アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のネタバレ考察 鮮やかに描かれる「生」の物語

「京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した小説を原作に、京アニが圧倒的なクオリティで映像化したことで話題になったアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

その完結編となる劇場版は、公開からわずか2週間で興行収入10億円を突破するなど、圧倒的な支持を集めています。

そんな『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじネタバレや考察をご紹介します。

 

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじネタバレ

一人の少女が辿るヴァイオレットの歩み

祖母アンの葬儀を両親とともにとり行った少女デイジー・マグノリアは、

大事な祖母の葬儀の直前・直後ですら仕事に追われる両親に嫌気がさしていました。

そんなデイジーでしたが、アンの遺品の中に、特徴的な赤い封蝋のあるたくさんの手紙を発見。

それは、アンの母、デイジーにとってはひいおばあさんであるクラーラからアンへと贈られたものでした。

若くして亡くなったクラーラが、自身の死後アンに毎年届くようにと、

今は廃れてしまった職業である代筆業「自動手記人形(ドール)」に手配したという手紙の数々。

手紙の文面に確かな愛情がこもっていることを感じ取ったデイジーは、手紙を代筆したドールの存在に興味を持ちます。

 

デイジーはそのドール「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のことを知るために、

ライデンという街のC・H郵便社へと向かうのでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【キャラクター紹介 1】 ヴァイオレット・エヴァーガーデン CV: 石川由依 ギルベルトに告げられた「愛してる」の意味を知るために、人の想いを手紙にする自動手記人形(ドール)の仕事に就いた少女。 C.H郵便社で働く以前は、感情を持たない「武器」としてギルベルトが指揮する部隊に所属する兵士だった。 代筆を通じてさまざまな感情を知りながら、いまもなおギルベルトへの届かない想いを募らせている。 #ヴァイオレットエヴァーガーデン #violetevergarden #石川由依

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公式(@violetevergarden_movie)がシェアした投稿 -

ある少年からの依頼

ヴァイオレットがドールとして生きていた時代。

彼女には、「武器」でしかなかった自分に愛情を注いでくれたギルベルトと戦場ではぐれ、

彼の生死や消息を知ることができないまま終戦を迎えたという過去がありました。

戦後はギルベルトの親友だったホッジングが社長を務めるC・H郵便社に迎えられ、

ドールとして働きながら、それまで知らなかった「愛」などの感情を学んできたヴァイオレット。

今では有名なドールになっていた彼女は、ある日一人の少年から電話で代筆の依頼を受け、その依頼を引き受けます。

 

その後、ギルベルトの兄であるディードフリードが郵便社へと訪ねてきて、

「弟のものだった本などがあるか、引き取りたいか」とヴァイオレットに聞くと、彼女は食いつくように欲しいと答えるのでした。

普段は静かであまり表情を変えないヴァイオレットの激変に、周囲の人々は驚きます。

 

その頃、ある島の中の町では、一人の男性が少年から手紙の代筆を頼まれていました。

男性は少年のお願いに応え、自身の字で手紙に文字を刻んでいきます。

 

ギルベルトは生きていた?

電話で代筆の依頼を受けた少年・ユリスのもとへ向かうヴァイオレット。

そこは病院で、重い病気を患っていたユリスは長く入院していました。

家族にも内緒で、自分の死後に家族や友人に送るための手紙を書いてほしいというユリス。

ヴァイオレットはその依頼を受け、日に日に弱っていくユリスと、手紙を書き進めていくのでした。

 

別の日、ヴァイオレットはディードフリードとの約束通り、ギルベルトの私物を引き取りに来ていました。

ギルベルトの昔のおもちゃや本をヴァイオレットに与え、兄弟の昔話も聞かせてくれたディードフリート。

引き取ったものを愛しそうに抱えて帰るヴァイオレットを見送りながら、ディードフリートは何か考えるような表情を見せます

 

また別の日、ホッジングは宛先不明の郵便物の中から、戦友ギルベルトの筆跡にそっくりの手紙を見つけます。

彼が生きているかもしれない可能性を感じたホッジングは、

ヴァイオレットにも未確定の情報だと前置きした上でそのことを告げます。

それを聞いて、いつになく興奮した様子のヴァイオレット。

期待と不安が入り混じった感情を抱えながら、夜も眠れないまま、一人で星空を見上げて思いを馳せるのでした

大切な人との再会

ギルベルトが書いたと思われる手紙の送り元の島へとやってきたヴァイオレットとホッジング。

そこでギルベルトとついに再会を果たした2人でしたが、ギルベルトは過去をすべて捨てていました

ヴァイオレットにすら冷たい言葉を吐き、拒絶するギルベルト。

ショックを受けたヴァイオレットは泣きながら立ち去り、ホッジングは変わり果てた戦友を怒鳴って彼女を追います。

実は、ギルベルトは自分がヴァイオレットを兵士として使ったことで彼女の運命を変えてしまったと負い目を感じており、

自分がいない方がヴァイオレットは幸せになれると考え、過去を捨てて彼女を拒絶したのでした。

ギルベルトとの悲劇的な再開にショックを受け、ふさぎ込むヴァイオレット。

そんなとき、島の郵便局にC・H郵便社から電報が入り、ユリスがもう危険な状態だと知らされます。

ヴァイオレットは同僚のドールであるアイリスたちに頼み、病院へと向かってもらいますが、

ユリスはもはや代筆のための言葉を語れる状態ではありません。

そこで、アイリスたちは電話を使ってユリスと友人のリュカをつなぎます

その機転のおかげで、ユリスは大切な友人に想いを伝えることが叶って息を引き取るのでした。

 

幸せな日々へ

その翌日、ヴァイオレットたちは島を去ろうとします。

ヴァイオレットはギルベルトに手紙を書き残し、島を出る船へと乗りました。

手紙はすぐにギルベルトのもとへと届けられ、そこにはヴァイオレットの想いが飾らない言葉で綴られていました。

さらに、ディードフリートも島に来ており、自分から見たヴァイオレットの様子と、彼女がどれほどギルベルトのことを想っているかを伝えます。

ついに動き出し、港へと駆けていくギルベルト。

船はもう出航直前でしたが、自分を呼ぶギルベルトの叫び声を耳にしたヴァイオレットは、

海に飛び込んで島へと戻ります。

ヴァイオレットは必死にギルベルトへの想いを語り、ギルベルトもそれに応えて「愛している」と告げ、2人は抱き合うのでした。

 

その後はC・H郵便社を退職し、ギルベルトの住む島へと移り住んだヴァイオレット。

彼女は島でもドールとして働いて生涯を送り、今では島を象徴する存在として、記念切符にはその姿が刻まれていました。

そんな彼女の軌跡を辿り終えたデイジーは、自身も両親への感謝と愛を手紙に綴り、ポストに投函するのでした

 

ヴァイオレットとギルベルトの幸せそうな姿を映しながら、物語は幕を閉じます。

 

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の感想・考察

言葉を失うほどの感動

アニメシリーズや外伝を通してこの劇場版を観ると、そこには言葉を失うほどの感動があります。

物語の集大成・ラストにふさわしい圧倒的な劇場版ではないでしょうか。

ドールとしてのヴァイオレットの働きを描きながら、ストーリーの主題であった「ヴァイオレットとギルベルト」の関係も描き切る。

そこに「京アニクオリティ」の究極形のような作画が合わさることで、間違いなく心を揺さぶられます。

ストーリーにより奥行きを与えているのが、「表情」の描写

もはや「アニメ」「絵」を超えた圧倒的な演出で、そこに生きたヴァイオレットがいて、感情を見せているようにしか見えません。

「キャラクターに命を吹き込む」ことを体現しているような作品です。

 

温度までもが伝わってくる圧倒的な映像表現

キャラクター描写ももちろんですが、街並みや空など背景の映像表現も本作の重要ポイント。

その緻密さ・繊細さは、水の冷たさや陽射しの暖かさなど、温度までもが伝わってくるようです。

これらの背景描写はストーリー展開とも結びついていて、光のさし方、構図など、あらゆる要素が登場人物たちの心情を示しています。

特にギルベルトを象徴するものとして「夕日」の表現が印象的に映りました。

テレビアニメ版でも、ギルベルトを表現するものとして「夕日」が描かれていましたが、

本作でも彼と夕日がセットで描かれて、その心情を表す役割を果たしているようなシーンがあります。

こうしたシーンでも、京アニの圧倒的な表現技術が演出に説得力をもたらしていました。

 

「死」の気配があるからこそ「生」が輝く

本作のストーリーでは「死」がひとつの重要な要素となっています

冒頭で描かれたアンの葬儀、そしてユリスの死。

また、デイジーの生きる現代ではすでに手紙やドールは廃れた(=死んだ)文化・仕事であり、

ヴァイオレットの生きる時代にも「電話」が手紙やドールの限界を超えるものとして描かれていたりと、

「死」の気配があることがうかがえます。

しかし、だからこそヴァイオレットが「生きている」ことがより鮮明に映ると言えるのではないでしょうか。

デイジーの生きる現代のストーリーがあることも、ヴァイオレットがどのように「生きた」かを観客に想像させて、その軌跡を際立たせています。

 

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のネタバレ考察まとめ

ヴァイオレットの生きた軌跡を、圧倒的な臨場感と温度感で描き切った『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

作中ではヴァイオレットの過去や登場人物の関係性も分かるように描かれているので、

テレビアニメ版を観てきたファンはもちろん、本作がシリーズ初見の方も楽しめるようになっています。

映画史に残る傑作に仕上がっているこの作品を観れば、心が震えること間違いなしです。

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan