アニメ

伏黒恵は『呪術廻戦』の真のヒロイン!?性格や強さ・能力を解説!

『呪術廻戦』の中でも、虎杖悠仁や釘崎野薔薇と並んで主要キャラクターとなっている伏黒恵。 クールな表情とその中に秘められた熱い思い、そして確かな強さで人気を集める伏黒恵ですが、 一部では「伏黒こそが『呪術廻戦』の真のヒロインだ!」という声もあります。 そんな伏黒恵の人物像や強さ、能力についてまとめました。   伏黒恵はどんな人物? 呪術高専の1年生/虎杖とは同級生 【誕生日】本日12月22日は伏黒恵の誕生日! ということで43話扉絵よりアイコンをプレゼント! おめでとう恵!#呪術廻戦 #Jujut ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』1話のあらすじとネタバレ【家出した女子高生と同居?!】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』1話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』とは 元々はKADOKAWAが運営する小説投稿サイトの「カクヨム」で連載を開始。 またたく間に人気とな ...

続きを読む

アニメ

アニメ『半妖の夜叉姫』せつなの過去について解説!第20話で明かされたこととは...

2020年10月から放送が開始され、2021年3月に最終回を迎えたアニメ『半妖の夜叉姫』。 第2期の制作も決定し、物語の今後の行方が気になります。 1期で明かされたせつなの過去についてや、まだ明かされていない謎もあり、ネットでも最終回を迎えてなお話題に。 今回は、アニメ『半妖の夜叉姫』せつなの過去についてもう一度おさらいしておきましょう。 せつなの過去は第20話で明かされました。   アニメ『半妖の夜叉姫』せつなの過去は20話で明かされた! 第20話で、ついにせつなの過去が明かされました。 元々 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』12話のあらすじとネタバレ【アイリーン・アドラーの本当の姿とは】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』1クール目の振り返り 大英帝国の全盛期、人間同士の差別は酷いものとなっていた。 ウィリアムは元々孤児院にいたが、弟のルイスと一緒にモリアーティ家に引き取られます。 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』1話のあらすじネタバレ感想!【慊人の壮絶な過去が明らかに!そして魚ちゃん花ちゃんの優しい友情に感動!】

高屋奈月による大ヒット恋愛漫画を映像化したアニメ『フルーツバスケット』。 その3期で最終章となる『フルーツバスケット The Final』の1話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 慊人の態度と紅野の呪いの秘密が明らかになった2nd seasonの結末から、物語はどのように動いていくのでしょうか…… 『フルーツバスケット 2nd season』のおさらい 透はさまざまな騒動を経て夾との距離が縮まり、 一方で由希は透との適切な関係を見つけて生徒会の真知と親しくなり、これまで自分を縛っていた慊人に初めて反 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『半妖の夜叉姫』第1話のあらすじや感想まとめ(ネタバレ注意)【あの犬夜叉が帰ってきた!】

2000年からアニメ放送がスタートされ人気を得た『犬夜叉』。そこに登場する犬夜叉の娘たちを描いた『半妖の夜叉姫』のアニメ放送が2020年秋から開始されました。

本記事では、『半妖の夜叉姫』第1話のあらすじや感想についてまとめていきます。

 

 

アニメ『半妖の夜叉姫』作品紹介

時は戦国時代。幼い頃に森の火事によって、妖怪と人間の血を引く半妖のとわとせつなは離れ離れになってしまう。

 

とわは時代樹の時空のトンネルをくぐり抜けたことで現代にタイムスリップし、そこで武道の道を歩んで女子中学生となる。せつなは戦国時代で妖怪退治を生業として生活していた。

彼女らと同じ半妖であり、かごめと犬夜叉の娘であったもろはも戦国時代で妖怪退治を生業とし、「化け殺しのもろは」の異名を取るほど実力が認められていた。

 

とわとせつなが別れて10年経ち、時空のトンネルが開かれたことでせつなともろはは現代に向かう。

時代を又にかける彼女たちの物語は一体どんな結末を迎えるのか。

 

『半妖の夜叉姫』第1話のあらすじ(ネタバレ注意)

 

令和の時代に通じる証拠

殺生丸の娘の日暮とわは、菅領の家来の宗久に捕らえられていた。宗久は、とわが持っていた教科書に記述されていた「令和」の時代について探ろうと問い詰めたが、歴史が変わることを恐れたとわは黙秘し続けた。宗久はとわの前に自転車のサドルを差し出すと、とわはつい反応してしまう。その反応を見た宗久は、とわが令和の時代のことを知っていることを悟る。

 

宗久は、十数年前に犬夜叉と共にいた東京からやってきたかごめが所持していたものだったと語る。

 

かごめたちの日常

かごめが犬夜叉と暮らすことを決めてから実に半年が経とうとしていた。

四魂の玉によって乱戦が続いていた頃と比べて平穏な日々が続いていた。

 

現在かごめと珊瑚は同じ村に暮らしており、珊瑚は弥勒と結婚して、金烏と玉兎という娘と翡翠という息子を授かっていた。

 

一方の弥勒と犬夜叉は、変わらず妖怪退治に従事しており、この日は山で封印していた妖怪が逃げ出したとの報告を受けて、情報収集を行っていた。情報によると、村人を襲っては首だけ持ち帰るとのことだった。

情報収集を続けていると、弥勒と犬夜叉の前に噂の妖怪「根の首」が現れた

 

桔梗の矢の調査

鉄砕牙で根の首を撃退したと思いきや、根の首は塚に逃げ出す。追いかけたが根の首は見つからず、塚には一本の矢が落ちていた。その矢の正体を調べようと楓に聞いたところ、その矢が「桔梗の矢」であることが判明した。

 

犬夜叉と出会う前に楓が封印した妖怪で、当時の桔梗は殺生をすることに抵抗があってとどめを刺していなかったとのことだった。

 

根の首の襲来

かごめたちが犬夜叉たちの帰りを待っていると、根の首が珊瑚の家を襲いに来た。

根の首は、「桔梗、四魂の玉を寄越せ」と言ってきた。

急いで弥勒と犬夜叉が駆け付けたものの再び逃げられてしまう。

根の首のセリフを分析したところ、根の首は長い間封印されていたことから、かごめを桔梗と勘違いしていたと断定する。

 

犬夜叉、かごめ、弥勒、楓は根の首の退治に向かった。

珊瑚の弟の琥珀も加勢した。

しかし、戦場が過去の合戦で根の首の養分が十分に溜まっていたため、倒してもキリがない状況だった。

そこでかごめが根の首の本体である根の部分を攻撃したらよいのではと提案する。

それを聞いて、楓は桔梗の矢を地面に向けて撃った。

すると首の根は逃げようとしたため、かごめが追いかける。

 

かごめが地面に降りると首の根の本体が現れ、かごめに攻撃を仕掛けた。

そのタイミングで犬夜叉が首の根の本体を攻撃し、撃退に成功した。

そして、かごめが破魔の矢で妖気を浄化して無事脅威と消し去ることができた。

 

もろはとせつなの助太刀

そして犬夜叉たちの過去回想から戻り、宗久はとわがタイムスリップをしていると踏んでいるが、「骨喰いの井戸」以外心当たりがある場所がなく、今は封鎖されているため、どのようにして通り抜けしているのか疑問に感じていた。

 

その時、もろはとせつながとわを助けようと現れた

そこで、宗久が「四つ目」という妖怪であることを知り、撃退しようとするが逃げられてしまったため、3人して屋敷を後にし、四つ目を追いかけた。

 

『半妖の夜叉姫』第1話の視聴者感想

犬夜叉が好きで見ていた人たちにとって、概ねが完結した犬夜叉のその後のストーリーであったため、あの頃の感動を思い出したと感じる意見が多かったです。

逆に言えば、1話では今後継続して視聴していくかまだ判断がつかないので、2話以降を見てみてから考えるといった人も多かったです。

 

『半妖の夜叉姫』第1話の筆者感想

かつて私が小さい頃になんとなくテレビをつけていると放送されていた名作の犬夜叉が、大人になった今形を変えて放送しているという事実に感動を覚えました。

 

様々な影響から逆風を受けている昨今のアニメ業界ですが、これまで作り上げてきたものが形を変えて帰ってくることで、当時の感動を思い出したり、今になって面白さを知ることで、世代を超えてコミュニケーションできるツールが増えていくと思うと、アニメの可能性は無限大だなと『半妖の夜叉姫』を見て改めて感じました。

 

まとめ

少年サンデー発の大ヒット作品の『犬夜叉』が形を変えて無限の可能性を秘めて『半妖の夜叉姫』という形で帰ってきました。

そんなこの作品の今後の動向が楽しみですね!

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan