アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ

漫画『鬼滅の刃』の最終回は舞台が100年後?!その評判は残念だった?

2016年から始まった、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による漫画(連載)『鬼滅の刃』も2020年5月18日発売の「週刊少年ジャンプ」24号をもってついに最終回となり、4年間の長きに渡って連載されてきたそのストーリーに幕を下ろしました。

総計205話という膨大なストーリーの最後を飾ったのがどんなストーリーだったのか、気になりますね。

今回は、漫画『鬼滅の刃』の最終回(最終話)についてまとめました。

実に評価が割れた最終回としても知られているので、その評判も明らかにします。

今記事はネタバレも含みますので、まだネタバレや結末を知りたくないという方はご注意ください。

 

漫画『鬼滅の刃』の最終回の舞台はなんと100年後?!

203話の最期で、炭治郎らは宿敵鬼舞辻無惨をようやく倒します。

これでいよいよ平和になるんだな(204話「鬼のいない世界」)と思っていたところで、今回の最終回が入ってきました。

その舞台はなんと100年後の現代というぶっ飛びの設定でした。

転生した人々、炭治郎や禰豆子らの子孫と思しき人物らが高校へ通う姿が描き出されます。

鬼もいなくなった平和な現代が映し出され、ハッピーエンドでこの『鬼滅の刃』は幕を閉じるのでした。


 

漫画『鬼滅の刃』の最終回!その評判とはズバリ・・・

『鬼滅の刃』の最終回は、これまでのダークなファンタジック要素がすっかり抜けて、平和で明るい未来が描かれていました
これに対して読者やファンはどういう感想をもったのか、見ていきましょう。

反対派

・これは酷い!
・わざわざ最終回にしなくて良くないか?!
・最後が残念過ぎる。もっと鬼を見たかった!
・最終回に描くことなのか?
・なんで舞台が100年後なの?炭次郎はどうした?
・平和は良いけど、現代は頂けない。
・付け足し感が半端ない。
・最後期待していただけに裏切られた感が凄い。

賛成派/擁護派

・最後は「転生」がテーマだったのかな?4年間お疲れ様でした。
・これは炭次郎が思い描いた理想郷だってことかな?
・設定を現代にしたってことは、まだ続きがあるってことかな?
・平和で良き
・これまでのダークな感じとのギャップがヤバいけど、救われた感あって良かったかも
・これはこれで良いんでないの?
・この世代にも「鬼」に代わる何かが待ち受けてるっていうことか?!
・転生して、結ばれて、本当に良かった。

 

漫画『鬼滅の刃』最終回に評判―【結論】あまりのギャップに読者が置いてけぼり状態に―

『鬼滅の刃』の最終回を読み終えた読者からの評価は2つに別れ、やはり『鬼滅の刃』の持っていた独特の世界観やダークさに惹かれていた読者にとっては受け入れがたいものが多々あったようです。

最終回で平和に転じたのは、ストーリー上自然な流れではありましたが、一気に100年時代が飛んだことに戸惑いを隠せない読者が多かったのは事実です。

これまでのストーリーのどこかに現代への繋がりが感じられていたのであれば、最後に伏線回収として現代をもってくるものアリだったのでしょう。

しかし、何の予告も無く、一種のドッキリのようにいきなり100年ワープさせられた読者は頭が付いていかないうちに最終回も終わっていたといった感じになってしまったのです。

だから「良くなかった!」といった意見が増えてしまったと考えられます。

 

漫画『鬼滅の刃』の最終回を考察

読者が指摘しているように、『鬼滅の刃』は実質前回の204話で終わりを迎えています

鬼ボスの鬼舞辻無惨の死とその後の登場人物たちの様子がそれを語っています。

本来であれば、そこで『鬼滅の刃』そのものも終わりを迎えて良かったはずです。

それをあえて1話伸ばし、更に時代もこの1話だけ100年後の現代を舞台にするという大胆な切り返しを見せたのには理由があったはずです。

漫画『鬼滅の刃』の実質最終回は204話

203話で世界を脅かしていた鬼という存在が消え、204話からは「鬼の居ない世界」として、鬼の居ない平和な世界が描かれました。

主に鬼退治に貢献した人々のその後が描かれています。

恋も描かれ、ゆくゆくはこの二人が結ばれるのであろうということも垣間見え、良い具合のまとまりとエンディングをみせるのでした。

つまり、ここで一度話が完結しているのです。

しかし、話はまだ続くということで205話が用意されているとしったファンは大いにこの205話に期待したことは想像に難しくありません。

漫画『鬼滅の刃』の最終回、205話に込められた筆者の想いとは?

「鬼退治でこと切れ、結ばれずに散って行った蜜璃と小芭内を転生させて晴れて夫婦にさせたかったからこの章を描いたのか?!」というヤケクソな反応すらあった話題の最終回ですが、この100年後の未来をあえて描いたのには何かしら理由があるはずです。

まず一つ考えられるのが、鬼退治と共に常にこの『鬼滅の刃』のテーマとなっていた「家族との絆」です。

この「家族の絆」、「家族愛」の最高の形がこの現代で具現化されているのではないでしょうか

炭治郎とカナヲが結ばれ、その血が脈々と受け継がれている100年後の未来は炭治郎の理想としたところなのではないかと考えられます。

これは、鬼退治に貢献し、多くを犠牲にしながら自己顕示欲も示さず、ただひたすら皆のため、妹のため働き切った炭治郎への作者なりのご褒美なのかもしれません。

鬼退治で多くを犠牲にしながら、自分たちは幸運にも生き残った、生き残った者の使命とは何かを伝える一節でもあったと言えるでしょう。

もう一つ考えられるのは、我々現代人も過去を見つめることは大切だというメッセージをここで筆者が発しているのではないかと考えられます。

大正という、令和からみても決して遠すぎない過去をテーマにし、最後に現代とリンクさせているあたりに、現代人である我々へのメッセージがあるように感じます。

過去を蔑ろにしてはいけない、過去からの繋がりで自分たちという存在がある、我々も自分の生を無駄にすることなく未来へ繋げていかなければならないといったメッセージを読み取ることもできるのではないでしょうか。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

漫画『鬼滅の刃』の連載は終わってしまいましたが、10月より劇場版が公開されるなど、まだまだ鬼滅熱は冷めません。

今後アニメの第二期が発表されるかもしれませんし、また連載が始まるかもしれませんし、まだまだ目が離せませんね。

漫画『鬼滅の刃』の最終回は、ご覧のように賛否両論で意見が分かれましたが、まだこれから読むんだという方は皆の意見に左右されずに、まず読んでみて下さい。

人それぞれ感じ方は違うので、「鬼滅の刃の最終回はつまらない!」が正解ということは決してありません。

「なぜ100年後の現代が舞台なのか」、「なぜこの章を書いたのか」など、自分なりに最終回を考えてみて下さい!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan