アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』OPを考察!エレンやミカサが消えた! もはや別作品?

紅白歌合戦でOPが歌われたほどの人気を誇る作品『進撃の巨人』。

その最終シーズンのアニメが12月7日からNHK総合などで放送が開始されました。

そこでの新OP「僕の戦争/神聖かまってちゃん」を見た視聴者からは疑問の声が…?

本記事では、『進撃の巨人 The Final Season』のOP「僕の戦争」について考察していきます。

 

 

【進撃の巨人】The Final SeasonのOPはまるで別作品?


アニメ放送が開始されて、最近では珍しいですが1話から早速OPが流れます。

そこで流れるオープニングの映像を見て、多くの人から驚きの反応が。

 

主要キャラであったエレンやミカサたちはどこ?

なんか不気味で怖いOPかも…。

見る作品間違えた?

そんな感想がいくつも見られました。

 

一体どういうことなのでしょうか?

そんな『進撃の巨人 The Final Season』のOPについて見ていきましょう。

 

【進撃の巨人】The Final SeasonのOPの考察

テーマ

まず全体的なテーマについて見ていきます。

 

曲名が「僕の戦争」ということで「戦争」という言葉がこれまで以上に似合うほど殺伐としたOPです。

これまでのような巨人vs兵士というようなシーンが一切なく、爆発シーンの割合が多い仕上がりとなっています。

 

今回のあらすじ

このOPを考察する上で、今回のあらすじを知ることが必須となります。

あらすじを簡単にまとめてみます。

 

人類は多くの犠牲を払いつつも、巨人の真実と壁の外の真実を知ることができた。

壁の向こうには海があり、海の向こうには自由がある、そう信じて進み続けてきた彼らはついに壁の外の海と自由の象徴を目の前にしていた。

壁の中の彼らがその海に辿りつくがそこに広がるのは自由か、それとも…。

 

注目ポイント

エレンやミカサたちがいない

感想で最も多かったエレンやミカサたちの兵士がいないという点について。

 

結論から触れると、外の世界にたどり着いた彼らが見た光景は戦争が広がる世界で、そこに自由などなかったということです。

自由という希望を求めて彼らは戦ってきましたが、思うような結末にはなりませんでした。

そんな戦争の光景を見て、彼らは絶望しているのです。

 

エレンやミカサたちがいないのは、このOPがエレンたちから見た視点で描かれたものだからではないでしょうか。

過度と思う部分もあるかもしれませんが、その証拠に彼らが自由の象徴として捉えていた鳥たちが落下している描写も見られます。

 

爆発には色が、それ以外は灰色

単に殺伐としている印象があるだけでなく、このOPの大半のシーンを占める爆発などには色が付けられ、兵士や鳥、戦艦や銃といったものは灰色で色の抜けたような印象を感じます。

 

これはおそらく命よりも戦争が大事、命は戦艦や銃などと同等に道具であるという姿勢を象徴しているのではないでしょうか。

かつて戦争が最も苛烈な時を迎えていた第二次世界大戦の頃、日本でも戦死者を弔いつつも、最悪の状況には戦闘機に乗ってそのまま突っ込んで相打ちという形で自らの命を投げ打つのが正義だと考える節がありました。

あまりにも心がないように思いますが、まさにそういった光景がエレンたちの見た世界にも広がっていたのでしょう。

 

雨かそれとも…

最後には雨らしきものが降り続けているシーンがあります。

ここでは2つの解釈の仕方が可能です。

 

ひとつはこの雨は酸性雨である可能性です。

戦争の後には、兵器で使われた化石燃料が大気中を飛び交うことで硝酸を生み出し、酸性雨を発生させます。

 

もうひとつは戦死した兵士の灰である可能性です。

あまりにも酷い死に方をすると跡形も残らず灰になるといいます。

雨の割には粒の形が大きいようにも感じられるので、戦死者の灰が雨に乗って落ちていると考えることもできます。

 

どちらにせよ戦争の悲惨さを象徴していることは間違いありません。

 

【進撃の巨人】The Final SeasonのOPを見た視聴者の反応

 

今までのOPとまるで違っているのに新鮮味や怖さを感じたり、純粋に曲がいいという声が多く見られました。

今回は戦争の悲惨さをメインに押し出しているから、次の章でエレンやミカサたちが登場してくるなら、OPは「Linked Horizon」が務めるのではないかと考える人もちらほらと見られました。

最後の巨人の部分だけ壁の外の世界の戦争とは反対の立ち位置にあるもので、分析できなかったので面白い意見だと感じました。

 

まとめ

これまでと打って変わって、近代の戦争を象徴としたOPを展開する

『進撃の巨人 The Final Season』

これまでとまるで違ったエレンたちのこれからの戦いに目が離せませんね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan