アニメ

『86 エイティシックス』10話のあらすじネタバレ感想!【シンたちの旅路とファイドの最期】

2021年4月から放送中のSFアニメ『86 エイティシックス』。 電撃小説大賞を受賞した安里アサトさんのライトノベルを原作に、殺伐とした世界観で無人機と少年たちの戦いを描くハードな作品です。 その第10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 「特別偵察任務」と呼ばれる決死行へと旅立ったシンたちスピアヘッド戦隊ですが、その旅はまだまだ終わりません。   『86 エイティシックス』9話のおさらい 特別偵察任務に発ち、その道中でシンの兄であるレイが取り込まれたレギオンと対峙するスピアヘッド戦隊の5 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレ【2人の最後の時間】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 物語もいよいよ終盤に近づき、沙優と吉田の周りの状況も変わってきました。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優の兄が吉田の家にやってきましたが、1週間考える時間をくれました ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレ【裏で糸を引く人物とは】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 物語もいよいよ終盤となり、ますます盛り上がりを見せていてファンもかなり多いでしょう。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り いつも通り家族や部下たちと変わらない毎日をおくるホワイトリー ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』10話のあらすじネタバレ感想!【由希と夾のぶつかり合い、そして夾が透への想いを自覚する……】

高屋奈月さん原作の世界的大ヒット恋愛漫画を原作に、2021年4月から放送中されている『フルーツバスケット The Final』。 アニメシリーズ最終作として、ストーリーのクライマックスに大きな注目が集まっています。 そんな『フルーツバスケット The Final』の10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。   『フルーツバスケット The Final』9話のおさらい 夾から突き放され、そこへやって来た慊人と遭遇する透。 慊人の孤独を感じ取った透は彼女を受け入れようとしますが、慊人は暴走を続 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレ【ドラケンの命の行方】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 武道は2人の喧嘩を止められましたが、パーと仲の良かったペーが何やら企んでいる様子。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『池袋ウエストゲートパーク』2話のあらすじとネタバレ

『池袋ウエストゲートパーク』は、アニメの他にもドラマや漫画、ミュージカルなどさまざまな分野で展開しています。

ドラマ版は2000年4月から6月に放送されていましたが、2020年10月からはアニメが放送開始。

気になる2話のあらすじとネタバレをまとめてみましたので、どのような内容だったのかチェックしていきましょう!

 

池袋ウエストゲートパークとは?


主人公の真島誠(マコト)は実家の果物店を手伝ういわゆるフリーターをしていたが、周りから依頼された難しい事件を次々と解決していく『池袋のトラブルシューター』という呼び名が。

池袋では有名な存在で、ギャングのリーダー『タカシ』も一目置いているほど。

 

原作は連作短編小説集で、略称は『I.W.G.P』。

2000年にはドラマ化もされており、長瀬智也さんはじめ、窪塚洋介さん・山下智久さん・妻夫木聡さん・高橋一生さんなど、著名な俳優陣によって絶大な人気を集めました。

※ドラマ版はキャラクター設定などが違うことが多く、原作通りではありません。ドラマは別作品として視聴する方が良いでしょう。

 

アニメ『池袋ウエストゲートパーク』1話の振り返り(ネタバレあり)

池袋の平和を守るために奮闘するトラブルシューター・マコト。

タカシとともにさまざまな問題を解決してきましたが、今回はミオンという子供に関わる問題のようです。

ミオンの母親は、ドラッグをしている男が運転する車に轢かれて入院中で、ミオンはその仕返しにドラッグ販売店に火をつけようとしたとのこと。

先日解決した暴走車の件もこのドラッグ販売店で購入した男が起こした件で、一連の事件のつながりを考えてなんとかしなければならないと感じたマコトは、警察署署長の横山にコンタクトを取ります。

どうやら新たに登場したドラッグが原因だそうで、マコトは販売店に乗り込むことに。

 

ミオンも連れてビルに乗り込みますが、普通の人ばかりで驚いた様子。

店員が「子供は立入禁止だ」と言うとミオンは近くにあった瓶を投げつけますが、その中には高級ハーブが。

それを見て怪しい店員が追いかけてきますが、間一髪のところで逃げ切ります。

逃げ切った先で出会った刑事の吉岡からビルのオーナーのオオコシの情報をもらい、とあるアパートに証拠があることが判明。

マコトとタカシが2人で向かうとドラッグ製造所になっていた現場を、証拠として収めていきます。

騒ぎのあと、押収した証拠をドラッグ販売店に持ち込み、横山に連絡。警察が販売店をガサ入れしてオオコシは無事に逮捕されました。

 

数日後、退院したミオンの母とミオンが現れ、あの事件のことは話していないから秘密にしてと言われます。

ガキ同士の約束だといってマコトが笑い、2人を見送りました。

しかし、裏で糸を引いていたであろう組織は姿を見せることはありませんでした。

2人の姿を背後から見つめる人物を除いて…。

関連記事
【池袋ウエストゲートパーク】1話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意) 人気のドラマがアニメ化!?

20年以上前に小説が発売され、実写ドラマで有名となった『池袋ウエストゲートパーク』。 こちらの作品が2020年秋からアニメ版として放送開始されました。 本記事では、アニメ版『池袋ウエストゲートパーク』 ...

 

アニメ『池袋ウエストゲートパーク』2話のあらすじとネタバレ

池袋の住民の幸せと秩序を守る『トラブルシューター』のマコト。

気になる2話では、もう1人のカリスマが現れます。

 

池袋に謎のダンサーが出現

池袋に突如現れたダンサー、尾崎キョウイチ。

キョウイチが率いる『レッドエンジェルス』は瞬く間に仲間を増やし、Gボーイズと並ぶほどの大きな組織に成長。

池袋のカリスマとして降り立ちます。

しかし、レッドエンジェルスにはあまり良くない噂が広がっていました。

その内容は、「ブラック企業に加担して、働く人を苦しめている」といったもの。

 

2話で中心となる『OKホールディングス』は、チェーン店『OKカレー』を経営している企業です。

そのOKホールディングスは人々のために安くて美味しいに加えてたくさん食べられるといった、満足度の高い食事を提供しています。

しかしその裏側は、働く人に厳しい労働環境でした。

低賃金や長時間労働は当たり前で、アルバイトのちょっとした些細なミスや数分の遅刻に対して、『憲兵』と呼ばれる怖そうな社員が体罰をしているのです。

アルバイトたちは賃金や残業代未払いを訴える他、退職をしようとすると謎の男たちから集団で暴行を加えられるという、卑劣な行為の被害者になっていました。

 

OKカレーでアルバイトをしているGボーイズのメンバーであるタカシを率いて、マコトはOKホールディングスの調査を開始します。

 

OKホールディングスの裏で糸を引くのはレッドエンジェルス?

アルバイトに対して暴行を加えるのは、レッドエンジェルスのメンバーではないか?という情報が入り、マコトとマサルはレッドエンジェルスの巣窟へと向かいます。

するといかにもガラの悪そうなレッドエンジェルスのメンバーが立ちはだかり、今にも殴り合いへ発展する空気に包まれましたが、そこに物腰の柔らかそうな男性が現れます。

その男は癒やし系のような雰囲気に似合わず、レッドエンジェルスの2番手『磯貝トモミ』であることが判明。

 

トモミはマコトの名前などを把握していて、何か用があるのかとたずねてきました。

マコトはキョウイチを出すように要求しますが、あいにくキョウイチは不在とのことなので帰路につくことに。

 

すると、近くで騒ぎが起きているようで駆けつけると、OKカレーのアルバイトでマサルの後輩のミツキが飛び降り自殺をしようとしていました。

マサルは必死に引き止めてなんとか自殺は食い止められたかのように思いましたが、近くで監視している憲兵の存在が怖くなり飛び降りてしまいます。

ビルの下には救急隊が待機していたので、命に別条はありませんでした。

 

この様子を見ていたマコトはOKホールディングスに乗り込む覚悟を決めます。

 

ついに尾崎キョウイチと対面!しかし…

集団暴行を受けたマサルは、都内の病院に入院していました。

情報を聞きつけたマコトは、病院にかけつけますが、怪我のわりには元気な様子。隣には自殺しようとしたミツキの姿もあります。

マサルがミツキをGボーイズに入れてあげれないかと提案しますが、なんとミツキはレッドエンジェルスのメンバーであることが発覚。

その後、ミツキのお見舞いに来た尾崎キョウイチと磯貝トモミらと対面することに。

 

実は、レッドエンジェルスはOKホールディングスと結びついていたわけではなく、彼らもまたGボーイズがOKホールディングスと手を組んでいるのではないかと疑っていたのでした。

誰かの手によって衝突させられていたと気づき、Gボーイズとレッドエンジェルスはこの件に関して協力することを約束します。

 

ついに現れた黒幕。2人のカリスマの結託!

ミツキの自殺騒動などが原因で、何か問題があるのではと疑いをかけられたOKホールディングスが記者会見を開きます。

しかし、社長は質問をはぐらかしたり過去に自殺した社員を憐れむように美談として話す始末。

ついに我慢できなくなったマサルはマコトとともに先日暴行にあったと暴露、記者会見は大きく揺れ動きます。

 

その日の夜、マサルは先日暴行してきた男たちに再び囲まれますが、隠れていたGボーイズメンバーとレッドエンジェルスメンバーが男たちを囲います。

この男たちは、どこのグループにも入れてもらえない無所属のギャングでした。

その場でタイマンを張ることになるのですが、ギャングの1人がキョウイチに刃物を振りかざし襲いかかります。

そこを松葉杖で阻止しようとするミツキでしたが、気づかれてしまい窮地に。

マサルがミツキを守るためにギャングを倒して、その行動を褒め称えます。

「Gボーイズに入らないか?」と問うと、キョウイチが「ミツキは大事なメンバーだからやめてくれ」と言います。

その言葉に感動したミツキは今までの孤独感を払しょくし、レッドエンジェルスとして強く生きていくことを決めるのでした。

 

その後のOKホールディングスは憲兵と呼ばれていた社員たちが逮捕され、社長は雲隠れするという結末に。

Gボーイズとレッドエンジェルスは池袋の西口と東口に別れますが、それぞれ共存していくことを決意したのです。

 

アニメ『池袋ウエストゲートパーク』2話を見たネットの反応

 

2話も1話から引き続き王道なストーリーなのですが、安定した感じが安心して見られる要素となっているようです。

 

まとめ

今回は池袋ウエストゲートパークの2話のあらすじとネタバレを解説しました。

怒涛の巻き返しの展開があるわけではないですが、落ち着いて見られるのでファンからの人気も高いです。

3話も期待していきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan