アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』4話のあらすじ感想まとめ(ネタバレ注意)【まさかの水着で出撃?】

「Re:ゼロから始める異世界生活」の長月達平や「魔法少女リリカルなのは」の藤真拓哉らが制作を手がけ、

謎の生命体「ピラー」とそれに立ち向かう「戦乙女」たちの戦いを描いたオリジナルアニメーション『戦翼のシグルドリーヴァ』

その第4話のあらすじネタバレや感想をまとめました。

メッセージ性の強い内容となった前回でしたが、今回は打って変わってコメディ回に…?

 

 

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』3話のおさらい


海ほたるでのピラーとの戦いを終えて、少しずつ宮古たちとも打ち解けていくクラウディア。

ある日、そんな彼女たちに「戦場となった海ほたるの回復調査」という事実上の慰問任務が言い渡されます。

現地で自分たちが救った人々と触れ合い、交流を楽しむ宮古やクラウディアたち。

一方で、海ほたるの戦いで重体となった隊員のもとを訪れた際には、

「戦乙女に看取られて戦死したら報われる」という言い伝えを叶えるために、隊員の最期を見守ります。

隊員の死を静かに見届けた宮古にクラウディアが「なぜそんなに強くいられるのか」と聞くと、

宮古は「好き嫌いせず何でも食べる」と明るく言って見せるのでした。

 

関連記事
アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』3話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)【宮古の強さの秘訣とは?】

シリーズ構成・脚本を「Re:ゼロから始める異世界生活」でお馴染みの長月達平、キャラクター原案を「魔法少女リリカルなのは」で有名な藤真拓哉、世界観設定・設定考証を「ガールズ&パンツァー」で注目を浴びてい ...

 

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』4話のあらすじネタバレ

新たなピラーとの戦い

新たに現れた4体のターシャリー・ピラーと激戦をくり広げる宮古たち。

敵は「何度倒しても復活する」というやっかいな特性があり、長期戦でアズズが被弾して戦線離脱します

さらに、ピラーが周囲に与える悪影響のためか、アズズが倒れてしまうのでした。

宮古たちは急いでアズズのもとに駆けつけ、体勢を立て直してピラーへの対応を考えることになります。

 

作戦を練る

町の人々からカレーを作ってもらい、英気を養う宮古たち戦乙女。

するとそこへ町の子どもたちが現れて、戦乙女とピラーの戦いの様子を録画していた映像を見せてくれます。

映像からピラーが高周波音で意思疎通して行動していることを読み取った宮古たちは、その分析をもとにピラーに再び挑むことを決めました。

ところが、ピラーたちの探知範囲内に館山基地までの帰還ルートが重なっているため、このままでは基地に戻ることができず、出撃もできません

 

水着で基地まで戻れ

どうすれば基地に戻れるのか。

その突破口を考え出したのは、戦乙女を守るシールド隊の顔なじみメンバー、通称「3バカ」たちでした。

彼らによると、「地下の洞窟を通っていけば、ピラーに探知されずに基地まで戻れる」ということ。

ところが、地下洞窟は険しく水浸しのため、みんなで水着になって進むことになります

ふんどし姿になったシールド隊員たちのマッチョなボディに守られながら、思わぬ冒険とスリルを乗り越えて宮古たちは基地へと進みます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今週の #シグルドリーヴァ かなり笑えたwww 今週の内容は意味不明過ぎるけど、色んなアニメ入ってたな(笑)ナウシカとか😂 男キャラがおもしろ過ぎる(笑) あの毎回落ちたイケメンがツボった(笑) この4話は女性キャラじゃないと思う(笑) 検索するとヒロイン水着ばかりで、やっぱ女の子目当てかと残念😐 大きなお友達の方はやはり女の子か(笑) こんな脇の男性キャラが目立つアニメ久しぶりにみたいわ。 可愛い路線のアニメ面白くないので こんなのどんどん増えて欲しい。 100万人はソードアート同様にお子様向けだったのでつまらなかった #戦翼のシグルドリーヴァ #シグルリ

Tsutomu🇯🇵 Sakamoto(@tutomugogo)がシェアした投稿 -

ピラー撃退と新たな出会い…?

なんとか館山基地に帰還を果たした宮古たち。

ところが、びしょ濡れになって冷えてしまったクラウディアがくしゃみをしたため、その音でピラーに気づかれます。

大慌てて水着のままそれぞれの英霊機に乗り込んで出撃

作戦を立てたかいもあって無事にピラーを撃退し、基地に帰還します。

すると、水着で英霊機の前にいる宮古たちを見て「なんて格好で戦ってるんだい」と声をかける人物が。

それは、短いタンクトップにホットパンツという、人のことを言えない格好をした女性でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

戦翼のシグルドリーヴァ 04話 #戦翼のシグルドリーヴァ #シグルドリーヴァ

Heniadir(@heniadir)がシェアした投稿 - 2020年10月月24日午後10時43分PDT

 

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』4話の感想

前回とは打って変わってコメディ120%

前回は「仲間の死を看取る」という戦闘アニメらしいエピソードもあり、ちょっとシリアスになってしまう部分もありましたが、

今回はコメディ要素120%の話でしたね。

アニメでは「水着回」は定番要素のひとつですが、まさか「基地に帰還するために地下洞窟を進む」というかたちで水着回をやるとは思いませんでした。

ふんどし姿のシールド隊員たちに支えられて険しい洞窟を進む流れは、悪ノリにもほどがありますがシュールで爆笑必至です。

前回3話とのギャップもあって、余計に笑えましたね。

 

シールド隊の筋肉ボディが最大の見どころ?

女の子が主役のアニメで水着回といえば、普通はお色気回のはずですが、

この回ではむしろ「シールド隊のマッチョ筋肉ボディ」の方が印象に残りましたね。

筋肉モリモリのふんどし男たちが数珠つなぎになって架け橋を作り、戦乙女を渡らせるシーン。

何度も崖から落ちていくのにいつの間にか復活して爽やかスマイルを見せる「イケメソ」。

さらに、たくましく引き締まったお尻を叩きながらの「パンパンパパパン」が妙に記憶に残ってしまって複雑な気分になります。

ある意味で、4話の本当の主役は彼らだったのかもしれません。

 

まとめ

戦闘シーンなどが本格的な分、こうやって宮古たちの可愛さやコメディノリを前面に押し出した回があると安心できますね。

これからもこういう回が挟まれると嬉しいですが、新しい戦乙女も登場したりと、ストーリーに新たな動きがある様子。

今後どのような展開になっていくのか、『戦翼のシグルドリーヴァ』のこれからにますます注目です。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan