アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』の舞台、館山基地を徹底解説!【鍵は他アニメとの住み分け?】

2020年10月から放送が始まったアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』。

美少女が戦闘機に乗って戦うという内容となっていて、珍しい戦い方からファンも多いです。

舞台は館山基地というとで、実在する日本の基地での戦い・戦闘機が登場しています。

今回はこの『戦翼のシグルドリーヴァ』の舞台、館山基地について詳しく見ていきましょう。

 

 

『戦翼のシグルドリーヴァ』舞台は館山基地


『戦翼のシグルドリーヴァ』の物語の舞台は房総半島の南端に位置する千葉県館山市、『館山基地』です。

現在は海上自衛隊の軍用飛行場であることから、『戦翼のシグルドリーヴァ』でも英霊機が登場します。

館山基地は1923年に起こった関東大震災によって隆起した浅瀬に建てた飛行場で、1930年には館山海軍航空隊が置かれました。

基地周辺には本土決戦に備えて作られたいくつかの地下壕などが、現在もそのままの姿で残っています。

また、大日本帝国時代の史跡なども数多く存在していて、歴史が感じられるところとなっています。

 

館山基地の歴史

館山基地の歴史は以下の通りです。

  • 1930年:館山海軍航空隊が開設。首都防衛の拠点として海軍航空隊の艦上戦闘機、艦上攻撃機、水上偵察機が置かれる
  • 1943年:第901海軍航空隊開隊
  • 1944年:第903海軍航空隊開隊
  • 1945年:8/31に占領のためアメリカ海兵隊の先遣隊235名が上陸
    9/3に占領部隊の主力であるアメリカ陸軍第11軍団3,500名が上陸
  • 1946年:第112騎兵連隊戦闘団が撤退
  • 1953年:保安庁警備隊館山航空隊が新隊
  • 1955年:第101~103飛行隊編成
  • 1958年:飛行隊を第101、151、152飛行隊に改編
  • 1960年:第152日光帯が廃止、館山航空隊教育部が発足
  • 1961年:航空集団が新編
  • 1965年:南極観測支援訓練飛行任務隊編成
  • 1974年:第211教育航空隊が鹿屋航空基地へ移転
  • 1989年:第124航空隊として新編
  • 1998年:第124航空隊が第123航空隊として改称
  • 2001年:舞鶴航空基地が開港
  • 2008年:海上自衛隊体制移行による部隊再編
  • 2009年:2/26に海上保安庁の巡視船「いず」に着船。海上自衛隊の航空機としては史上はじめて
  • 2018年:第73航空隊が廃止。第21航空隊に第213飛行隊(救難飛行隊)が新編

 

館山基地の役割

館山基地の館山航空隊は戦後の航空部隊としては、日本で最初の部隊です。

現在では海上自衛隊の最大のヘリコプター基地となっているため、アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』でも物語の舞台として起用されたのでしょう。

 

そんな館山航空基地の役割について詳しくみていきましょう。

海上防衛、沿岸警備

館山基地は、有事の際には護衛艦にヘリコプターを搭載し、海上防衛や沿岸警備にあたります。

艦載型ヘリコプターの母基地としての役割があります。

 

災害派遣

地震や台風・大雨などの災害が起きたときに、被災者の救出や救助を行います。

2011年に発生した東日本大震災のときも館山基地からたくさんの自衛官が派遣され、市民の救助に携わっています。

 

急患輸送

伊豆諸島や小笠原諸島などの離島において、島内で対応できない症状や病気の患者が出た場合、都知事の要請により出動します。

離島から本土まで患者さんをヘリコプターで搬送する役割もあるのです。

 

海外派遣

海賊対処法に則り、ソマリア沖アデン湾に安全確保のための舞台を派遣しています。

 

後方支援

館山基地は、航空機の整備や補給基地としての役割もあります。

 

館山基地を知るファンの感想

実際の館山基地を知っている人や、元自衛官の人、千葉県在住の人が多く反応していました。

アニメでは物語に合わせて滑走路が延長されているなど、細かな違いにも気づいている人が多かったです。

 

まとめ

今回はアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』の舞台となった、館山基地について解説しました。

作中でも館山基地の実際の場所が随所に出てきていて、ファンの間では聖地巡礼なども行われています。

気になる人はぜひ館山基地に行ってみてくださいね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan