アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『メジャーセカンド』の第17話「まさかの登板」のあらすじ(ネタバレ)

アニメ『メジャーセカンド』(MAJOR 2nd)は、満田拓也原作の同名漫画をアニメ化したものです。

2020年4月よりオンエアされており、人間関係やスポーツ魂がよく描けていると人気も高いです。

今回はアニメ『メジャーセカンド』の第17話、「まさかの登板」のあらすじをご紹介していきます。

ネタバレも含みますので、ネタバレが嫌だという方はご注意ください。

 

『メジャーセカンド』第17話の前に、第16話「繋がった想い」をおさらい!

 

3回裏で5点の失点を許してしまった仁科は、これ以上投てきはできないと降板し、急遽仁科の代わりに千里がピッチャーを務めることになります

大尾中学も4回戦からピッチャーを変えてきており、先発の世古に代わり出光が登板することになります。

出光の鋭いピッチングを前に手も足も出ない風林中学のメンバーは4回表でも3回裏の失点を取り戻すことはできませんでした。

4回裏で初登板の千里は良いピッチングで大尾中学の打者3名をアウトにします。

これに活気を得たメンバーは、続く5回表で粘りの勝負を見せます。

5回表の最初の打者はキャプテンの大吾で、粘りに粘ってフォアボールにし、1塁へと出塁します。

続く仁科は捨て身のバントで大吾を2塁へ送り、アニータも大吾を3塁へ送ることに貢献します。

関鳥はセンターヒットを放ち、大吾をホームへ戻すことに成功します。

ここで風林中学はようやく1点を取るのでした。

先ほどピッチングで活躍した千里もヒットを放ち点数へと繋げます。

5回表でようやく2点取れた風林中学は、このまま勢いに乗って攻めていこうと気持ちを新たにするのでした。

関連記事
アニメ【メジャーセカンド】第16話「繋がった想い」のあらすじ(ネタバレ)

アニメ『メジャーセカンド』(MAJOR 2nd)は、満田拓也原作の同名漫画をアニメ化したものです。 2020年4月よりオンエアされており、人間関係やスポーツ魂がよく描けていると人気も高いです。 今回は ...

 

『メジャーセカンド』第17話「まさかの登板」のあらすじ(ネタバレあり)

あらすじとネタバレ

 

5回裏、大尾中学の攻撃が始まります。

投てきは引き続き千里ですが、最初の打者にヒットを打たれ、どうも様子がおかしいです。

続く打者はエース道塁ですが、ここで千里はタイムを取り大吾にこれ以上投げられない旨を伝えます。

交代要員がない風林チームゆえ、なんとかこの回だけは千里に頼むと大吾は懇願します。

体力の限界で握力もすっかり弱弱しく、コントロールの効かない千里はなんとかボールを投げ続けます。

道塁はフォアボールとなり、1塁へと駒を進めてしまします。

「このままではいけないが、しかしどうしたものか」と思い迷う大吾に助け船を出したのは意外な人物でした。

それはだったのです。

自分が千里に代わってピッチングをすると言うのです。

この有り難い申し出を受け入れた大吾は、早速千里を引込め沢をマウンドに送ります

良い球を投げる沢でしたが、なかなか三振が取れず変化球を用いることにします。

沢にとっての最初の打者はフォークボールで三振となります。

続く打者にも変化球で応戦しようとしたところ打たれてしまいますが、太鳳がこれを上手くカバーしてアウトとします。

続く6回戦は表も裏も共にスリーアウトで得点に変化はありません。

最終回となる7回戦では、まずアニータがヒットを打って出塁します。

続く二人はアウトとなるも、睦子が粘りを見せ1塁へ駒を進めます。

2塁、1塁にそれぞれ選手がいる状況となった風林中学を大吾の父吾郎がじっと見守っているのでした。

 

試合展開を詳しく

 

5回裏(大尾中学の攻撃)

風林中学はピッチャーには引き続き千里を登板させます。

最初の打者にヒットを打たれ、続く道塁を迎え撃とうという時に千里はタイムを取ります。

体力は限界を超え、手に力が入らずボールコントロールができないことを大吾に伝えます。

大吾はこの回だけは耐えてくれと送り出しますが、道塁相手にフォアボールを取られ、出塁させてしまいます。

ここでがピッチャーを志望し、千里の代わりを務めることになります。

沢は良いピッチングで相手を抑え込みますが、なかなか三振が取れないため変化球を用いる作戦に出ます。

結果フォークボールで三振を取ることに成功します。

しかし、続く打者にも同じ作戦を取ろうとしたところ変化球を打たれてしまいます。

これを守備の太鳳が上手くカバーし、アウトにこぎつけます。

この回も無失点に抑えることができ、良い試合運びになっていると風林中学は勢いづきます。

 

6回表(風林中学の攻撃)

ピッチングで良い動きを見せた沢はバッティングでも冴えた働きをします。

エース道塁からヒットをもぎ取り出塁します。

しかし、続くキャプテンの大吾は内野ゴロにしてしまい、ゲッツーを取られてしまいます。

仁科は三振を取られ、ここでスリーアウトとなります。

 

6回裏(大尾中学の攻撃)

沢は変化球を上手く使いこなし、大尾中学の打者をスリーアウトにします。

ここでも無失点を守りきるのでした。

 

(最終回)7回表(風林中学の攻撃)

7回表の最初の打者アニータは道塁からヒットを打ち取り、出塁します。

丹波は三振に終わります。

続く関鳥はヒットを打つもののフライになり、アウトになってしまいます。

睦子はファールで粘りを見せます。

大吾の応援もあり、睦子は内野ゴロを打ち、大尾中学の守備ミスもあって1塁へと進みます。

 

■仁科から千里へ、そして千里から沢へ

 

ピッチャーが目まぐるしく交代する今回の試合では、睦子が試合数制限のため登板できないこともあり、イレギュラーメンバーの登板が目立ちます。

しかし、皆それなりに実力を蓄えてきたメンバーです。

急な登板にも臆することなく、最後の力を振り絞って投げ切れるところまで投げています。

弱音を吐かずに、自ら進んでやるというのは観ていて気持ちの良いものです。

更に、急な変更で練習もままなっていないにも関わらず、きっちり無失点を貫き通す千里と沢には脱帽します。

相手にも疲れているなんて悟られたくないと無理をしてピッチングするのではなく、「これ以上のピッチングはできない」ときっちりキャプテンに伝える千里の正義感と正直さも素晴らしいです。

仁科や大吾には、時折ちょっとしたプライドやエゴといったものが見え隠れしますが、他のメンバーにはそういった邪念が一切感じられず、これがチームを一丸とさせる接着剤的な要素にもなり得ているのだろうと感じます。

一人が皆の為に、皆が一人の為に」という熱き想いが自然と溢れ出ている、良いチームと言えます。

 

 

■試合結果が気になる!どうなる風林中学?!

 

試合展開は依然として大尾中学優勢ではありますが、沢がピッチャーとして登板して以来、大尾中学の攻撃が弱まったようにも感じます。

これは、少しのリードを守り切って優勝する三段なのでしょうか。

風林中学は今勢いにも乗り、チームが良い感じにまとまっている状態です。

このままいけば、7回表で得点を重ね、同点、逆転の可能性だってまだまだあります。

ピッチングが上手くいかずしょぼくれている仁科もそろそろバッティングで良いところ見せて欲しいものです。

ここで彼がホームランなど打てれば、大量得点も狙えなくはないでしょう。

どんな試合展開になるのか、今後が楽しみです。

 

 

■おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

千里からのSOSで沢がピッチャーを務めることになった風林中学ですが、怪我の功名と言いますか、これが功を成し、沢は5回裏(途中)、6回裏を無失点に抑えることに成功しています。

あとは攻めて得点が取れれば風林中学に勝機は十分あると言えます。

まだまだ実力が出し切れていないであろう大吾や仁科が最後の回で良いバッティングを見せてくれることに期待したいです。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan