アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『球詠』の作画崩壊がひどい?!打ち切りは本当だった!?

「まんがタイムきらら フォワード」の2016年6月号から連載されてきた、マウンテンプクイチの同名漫画をベースにアニメ化されたのが、アニメ『球詠』です。

女子野球に焦点を当てた、きらら系野球アニメとして注目を集めていたのですが、描写があまりにも酷いと話題になりました。

話のテーマや内容はとてもよく、近年のスポ根ものとして十分後世に広めていけるものを持っているだけに、「もったいない!」という声も多く聞かれました。

更には、「このままでは作画がさらに崩壊し、映像化が追い付かず、打ち切りになるのでは?!」という心配の声も上がったほどです。

今回はこの状況を踏まえて、アニメ『球詠』の評価などををまとめました。

ネタバレを含む箇所もあるので、ネタバレは知りたくないという方はご注意ください。

 

アニメ『球詠』とは?あらすじ紹介

鋭い変化球が売りの武田詠深は、野球少女として中学校でも活躍する予定でした。

しかし、彼女の鋭い変化球を捕ることができる捕手がおらず、結局彼女は野球を諦めることになりますが、高校進学で転機が訪れます。

武田は、幼馴染でかつ野球友達の山崎珠姫と進学先の高校で再会を果たし、再び野球熱に火が付きます。

山崎も長年野球の腕を磨いてきただけあって、武田の変化球も涼しい顔して簡単にキャッチしてみせ、武田を大いに驚かせます。

これを機に、二人は新たにバッテリーを組み、かつては強豪校と恐れられた新越谷高校の野球部を立て直すべく、新たな部員と共に野球に打ち込み、奮闘していきます。

あわせて読みたい
アニメ『球詠』つまらないという評判は本当なのか検証!実は面白い?!

アニメ「球詠(たまよみ)」はマウンテンプクイチさんが「まんがタイムきららフォワード」で連載されている漫画で、2020年4月~6月までアニメの放送がされていました。 放送前には「きらら系野球アニメ」とし ...

 

アニメ『球詠』の作画崩壊とは一体何?


アニメ『球詠』はコロナ流行にあった2020年4月から6月にかけて放映された数少ない春アニメの一つです。

アニメの本数が減ったこの時期に登場したということもあり、アニメファンからも期待が高まっていました。

しかし、実際に始まったアニメを観てみると、どうも人物や背景の描写のクオリティが著しく低いことが明らかになり、これを「作画崩壊」と言われるようになりました。

では、どれほどその描写が酷いのか、視聴者はどういう感想をもったのか、一部の声を見てみましょう。

 

・キャラの描き分けがなってない!髪の毛の色でしか判断できないとかないでしょ!

・え、防具なしで硬式野球やるってどういうこと?

・硬球と軟球の違い、もしかして描き手さん分かってない?!

・野球の動き自体はすごくいい!それだけに作画のいも感が半端ない印象をもたらす

・髪の毛の輪郭線、太過ぎない?修正忘れたのかな?

・ユニフォーム着たらみんな一緒過ぎて、誰が誰か分からない!

・キャラ良く知らなくて見てたら、画でキャラ判断できないから、訳分からなくなった

・アゴとんがりすぎじゃない?!

・え、原作との画のギャップが凄まじいんだけど!

・なんでこんなに低クオリティになっちゃったの?

・コロナのせいで緻密さがなくなった?!

 

画でキャラクターの判別が難しいと視聴者が思えてしまうレベルで作画が崩壊しているということがよく分かりますね。

すでに個々のキャラクターを良く知っているのであれば、見ていても「あれがあの人だ」と分かるものですが、シルエットは同じで髪の毛の色や目の色だけ違うとなると、なかなか話にまで気が回らず、アニメの良さが失われてしまいます。

それだけに「残念だ」と感じた人はかなりいるようです。

 

またその逆で、これだけの作画崩壊を引き起こしっぱなしのアニメもそうそうないということで、「画が面白い!」と、このアニメを楽しんでいるマニアもいたようです。

あわせて読みたい
アニメ『球詠』のキャラクターの秘密 【モデルはプロ野球選手?】

タイトルを見て驚かれた方も多いでしょう。 『球詠』に出てくるキャラクターの中の多くは、現在活躍している野球選手や、過去にプロ野球で活躍した選手がモデルになったと言われています。 モデルになった野球選手 ...

 

作画の出来に目が行くのはアニメ『メジャー・セカンド』との対比もある

同じ野球もので近年注目を集めているアニメに『メジャー・セカンド』があります。

こちらは女子野球というのではなく、男女混合チームによる野球が描かれていますが、同じ野球をテーマにしている点、軟弱チームが大きな大会目指して切磋琢磨する点など類似点も多いです。

類似点が多い分、比較されることが多いのは容易に想像が付きますね。

実際、

・同じ野球ものなら断然『メジャー・セカンド』でしょ!

・ストーリーはどっちも好きだけど、野球の描き方、人の描き方が丁寧ということでやっぱり『メジャー・セカンド』に軍配が上がるな

・話は『球詠』の方が面白いんだけど、画が酷過ぎてついつい『メジャー・セカンド』を見てしまう

・(『球詠』の)画が『メジャー・セカンド』並みに綺麗だったらな・・・

・『メジャー・セカンド』ではさすがに防具なしで野球するシーンなんてなかった!『球詠』は硬球を舐めているのかな?誰か真似して怪我でもしたらどうするんだ!

 

といった声が上がりました。

 

 

アニメ『球詠』のストーリーや話の内容は『メジャー・セカンド』よりも上?打ち切りという選択肢はあった?

アニメ『球詠』のストーリー自体は評価が高い!

上記の声からも分かるように、画は『球詠』は全く評価されていませんが、ストーリーや話の内容はとても良いとしている意見が多いです!

女子野球が既に確立し、認められた世界というのも斬新な設定なのでしょう。

 

女子が野球にかける想い、自分たちの青春を掛けて何かを成し遂げようとするその根性、いずれもとても丁寧に描かれています。

主人公同士の強い絆、友情などの見どころもばっちり描かれています。

 

男女の恋愛が多く描かれていない、女子スポーツものというのはなかなかないので、その設定を高く評価している人もいます。

いずれにしても、『メジャー・セカンド』とは明らかにタイプの違う野球ものアニメに仕上がっているので、なんとか画をきちんと整え、最後までアニメ化してほしいというのがファンの切な願いであったと言えます。

 

画が酷過ぎたら打ち切りもありだった?!

さて、ストーリーはよいものの、画がそれに伴わないということで早くも打ち切りを心配する声が上がっていますが、まず打ち切りはなかったと考えて良いでしょう

その理由の一つにコロナの影響が考えられます。

コロナの影響で、今現在多くの人気アニメの制作、放映が見送られています。

 

そのため、仮に『球詠』が打ち切りになったとしてその代役を務められるアニメがない状態だったのです。

ぽっかり空いてしまった『球詠』の放送時間をどう埋めるのかという問題があるため、『球詠』の打ち切りはまずなかったはずだと言えるのです。

『球詠』の作画がどうも伴っていないのも、もしかしたらコロナで他人不足になっていることが原因だったかもしれません

原作の出来が良いだけにアニメ版の画の粗さが目立ちますが、もし第二期制作予定があるのであれば、画を整えて登場させてもらいたいものです!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

アニメの画と漫画の画を比べると、大きな差異があることは明らかで、これを「手抜き」と表現されても致し方ないようにも感じます。

コロナ禍で多くのアニメが続編作成を見合わせている中、果敢に配信を続けた『球詠』は素晴らしいアニメ魂を見せ付けてくれたと言えます。

 

しかし、画が伴わないのではやはり無理に放映しなくてもいいのではないかと視聴者側も考えざるを得ません。

どこかのタイミングで一回立て直しを図ってもらいところですが、今期はそれが叶わない形で最終話を迎えました。

このまま第二期が作られるのであれば、それこそ今度はしっかり立て直しをしてもらいたいとことです!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan