをまとめてみた

小人の少女アリエッティと、彼女が出会った人間の少年の交流を描いたジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」

独特の世界観をまとった内容で、ジブリ作品の中でもユニークな一作として知られていますね。

そんな「借りぐらしのアリエッティ」の見どころを解説して、評価や考察をまとめました。

 

 

2010年公開のジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」

「借りぐらしのアリエッティ」は、2010年のジブリ映画として公開された作品です。

原作はメアリー・ノートンによる児童文学・小人の冒険シリーズの1作目「床下の小人たち」

この作品に宮崎駿らが独自の脚色を加えて脚本を手がけました。

監督を務めたのは、現在はスタジオポノックを設立して独立し、

「メアリと魔女の花」などを手がけている米林宏昌

それまでのジブリ映画としては珍しく、宮崎駿でも高畑勲でもない人物が監督した作品です。

「借りぐらしのアリエッティ」のあらすじネタバレ

主人公は、小人族の少女アリエッティ

アリエッティとその両親は、人間の屋敷の床下に自分たちの住みかを作り、

人間の持ち物をこっそり借りてきて使う「借りぐらし」を行っていました。

ある日、アリエッティは「借り」の最中に、屋敷に住む少年・翔(しょう)に姿を目撃され、

ひそかに交流するようになります。

ところが、小人と人間という立場の違いから2人の考えはすれ違い、

さらに屋敷の家政婦ハルが小人族の存在に気づいてしまったため、

アリエッティたちは屋敷を去ることになります。

引っ越しの前、アリエッティが最後に翔の前に姿を現すと、

翔は「自分は心臓が弱く、手術を受けるがきっと死んでしまう」と打ち明けるのでした。

別れ際、翔は角砂糖を、アリエッティは髪留めにしていた洗濯バサミを相手に贈り、

アリエッティたち一家は去っていきます。

 

関連記事
ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』が面白くないって本当?!つまらないと言われるのはなぜ?

ジブリ映画、通算17本目に当たるのが『借りぐらしのアリエッティ』(2010年公開)です。 2001年に公開された『千と千尋の神隠し』は爆発的な人気を博しましたが、その後に公開された『ゲド戦記』や『猫の ...

 

「借りぐらしのアリエッティ」の見どころを評価・考察

アリエッティたちの「借りぐらし」の様子に惹き込まれる

「借りぐらしのアリエッティ」で特に印象的なのが、

緻密に描かれる「借りぐらし」の描写ではないでしょうか。

アリエッティたちから見たら、人間の道具はすべてが巨大です。

それを巧みに使い、意外なアイデアを駆使して生活を成り立たせている描写は、

なんだかワクワクさせられますね。

ジブリ映画らしい繊細な作画と合わさった「借りぐらし」のシーンに惹き込まれます。

 

小人と人間の交流を通して描かれる「生きる」というテーマ

原作小説は小人族の冒険がメインになっていますが、

ジブリ映画版では「生きる」ということをテーマにした人間ドラマ色が強くなっているのが特徴です。

アリエッティたちの「屋敷を引っ越してでも生きなければいけない」という決意。

そして翔の「命に関わる心臓病を抱えている」という境遇。

アリエッティと翔が劇中で交わすシリアスな会話も合わさって、

さまざまな面から「生きる」ことを考えさせられます。

 

翔はどうなった?心臓の手術は成功した?

「借りぐらしのアリエッティ」を観た人たちの中で語られてきたのが、

「翔は結局どうなったの?」という疑問です。

翔のその後については、生存説と死亡説の両方があります。

 

生存説の根拠としては、

「映画そのものが翔の回想(あの夏の思い出)というかたちで描かれている」

「ファミリー向けのジブリ映画で死亡バッドエンドは考えたくない」

といったものが有力です。

 

一方で、死亡説の根拠としては、

「ストーリーが”生きる希望を持つアリエッティ”と”自分の運命を悲観する翔”の対比になっている」

「翔の別れ際の言葉”君は僕の心臓の一部だ”が死亡フラグになっている」

「翔は最後に角砂糖(消えるもの)を贈り、アリエッティは洗濯バサミ(残るもの)を贈ったのが象徴になっている」

といったものがあります。

どちらもなかなかの説得力がありますが、最終的には観客の想像力に委ねられています。

 

 

「借りぐらしのアリエッティ」の一般的な評価は?賛否両論?

「借りぐらしのアリエッティ」は、ジブリ映画では珍しく、

賛否両論がはっきり分かれる傾向にある作品です。

それぞれの意見はどのようなものになっているのでしょうか。

 

あっさりとした作風が「浅い」「物足りない」という声も

「借りぐらしのアリエッティ」を評価しない理由としては、

その内容が「浅い」「物足りない」という声が多くなっています。

確かに、物語にはあまり大きな起伏はなく、

アリエッティと翔の交流もわりとあっさりしたものです。

その分、ちょっとした背景描写や会話、音の演出などにテーマが象徴的に盛り込まれているのが「借りぐらしのアリエッティ」の持ち味ですが、

はっきりと分かりやすい盛り上がりどころを期待して観た方にとっては、

満足感を得られない内容だったのかもしれません。

 

ひとつのファミリー向けアニメ映画としては高評価?

一方で、「借りぐらしのアリエッティ」を高評価する声の中には、

純粋に「ファミリー向けアニメ映画として面白い」という意見が多く見られます。

アリエッティたちの借りぐらしの描写や、そこから想像できる小人族の生活。

シンプルであっさりしている分、子どもたちも受け止めやすいストーリー。

こうしたポイントから生まれる世界観そのものの魅力が、

ひとつのエンタメ作品として評価された要因ではないでしょうか。

 

 

まとめ:「借りぐらしのアリエッティ」は繊細で味わい深い作品

賛否両論がある「借りぐらしのアリエッティ」ですが、

「小人と人間の交流」というユニークな世界観や、「生きる」というテーマを描くストーリーは、

ひとつのアニメ映画として間違いなくハイクオリティです。

その内容は一見あっさりしていますが、

繊細な描写の中に、味わい深いメッセージが込められています。

さまざまな評価や考察に触れた上で、あらためて「借りぐらしのアリエッティ」を観てみると、

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan