アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』OPとEDについて考察!【今作の立ち位置は過去のアニメの未来の話?】

1期アニメとキャラクターデザインが一新し、ストーリー展開に変更点の加わった『ひぐらしのく頃に 業』。

こちらの作品が2020年秋から放送開始されました。

1期のストーリーと通ずるところの多い本作ですが、そんな今作の立ち位置が今回のOPやEDからある程度見えてくるようです。

そこで本記事では、『ひぐらしのく頃に 業』のOPとEDについて考察し、今作の立ち位置について分析していきます!

 

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』OPの考察

各キャラの登場

まずは圭一をイメージするバットやレナをイメージする鉈などのキャラクターをイメージしたアイテムが出てきて、どこか遠い目をしたキャラクターたちが登場します。

 

圭一とレナは1人のシーンカットですが、魅音と詩音、梨花と沙都子は同じシーンカットで互いに背を向けています。

どちらの組み合わせも基本的に仲はいいですが、これまでのシリーズで心の奥底の部分に触れると不仲になった組み合わせです。

これはその対立構造を表していると考えることができます。

羽入の登場

アニメの2話ですでに登場しましたが、本来であればこんなに序盤に出るはずのない羽入がOPでも登場しています。

 

2話での羽入と梨花の会話を踏まえると、収まったはずの惨劇が繰り返される世界がまた新たに始まってしまったと言えるでしょう。

つまり、梨花たちにとって本作品は時間軸的に言えば過去のシリーズの未来であると考えられます。

 

また、先ほどの魅音と詩音、梨花と沙都子を見た時に梨花だけ目線が下を向いていません。

再び梨花が世界に抗おうとしているなら、沙都子との決別ではなく沙都子との決別との決別を表しているのかもしれません。

何かから必死に逃げる梨花

かなり特徴的なシーンで、梨花が何かから必死に逃げるシーンカットがあります。

これが未来の世界だと仮定すると、迫りくる惨劇に必死に抗っている梨花を表現していると言えます。

梨花の目に映る手

必死に抗って走った末に梨花の瞳に何かを包み込むかのような手が映し出されています。

具体的にはわかりませんが、この手が少なくとも救いの手を表していることは間違いないです。

その救いが最終的に成功する世界線の圭一たちなのか、それとも別の要因なのかは今後の展開で明らかにされるでしょう。

 

オープニング曲を歌うのは亜咲花さん「I believe what you said」です。

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』EDの考察

部のメンバーの日常

学校の休み時間に一緒に弁当を食べたり、自転車で休みの日に出かけたりする部のメンバーの日常が描かれています。

こんな日々が毎日続けばいいという願いが込められた描写なのかもしれません。

梨花と羽入

ここでも羽入が登場してきています。

ここでは立ち上がりなさいと言っているかのように立っている羽入が座り込んでいる梨花に対して話しかけているような様子が描かれています。

ここからも惨劇の未来に梨花が抗っていることが伝わってきます。

各キャラの抱える問題

魅音と詩音は極道という家系、沙都子は叔父、レナは父親との問題を抱えていて、それを象徴したシーンカットが描かれています。

そして、最後に圭一がバットで誰かを殴っているシーンカットが描かれています。

圭一がバットで殴っているのが一人ではなかったことから、レナたちを苦しめている人間を制裁しようとしているのではないでしょうか。

散らばっているカレンダー

最後にカレンダーの紙があちこちに散らばっています。

その数字を見るとどれも17~22までの数字しか見られず、壁に掛けられたカレンダーの数字は22日、つまり梨花に与えられたタイムリミットは17~22日の5日間と言えます。

 

エンディングを歌うのは彩音さん「神様のシンドローム」です。

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』アニメ6話まで迎えての考察

ここまでで何度も述べているように、アニメ2話ですでに羽入が登場したことや「鬼騙し編」の時に悩む圭一に声を掛けた梨花の様子から、やはり梨花は再び惨劇の物語の渦中にいて、抗おうとしていることは間違いないです。

ただ、ここまでで過去のシリーズとの違いは詩音に関わってくる北条悟志の存在が明るみにされていないこと、過去のシリーズのキーパーソンとされていた入江京介が出ていないどころか入江診療所が改装中であったことに大きな疑問が残ります。

この2つの大きな要素が今後どうなるかによって物語は私たちの予想できない展開になるでしょう。

関連記事
アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』5話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)どっちが魅音でどっちが詩音?

リニューアルして帰ってきた大人気ホラーアニメ『ひぐらしのなく頃に 業』。 2020年秋から、1話では1期と同じストーリーを辿るかと思いきや2話で業というタイトルが表示され、新たな展開を迎えて放送されて ...

 

アニメ『ひぐらしのく頃に 業』視聴者の考察

ひぐらし考察で検索すると数多くの考察が見られました。

その中でも、綿騙し編のその2でレナが言っていた「見かけとは逆が真実かもしれない」という発言が綿騙し編だけの話ではなくて、業シリーズ全体にかけて言っているという考察やOPにわずかに映し出されるシーンが「うみねこのなく頃に」のキャラクターに見えるからつながりがあるという考察は非常に面白いと感じました。

 

まとめ

様々な考察が飛び交い、盛り上がりを見せる『ひぐらしのく頃に 業』。

今後明かされる情報からOPやED、そして本編に散りばめられた謎がどう解き明かされていくか注目して見ていきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan