アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

ジブリ映画『コクリコ坂から』映画と原作の違いは?それぞれの内容を比較・解説

1960年代の日本の港町を舞台に、高校生の少女と少年の恋を切なく描いたジブリアニメ「コクリコ坂から」。

近年のジブリ映画の中でも特に人気が高いこの作品ですが、実は原作となった漫画があります

「コクリコ坂から」の映画と原作にはどんな違いがあるのか。それぞれの内容を比較しながら解説します。

 

昭和の港町でくり広げられる青春を描く「コクリコ坂から」

2011年のジブリ映画として公開された「コクリコ坂から」。

舞台となるのは1963年(昭和38年)の横浜で、町の中の丘に立つ「コクリコ荘」を切り盛りする女子高生・松崎海を中心に物語は進みます。

海が通う高校にある、男子の文化部棟「カルチェラタン」の存続をめぐる学生と学校側の対立。

学生側の中心人物である男子高校生・風間俊と海の淡い恋。

そんなストーリーが、独特の雰囲気の中で描かれる名作です。

「コクリコ坂から」の映画と原作は内容が大きく違う?

「コクリコ坂から」の原作になったのは、1979年に公開された佐山哲郎・高橋千鶴による同名の漫画作品です。

この原作とジブリ映画版の「コクリコ坂から」には、大きな違いがいくつもあります。どんな部分が違うのか見ていきましょう。

 

「コクリコ坂から」映画と原作の違い①原作にコクリコ荘はない

映画と原作の違いの中でまず注目したいのが「コクリコ荘の有無」。

なんと原作では、海が切り盛りするこのコクリコ荘はありません

海の家はごく普通の住宅で、空き部屋を下宿として貸し出しているため、家族以外の人も住んでいます。

部屋を人に貸してはいるものの、アパートではなくあくまで普通の家。
コクリコ荘は海のアイデンティティとして大きな存在感を見せているだけに、

それが原作にはまったく登場しないというのは映画版のファンにとって衝撃的ではないでしょうか。

 

「コクリコ坂から」映画と原作の違い②原作にカルチェラタンはない

映画「コクリコ坂から」のストーリーで重要なポジションとなっているのが、男子文化部の部室が入る「カルチェラタン」。

カルチェラタンの存続をめぐって学生と学校が闘い、その中で海と俊の恋が進んでいったりと、物語の中心とも言える存在です。

ですが、実はこのカルチェラタンも原作にはありません

俊と生徒会長の水沼が賭け麻雀で学校の経費を溶かしてしまい、その穴埋めのためにいくつもの騒動を巻き起こす中で、海と俊が惹かれていく……というのが原作版のストーリー。

「カルチェラタンを守るために戦う俊と、それに協力する海」という映画のドラマチックな雰囲気とはかなり違いますね。

映画がきっかけで原作を読み、カルチェラタンが出てこないと知って驚いた、という声も多かったようです。

 

「コクリコ坂から」映画と原作の違い③登場人物の変更

登場人物の有無や設定にかなりの変更が加えられているのも、「コクリコ坂から」の映画と原作の大きな違いです。

まず、原作の重要人物だった男子生徒・広瀬真が映画では登場しません

「俊が父親の写真をきっかけに自分と海は異母兄弟なんだと思い、海と距離を置く」というのは映画と原作共通のストーリーですが、

原作ではそこから海がやけになって不良男子の真と付き合い始める、というエピソードがあります。

その後、強引に真に迫られた海を俊が間一髪で助ける……という展開になりますが、映画では真が登場しないため、この部分も丸ごとカットされました。

映画の「お互いが異母兄弟かもしれないと知った後、それぞれ葛藤を乗り越えて2人が想いを確かめ合う」というストーリーの方が、穏やかでジブリ映画らしいですね。

 

また、コクリコ荘に住む女性医師の北斗美樹は、原作では「北見北斗」という男性で、職業も獣医師になっています。

原作では海が最初に淡い恋心を抱いていた相手、という設定でしたが、映画では女性に変更されたこともあり、その設定もなくなりました。

海と俊の一途な恋愛をより印象的に描くために、この設定変更がされたのかもしれませんね。

ちなみに、海の苗字も「小松崎」から「松崎」に変更されています。

 

「コクリコ坂から」映画と原作の違い④海のキャラクター設定

海のキャラクター設定も、原作と映画ではかなり違っています。

映画の海は、コクリコ荘に住む人たちのために朝から丁寧な朝ご飯を用意するなど、しっかりした少女として描かれています。

ですが、原作では同じ簡単なメニューばかり作って小言を言われる描写があったりと、

映画の「真面目に下宿を切り盛りする少女」というイメージとはやや違っています。

また、原作では当初は下宿人の北斗に憧れていたり、やけになって不良の真と付き合ったりと、良くも悪くも行動的な性格を見せている海

映画では俊との恋に一途な少女として描かれて、より純情なイメージのキャラクターになりました。

他の細かい言動を比べても、映画の方が「おしとやかで芯の強さを持った清純な女の子」という雰囲気になっています。

一般的なイメージでは、こちらの方がより「ジブリヒロインらしいキャラクター」だと言えるのではないでしょうか。

 

「コクリコ坂から」映画と原作の違い⑤戦争の要素を盛り込んだストーリー

「コクリコ坂から」の映画と原作は、全体の雰囲気にも少し違いがあります。

原作では海の父親は「海で行方不明になった」という設定ですが、映画では「乗っていた輸送船が朝鮮戦争で機雷に沈められて亡くなった」という、

戦争の影を感じさせるものに変更されました。

ストーリーの軸がカルチェラタンをめぐる学生運動の物語になっていることもあわせて考えると、

脚本を書いた宮崎駿はより「戦後の昭和後期」を感じさせる物語にしたかったのかもしれませんね。

このように時代背景の描写から社会的なメッセージを投げかけているのは、とてもジブリ映画らしい演出と言えるのではないでしょうか。

 

関連記事
ジブリ映画『コクリコ坂から』のその後。海と俊の2人はどうなったのか?

1963年の横浜が舞台になった、「コクリコ坂から」。当時は戦争が終えて18年目に差し掛かっていたので、日本の経済も回復途中の真っ只中でした。翌年にはオリンピックも控える日本。 主人公は、松崎海(まつざ ...

 

まとめ:映画と原作の違いを見比べてみて

「コクリコ坂から」の映画と原作には、大きな違いがいくつもあります。

その違いの理由や背景を考察してみるのも面白いのではないでしょうか。

ぜひ「コクリコ坂から」の原作を手に取って、映画と見比べてみてください。

 

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan