アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』1話のあらすじ、感想まとめ(ネタバレ注意)【痕跡がなければ犯罪ではない?】

小説、ミュージカル、舞台そしてアニメと様々なメディアミックス展開がされた漫画『憂国のモリアーティ』。

2020年秋からアニメ版の放送が開始されました。

本記事では、『憂国のモリアーティ』1話のあらすじや感想についてまとめていきます。

 

 

『憂国のモリアーティ』作品概要

19世紀末に、イギリスは産業革命によって技術的に大きな発達を遂げていた。

しかし、技術的な発達は進歩しているものの、昔から残る階級制度が変わらず根付いていた

階級制度により貴族が平民を支配する構図が相変わらず見られている状態であった。

 

技術が発達するものの人は成長しないそんな世の中に憤りを感じているウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、階級制度を打ち砕こうと動き出す

アニメ『憂国のモリアーティ』のキャラクター&声優を紹介!鬼滅の刃、アノ役をやっている人がいた!

憂国のモリアーティは、推理小説のシャーロック・ホームズ、 原作:コナン・ドイルシリーズの登場するキャラクター、ジェームズ・モリアーティを中心としたのものです。 歪んだ階級制度(パクスブリニカ時代)を壊 ...

 

『憂国のモリアーティ』1話のあらすじ(ネタバレ注意)

犯人の分析

19世紀末、産業革命により発達したイギリスでは変わらず階級制度が残っていた。

その頃、階級制度が影響してとある少年ばかりを狙った連続殺人事件が発生していて、その事件により市民は怯えていた。

また手掛かりを見つけることができず、犯人を野放しにしている状況に不満を覚える市民もいた。

 

ウィリアムとルイスは、この事件を見て犯人の手掛かりについて分析を始める。

まず被害者の子供たちと親の職業の関連性について触れる。

被害者の子供たちの親の職業はどれも貴族に関わる機会のある職業で、その親と仕事で関わった際に、犯人がその親の子供を直接見て狙いを定めていったと仮定した。

ただ被害者の子供の中に一人孤児がいたため、事件解決の糸口はそこにあると考えた。

事件の調査開始


モリアーティ家の長男のアルバートは被害者の子供ロディーの親の元を訪ね、話を聞いていた。

 

その頃、ウィリアムは道端で楽器を鳴らしてお金を稼ごうとしていた少年に接触する。

話を聞くと、その楽器は彼のものではなく知り合いのキャスの持ち物で、キャスは例の事件の被害者だった。

結果として、キャスの兄弟分であった彼が引き継ぐこととなった。

ウィリアムは、彼からキャスがどこで楽器鳴らしの商売をしていたが聞き出し、そこに向かうことにした。

 

教えてもらった通りに到着し、周囲を見渡して貴族が集うクラブハウスの窓からキャスのことを見ていた可能性が高いと分析する。

犯人への接触

ウィリアムはクラブハウスに実際に向かい、クラブの設立メンバーの一人であるアーグルトン伯爵に接触する。

接触するとすぐさま伯爵の身なりについて話を振る中で、どのブランドも犠牲者の親に関係のある会社のブランドのものであることを示唆させ、そこから趣味嗜好でコンサーティーナの音が好きなこと、子ウサギの肉が好きなことの話をしてキャスをイメージさせる会話を展開させる。

それにより伯爵はウィリアムが何かを掴んでいることを察する。

 

伯爵が半ば無理やりその場を離れた後もウィリアムは伯爵を尾行し、路地裏の隅に伯爵を追い詰めると、ルイスの加勢で伯爵を連行する。

伯爵を連行したのは、ロディーの父がウィリアムに依頼をして復讐の機会を与えてもらったからだった

ロディーの父が伯爵を殺害し、その時ウィリアムが事件があった痕跡がなければそれは犯罪ではないという言葉を残すのだった。

 

『憂国のモリアーティ』1話の視聴者感想

1話で世界観やストーリー設定がうまくまとめられていて、さらにキャラクターがかっこよく描かれていて見やすかったという意見が多く見られました。

アニメ化すると原作ファンにとってはどこか違うと感じてしまうケースも多々ある中、漫画とアニメとで導入の仕方をうまくすみ分けしたことで原作ファンにも受け入れやすいものに仕上がっているという声もあがりました。

 

『憂国のモリアーティ』1話の筆者感想

作画がしっかりしていて見やすく、人の黒い部分を取り除くというより己の欲望に忠実にありつつも過激な描写は避けているといった印象を持ちました。

謎解きの要素もあって、ミステリー系が好きな人にはかなり見やすい作品ではないかと思われます。

 

まとめ

イギリス産業革命時代の人の心の生生しい部分をオブラートに忠実に表現した『憂国のモリアーティ』。

ウィリアムが階級制度を壊すといいつつもなぜ殺人相談役(クライムコンサルタント)としての活動をしているのか、その点を踏まえてこちらの作品に今後も注目していきたいですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan