アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

『本好きの下剋上』のあらすじや主なキャラクター、声優を紹介!異色ファンタジーアニメの魅力を解説

異世界転生アニメの中でも、特に個性的な一作としてスマッシュヒットした「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」

すでにアニメ3期の制作が発表されるなど、大きな注目を集めるこの作品のあらすじや主なキャラクター、声優、見どころをご紹介します。

「本好きの下剋上」の世界観を、ネタバレ込みでサクッと知りたい方は必見です。

 

『本好きの下剋上』の概要・あらすじ

「小説家になろう」発の異世界転生アニメ

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」の原作は、Web小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿されたライトノベルです。

いわゆる「なろう小説」「異世界転生もの」と呼ばれるジャンルの作品ですが、「本作り」という異色のテーマが話題を呼びました。

本どころか紙すら普及していない中世ファンタジー世界で、本好きの主人公が奮闘していく物語です。

ユニークなテーマと深い世界観で人気を集め、書籍化されてシリーズ累計発行部数は350万部を突破。

全5部から成り、アニメ1期では第1部が、2期では第2部が映像化されました。

 

第1部:本が大好きな少女が「本のない異世界」に転生

主人公は、本を読むことが生きがいの女の子。

ある日彼女は「自室にいるときに地震が起き、倒壊した大量の本に埋まる」というかたちで死んでしまい、

気がつくと異世界の少女・マインとして転生していました。

そこは製紙技術もなく、本どころか紙1枚ですら超高級品、庶民は字が読める人もほとんどいないという中世ファンタジー世界。

さらに、「病弱で体力が全然ない」というハンデまで背負いながらも、マインは「本が読める世界」を目指して奮闘を始めます。

現代人としての知識を活かしながら、父の伝手で商人の協力を受けて、マインはまず紙作りに挑んでいくのでした。

 

第2部:神殿で印刷技術の確立のために奔走

高度な技術や知識を持ち、さらに「身食い」という特異体質であることが分かったマインは、神殿で保護を受けるために巫女見習いになります

神官長のバックアップを受けながら、本作りの次のステップとして「印刷技術の確立」に臨むマイン。

ですが、彼女の持つ知識や能力を狙う者たちによってさまざまな陰謀が巻き起こり、マインだけでなく彼女の周囲の人々までもが巻き込まれていきます。

『本好きの下剋上』の主なキャラクターや声優は?

マイン:井口裕香

「本好きの下剋上」の主人公で、現代人としての前世の記憶を持つ平民の少女。

小柄で病弱でありながらも、「本が読みたい」という一心で製紙技術や印刷技術の確立のために奮闘していきます。

また、現代人としての知識を活かして美容品やお菓子を作り出し、大人たちから大きな注目を集めることに。

本への愛と情熱でときには暴走しながらも、異世界の文明発展に大きく関わっていくことになります

声優を務めた井口裕香さんは2002年から活動する実力派で、近年は「宇宙よりも遠い場所」の三宅日向役などで知られています。

また、アニソンシンガーとしても活躍しており、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズの主題歌などを歌ってきました。

 

フェルディナンド:速水奨

マインの通う神殿の神官長で、貴族でありながら神殿で働いている謎の多い人物。

マインの保護者として彼女の活動をバックアップし、彼女を取り巻く陰謀から守ろうとします。

神殿編となるアニメ第2部では、物語のキーパーソンとなる存在です。

声優を務めた速水奨さんは長年アニメ界で活躍する実力派で、色気のあるイケメンボイスが魅力として知られてきました。

近年も話題作に多数出演し、ここぞという場面で存在感を見せています。

 

ルッツ:田村睦心

マインの家の近所に住む少年で、マインにとっては同い年の幼なじみ。

商人を目指しており、マインの紙作りに早くから協力してくれる存在です。

マインとの協力もあって無事に商人見習いとなり、ときにはマインの行動力に翻弄されながらも一緒に成長していきます。

演じた田村睦心さんはハスキーな声質で少年役を演じることが多い女性声優で、これまでに「バトルスピリッツ 少年突破バシン」の主人公バシンや「メイドインアビス」のナット、「小林さんちのメイドラゴン」の小林さんなどを演じてきました。

 

ベンノ:子安武人

服飾関係の商会を持つ商人で、マインとルッツにとっては師匠的な存在。

一筋縄ではいかない凄腕の商人で、マインたちを翻弄しながらも、その成長を支えていきます。

マインの圧倒的な才能を早くから見出した人物で、その後もマインによる技術の発展に商業面から大きく関わる重要人物です。

声優を務めた子安武人さんは、1980年代から活躍するベテランで、「楽しいムーミン一家」のスナフキンや「ケロロ軍曹」のクルル曹長、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のホッジンズなど、多彩なキャラクターを演じてきました。

 

トゥーリ:中島愛

マインの姉で、マインとは違いごく普通の女の子。

病気がちなマインの面倒をいつも見てくれる優しいお姉ちゃんで、マインからも「天使」と言われる癒しキャラです。

 

声を演じた中島愛さんは「マクロスF」のランカ・リー役などで知られ、その歌唱力を活かして歌手としても人気を集めています。

 

ギュンター:小山剛志

マインとトゥーリの父で、街の南門の管理を任されている管理職の兵士。

仕事では真面目な人間として知られていますが、娘たちのことになると親バカっぷりを発揮し、妻ともラブラブという家族思いの人物です。

 

声優の小山剛志さんはアニメ界のみならず、特撮「仮面ライダー」シリーズなどでも活躍する個性派声優です。

 

エーファ:折笠富美子

マインとトゥーリの母。

マインが転生したばかりの頃は、彼女に異世界での暮らし方や文化などを教えてくれる存在になりました。

また、病弱なのに暴走しがちなマインを優しく厳しく見守ってくれる優しいお母さんでもあります。

 

声優を務めた折笠富美子さんは多くの作品に出演する演技派で、近年も「新あたしンち」「リトルウィッチアカデミア」「コップクラフト」などの話題作に出演しています。

フリーダ:内田彩

商業ギルド長の娘で、マインと同じ「身食い」という病を抱える女の子。

その境遇からマインに興味を持ち、友達になります。

お金が大好きで、その情熱はマインの本への愛に匹敵するほどです。

声を演じた内田彩さんは「ラブライブ!」シリーズの南ことり役で広く知られており、声優ユニット「μ's」のメンバーとしても活躍してきました。

 

『本好きの下剋上』の見どころ・評価ポイント

「紙」「本」という文化の歴史を考えさせられる異色のストーリー

アニメ「本好きの下剋上」の最大の見どころは、何といっても異色のストーリー

バトルがメインとなる他の異世界転生アニメと違い、「紙や本の開発で文化面から異世界に革命を巻き起こす」という内容になっています。

まさに「下剋上」なマインの躍進が面白いだけでなく、文明の発展の中で「紙」「本」がどれほど重要な役割を果たしてきたかを、生々しく感じられるのがポイント。

文明と製紙技術、印刷技術の関係性など、学びの多いテーマにも注目です。

 

徹底的にリアルな奥行きを追求した異世界の世界観

ストーリーの土台となる異世界の描写も「本好きの下剋上」の大きな見どころ。

本作の異世界は、生活も社会構造もとにかくすべてがシビアです。

平民は職業すら自由に選べず、子どものマインは紙作りの道具すら満足に調達できない……

そんな厳しすぎる状況から、本への情熱を武器に少しずつ前進していくマインの奮闘に惹き込まれます。

リアリティのある厳しい中世ファンタジー世界と、その中で知識を武器に下剋上を果たしていくマインの力強さは必見です。

 

まとめ:世界観やストーリー重視の異世界転生アニメが見たいなら必見!

映像の派手さやアクションの爽快さではなく、緻密な世界観と重厚なストーリー展開で魅せてくれる「本好きの下剋上」。

ちょっと変わった異世界転生アニメが見たい方は、楽しめること間違いなしです。

どんどん躍進していくマインの活躍を、ぜひ見てみましょう!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan