アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『魔女の旅々』第7話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)【イレイナがぶどう踏みの少女に?】

魔女としてのイレイナの旅を綴った物語『魔女の旅々』。

2020年秋からアニメ放送が開始されています。

本記事では、アニメ『魔女の旅々』第7話のあらすじや感想についてまとめていきます。

 

 

アニメ『魔女の旅々』第6話の振り返り

正直者の王国に足を踏み入れたイレイナはさぞ活気に溢れた街だろうと思っていたが、むしろ迂闊なことを発言できないからと口を紡ぐ人ばかりの物静かな街であった。

街の様子に驚いていると、2人の男が喧嘩を始めて周りも面白そうだからと止める様子がなかった。

その時、空から喧嘩を止めようとしたあのサヤが降ってきた。

 

魔法統括協会から依頼を受けてやってきたサヤが依頼主の女性に話を聞くと、国王が嘘つきをこの国から消し去ってほしいという願いを彼女の声を代償とした魔法で叶えたため、他の人と違って喋ることができないということを言われた。

彼女がサヤに依頼したのはこの国を元に戻してほしいという内容だった。

 

イレイナは正直者だから善人だとは限らないことを国王に向けて主張し、互いに平行線のままだったので魔法での戦いを始めた。

国王の隙を付いたイレイナが国王の剣を破壊して、無事元の国に戻すことに成功した。

 

サヤはイレイナにお礼にとネックレスをプレゼントして、指切りをしてまた再開することを約束するのだった。

あわせて読みたい
アニメ『魔女の旅々』全話ネタバレまとめ、フル視聴&見逃し配信まとめ【無料動画で見よう!】

  アニメ『魔女の旅々』全話 ネタバレ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話(最終回)   アニメ『魔女の旅々』作品 ...

 

アニメ『魔女の旅々』第7話のあらすじ(ネタバレ注意)

ニケが刻む壁

時は遡り、イレイナは「ニケの冒険譚」のとあるエピソードを朗読していた。

 

とある国にたどり着いたニケは、案内人に壁のこちら側と向こう側で仲が悪いために作られた壁を紹介される。

だが、案内人はこの壁があまりに味気ないため何かいいアイデアはないかと相談する。

ニケはこの国のこちら側はとても素晴らしいと刻み込み、訪れた旅人に文字を刻んでもらってはどうかと提案する。

ニケが壁の反対側は旅人であふれかえっていると壁の両側の案内人に嘘を言うとそれを本気にして焦り始め、その国では壁に文字を刻む風習ができて、味気ない壁を改善することに成功した。

 

文字を刻む壁のある国に訪れるサヤとイレイナ

サヤは例の冒険譚で語られた文字を刻む壁を管理していた案内人から依頼されてその壁のある国に訪れた。

依頼の内容は壁に文字を書く風習が十何年と続いたが落ち着きを見せ始めたため、新しい風習が欲しいとのことだった。

サヤは今日から旅人でないこの国に住む人も好きなことを書き込んではどうかと提案した。

なぜなら、この壁は自分たちが作ったものだからその国の人の気持ちを書いてもいいのではないかと言った。

 

イレイナも後日その国を訪ねると、冒険譚に書かれていたような壁は完全になくなってその壁の塊が売買されていた。

案内人に話を聞くと、サヤが提案した風習を取り入れた結果、勢いで書き込んでしまった文字に恥ずかしさを感じて、両側から文字を見えなくしようと壁を削っていった末、壁に穴が開くようになって壁を取り壊すこととなった。

すると、壁の両サイド同士で仲良く接することができるようになったという。

互いが自分たちの側の方が優れていると反対側を見なかっただけで、どちらも切磋琢磨して頑張ってきたことに気づいたことで、仲良くなったとのことだった。

 

ぶどう酒の販売戦略


まだ壁で国を隔てていた時、イレイナは一度この国を訪れていた。

 

初めてのお酒はおいしいものが飲みたいということで、ぶどう酒が有名なこの国を訪ねたところ、片方の国ではローズマリィというイメージキャラクターがふみふみしたぶどうで作ったぶどう酒を武器に販売促進に成功していたため、どうしたらこちら側のぶどう酒は売れるのかと頭を悩ませていた。

イレイナがこちらも同じようにかわいい人にぶどうをふみふみしてもらえばいいのではと提案すると、村長の男はイレイナに半ば強引にぶどうをふみふみしてもらうように頼み込んだ。

 

イレイナのぶどう踏み


乗り気でなかったイレイナだったが、ローズマリィに子供だと煽られて対抗心を燃やしてぶどうをふみふみした。

一日頑張ったものの、村長が言うには樽の半分程度が作れるとのことだった。

イレイナは何百、何千本とぶどう酒が片方の国で売れていて、一日ふみふみしてその量しかぶどう酒が作れないのはおかしいと気づく。

そこで片方の国のぶどう酒の生産状況を偵察することにした。

 

偵察したところ、ふみふみしていたのはローズマリィではなく付き添いの男たちだったことが発覚する。

イレイナは詐称ものだと言ってローズマリィたちを拘束した。

互いの国の男たちが怒りでぶどうを投げ合い始めると、ぶどう酒を飲んで酔ったイレイナが魔法でその多くのぶどうを弾丸のように扱って、それにぶつかった男たちは気を失った。

 

その出来事からその国でぶどうを投げ合うぶどう祭りという風習が生まれた。

その後、村長はローズマリィと家庭を持つようになり、ローズマリィがふみふみしたぶどう酒を作ったのだった。

あわせて読みたい
『魔女の旅々』海外の反応は賛否両論?評判や感想をまとめてみた!

2020年の秋アニメ『魔女の旅々』は、ちょっと変わったファンタジーアニメとして話題を集めています。 日本のアニメファンからもさまざまな感想が語られている本作ですが、 海外の視聴者からも大きな反響を呼ん ...

 

アニメ『魔女の旅々』第7話の視聴者感想

今回は2本立ての構成で、どちらも壁によって村を分断した国の話でした。

自分のためにと他人を見ないようにする気持ちに共感する声やイレイナがとにかくかわいかったという意見が非常に多く見られました。

 

アニメ『魔女の旅々』第7話の筆者感想

ニケがイレイナの母であることから、母の隣で母の冒険譚を朗読していることを考えるとどことなくエモさを感じていいなと感じました。

詐称はよくないですが、やはりかわいい人の作るものっていうのは惹かれるものがありますね。

 

まとめ

エモさとギャグの振れ幅のすごい7話だったアニメ『魔女の旅々』。

ぶどう酒のイメージキャラクターにもなってしまったイレイナは今後旅でどんなものを得ていくのか注目していきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan