アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

「彼女、お借りします」150話のネタバレ感想考察!続き151話からの展開も!

大学生の木ノ下和也と、

レンタル彼女の水原千鶴(本名・一ノ瀬ちづる)の出会いをきっかけに、

2人を中心とした人間模様を描くラブコメディ漫画「彼女、お借りします」。

 

和也とちづるの関係が少しずつ変化していくのが見どころですが、

ちづるの祖母・小百合が倒れたことで、ストーリーも急展開を迎えています。

和也とちづるの内面にも大きな変化が起こった150話の内容をまとめました。

さらにその先の151話以降についても触れています。

 

 

149話までのおさらい

ショッピングモールで倒れてしまい、病院に搬送されたちづるの祖母・小百合。

その容体は厳しい状況で、ちづるは落ち込んだまま元気が出ない状態が続きます。

 

そんなちづるを見て、和也は「自分たちの本当の関係を伝えた方が……と提案。

ちづるが和也との関係について小百合に隠しているのを心配しての提案でしたが、

結局ちづるは小百合に本当のことを言わないと決めます。

 

そしてもうひとつ、ちづるの心残りになったのが、

自分の夢をかなえて女優になった姿を小百合に見せられないこと。

 

ちづるが悔しさから涙を流していると、一度帰宅した和也が病室へやってきます。

そして、和也とちづるがクラウドファンディングを成功させて作った

自主製作映画をプロジェクターで上演。

すると、それまで意識のなかった小百合が目を開けて、

ちづるが映画に主演しているのを見ます。

 

「彼女、お借りします」150話のネタバレ

 

幸せな嘘もある?

一時的に意識が戻った小百合はその後またすぐ眠ってしまい、

映画を見れたのは10分ほど。

それでも、ちづるの主演映画を目にすることはできました。

 

眠っている祖母を見ながら、あらためて和也との関係を打ち明けるか悩むちづる。

罪悪感を抱えながらも、大好きなおばあちゃんを傷つけたくないという気持ちから、

「女優は嘘をつく職業だから」と自分に言い聞かせます。

幸せな嘘もあるはずだと。

 

小百合の言葉とちづるの想い

そう思いながらちづるが思い出したのは、子どものころの小百合との記憶。

 

学校に遅刻したちづるは、

今と同じ「女優は嘘をつく職業」という言葉を使って、小百合に嘘をつきました。

 

そんなちづるに対して小百合が語ったのが、

「人の心は1%の本当のことと、99%の嘘でできている」という話。

 

嘘をつかずに生きれる人間はいないけど、それは真実を守るためかもしれない。

その話の中には、昔女優だった小百合の、ちづるへのアドバイスも含まれていました。

 

当時の会話を思い出して、「どうすればいいか分からない」と泣いてしまうちづる。

本当のことを言うべきか、このまま「幸せな嘘」をついたままでるべきか。

 

はっきりと正解が分からないからこそ葛藤します。

すると、そんなちづるの頬に小百合の手がそっと触れて、ちづるの名前を呼ぶのでした……

 

 

151話の展開はどうなる?合わせてネタバレ!

ちづるに小百合が語りかけるという、気になるところで終わった150話。

 

続く151話で、小百合はちづるが悩んでいるのを見て「かわいそうに」と優しく言います。

そんな小百合に、我慢できなくなったちづるは「自分は嘘をついていた」と伝えるのでした。

 

すると、小百合はちづるの嘘については触れず、

和也がちづるにふさわしい人だと思っていること、

最愛の孫であるちづるが選んだ答えなら本当でも嘘でもいいと思っていることを伝えます。

そして「この世には、答えがあることの方が少ない」とも語りかけます。

 

ちづるが自身のために悩み考えてくれていること自体を喜び、

ちづるを「私の宝物」と呼んで抱き寄せる小百合。

孫への愛があふれる、涙なしには見られないシーンです。

 

 

「彼女、お借りします」150話の感想と考察

 

思わず泣いてしまう感動のエピソードだった

「祖母との別れのときが迫る」という、誰もが悲しむ出来事。

その中で葛藤や悩みを抱えてしまうのは、ちづると和也の特殊な関係があるからこそですね。

 

和也との本当の関係を打ち明けるかどうかが、

女優としての「嘘」の話と結びついて強いメッセージ性を持っている150話。

 

思わず泣いてしまうほど感動的なのはもちろん、

「どう生きるか」ということも考えさせられます。

 

大切な人に幸せな嘘をついたまま見送るのがいいのか、

傷つけることを覚悟で本当のことを打ち明けるべきなのか……

どちらが正解かなんて誰も分からない、究極の二択です。

 

そんな問いを抱えていたちづるの心情を想像すると、こちらまで胸が締めつけられます。

ですが、ちづるが悩んでいることに小百合が気づいていて、

そのうえでちづるを優しく抱きしめていたのは気持ちが救われるポイントでした。

 

和也の活躍も印象的

ちづると小百合にフォーカスをあてたエピソードですが、

その中で大きな活躍をした和也も見逃せません。

 

和也が自主制作映画の映像を病室まで届けて、

小百合に見せることができたからこそ、ちづると小百合のあの会話が生まれました。

どちらかというと頼りない雰囲気の和也ですが、今回は文句なしにかっこよかったですね。

 

 

まとめ:ちづるの今後を考察!和也との関係にも注目

これまでの展開ややり取りから見て、残念ながら小百合が亡くなってしまうことが強く予想されます。

悲しいことですが、人が生きていく以上、いつか別れが訪れるのも仕方のないことなのでしょう。

小百合を見送った後、ちづるがどのように人生を歩んでいくのかはとても気になるポイントです。

ここまでの小百合との会話は、ちづるの女優としての意識にも、

人生観にも強く影響を与えたと考えられます。

 

小百合の言葉をきっかけに、ちづるが女優として、

一人の女性としてどう成長していくのかは、

今後のストーリーの大きな見どころになるのではないでしょうか。

 

また、ちづると和也の関係性についても注目してしまいます。

ちづるが和也との関係についてあらためて意識したのはもちろん、

「病室に映画を届ける」という和也の行動が、

ちづるの目に印象深く写ったのは間違いありません。

 

もしかしたら、ここから2人の関係にも大きな進展が訪れるかもしれませんね。

「死別」という大きなテーマを通して、

「彼女、お借りします」という物語がどのように進んでいくのか、ますます要注目です。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan