アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

『本好きの下剋上』の第23話「収穫祭のお留守番」のあらすじとネタバレ

『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』は、香月美夜の同名小説を下敷きにしたアニメで、突如死んでしまった本好きな女性が転生して、魔法世界で司書を目指して奮闘していく物語です。

ペーパーレス化が進む現代社会の中で、「本とは何か」、「本の価値とは」といった「本」そのものの在り方を問うてくる深い作品でもあり、幅広い年齢層から人気があります。

 

さて今回は、『本好きの下剋上』第二期23話のお話をご紹介していきます。

ネタバレを含むので、ネタバレはちょっとという方はご注意ください。

 

■『本好きの下剋上』前回までのお話を復習

前エピソード「ヴィルマと子供用聖典」(22話)では、タイトルからも分かるように、ヴィルマに焦点が当てられた話でした。

 

孤児院の子供たちに物語を語って聞かせるマインでしたが、ワードそのもののイメージがない孤児たちにとって、物語はただのそよ風同然のものでしかありませんでした。

そんな状況を打破したいと思ったマインは、文字だけの本ではダメ、絵本を作らなくてはと思い立ちます。

絵本を作る上で大切なのはやはり絵の質です。

そこで絵がとても上手なヴィルマにこの大役を任せようとするのですが、ヴィルマの男性恐怖症が邪魔して思うように作業が進みません。

しかし、意志の固いマインは、絵本用の材料(インク、ペン、紙、木など)集めに奔走します。

ヴィルマはこれを機に男性恐怖症を克服し、前進する決心をするのでした。

 

『本好きの下剋上』23話「収穫祭のお留守番」あらすじ(ネタバレあり)

前22話は主にヴィルマの話がストーリーの中心となっていましたが、この23話では再びマインに焦点が戻されます。

この23話「収穫祭のお留守番」の話はズバリ、図書室荒らし!そして荒らされた図書室の片付けの話になります。

平民でありながら青色組に選ばれたマインは収穫祭に出ることを楽しみにしていました。

しかし、貴族や神殿長はこれが気に食わず、マインを収穫祭に出さないために青色神官を放ちます。

彼は妨害校策としてなんとマインの命とも言える図書室を目茶目茶に荒らしてしまうのです。

荒らされた図書室を見て、愕然とし、怒りに震えるマインですが、これを機に自分の良いように本を整理することを思い付きます。

日本十進法に則って本を整理することに成功し、今まで以上に理路整然と本が並べられました。

これにはフェルディナンドも大いに感心しますが、同時にどこでこんな知識を得たのか不思議に思うようにもなります。

 

 

22話で試行錯誤していた絵本はどうなった?!

22話であれほど試行錯誤していた絵本は23話ではどうなったのかと言いますと、無事素晴らしいものが完成するに至ります。

出来上がった絵本をマインは商人のベンノに見せます。

素晴らしい出来の本を前に商人がビジネスについて語り出さないわけがありません。

すぐさまいくらで売るのかマインを問いただします。

売る気はさらさらなく、無償で孤児たちに提供することしか考えていなかったマインはベンノと激しい言い争いバトルを繰り広げます。

マインは一体どういうつもりでベンノに絵本を見せたのか、ちょっと分かりかねる部分もありますが、それがマインらしいところでもあるのでしょう。

マインとベンノの言い争いシーンは、『本好きの下剋上』の名物シーンにもなっていますが、このエピソードでも新しい言い争いをじっくり堪能することができます。

 

マインはやはり魔術書を見ることも触ることもできない?!

図書室にあるはずの魔術書がないことを訝るマインは、その理由を上の人に問いただします。

しかし、返事はいつもと同じく「魔力を持った貴族のみが魔術書を手にすることを許されている」というもので、マインはいくら魔力があっても平民なので魔術書を読ませるわけにはいかないというのです。

貴族と平民の身分差があらゆる場面で鋭い爪を立ててきますが、そんな身分差を跳ね飛ばして、どこまでマインが「下剋上」を頑張れるのか、期待したいところです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

『本好きの下剋上』23話「収穫祭のお留守番」は、ご乱心のマインが印象的なエピソードとなりました。

収穫祭へ出席できると期待に胸躍らせていたかと思えば、それが叶わず落胆してしまいます。

さらに、それに追い打ちをかけるかのような、大荒れに荒らされた図書館の悲惨な有様はマインの堪忍袋の緒を切ります。

頭から火を吹いて怒り狂うマインが居たかと思えば、自分の思い通りの図書館を新たに作り出せて有頂天なマインが居たりと、ちょっと躁鬱症状を疑いたくなる感情の激しいマインが実に印象的です。

マインが執着する魔術書の存在も気になるところです。

マインの持つ強力な魔力が魔術書によってより強大なものになってしまったらどうなるのでしょう。

マインが一丁前の司書目指して努力していく姿は今後も応援していきたいところですが、ちょくちょく出てくる伏線の存在も、今後しっかりチェックしていきたいところです。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan