アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレ【マイキーとドラケンの真の姿とは】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返り 12年前に戻って武道は日向と楽しい時間を過ごしますが、直人と手を握ってしまったために元の世界に戻ってしまいました。 過去を変えたことで未来が変わり、 ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今回は、夾への想いや母への愛を抱えて葛藤しながら揺れ動く透が描かれます。   『フルーツバスケット The Final』5話のおさらい 少し前まではまるで小学生のように小さくて可愛かったのに、いきなり急成長を遂げた紅葉くん。 背が伸びても無邪気さは変わっていませんが、「僕だって男なんだ」と語るなど、心 ...

続きを読む

アニメ

『キングダム』3期6話のあらすじネタバレ感想!【騰が圧倒的に強い!項翼の切り札・莫邪刀にも注目?】

秦の王・嬴政(後の秦の始皇帝)と彼を支える若き武将・信を中心に、中華統一が果たされるまでの壮大な戦いを描いた歴史アニメ『キングダム』。 その第3期の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 蒙恬と王賁、項翼と白麗の若手武将の激突に続いて、臨武君と騰の大激戦がくり広げられます……!   『キングダム』3期5話のおさらい 魏軍の巨大な井闌車から函谷関に梯子がかかり、動揺する秦軍。 しかし、函谷関を守る将軍・桓騎は兵たちを一喝し、油の詰まった樽をいくつも井闌車に投げ込ませ、そこへ火矢を放って爆発炎 ...

続きを読む

アニメ

『86 エイティシックス』5話のあらすじネタバレ感想!【シンの兄や異能について明らかに!レーナの過去にも注目!】

電撃小説大賞の大賞作品として大きな話題を集め、シリーズ累計100万部超えの大ヒットを記録しているライトノベルをアニメ化した『86 エイティシックス』。 その第5話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 明らかになったシンの兄の存在と、レーナの過去。さらにシンの「異能」についても詳細が分かります……   『86 エイティシックス』4話のおさらい レーナを激しく罵倒したことを後悔するセオ。 一方で、自身の思い上がりを知ったレーナは、それでも自分の信じる理想や正義を捨てることができず、 再びシンにパ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレ【沙優と後藤先輩】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 ファン待望のアニメ化で、待ち望んでいた人も多いアニメです。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を読んでいます。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』5話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優は吉田にバイトをしたいと頼み、近くのコンビニで働くことになりました。 そして ...

続きを読む

アニメ映画

『火垂るの墓』にまつわる5つの都市伝説……話題を呼んだ疑問点を考察!

「火垂るの墓」といえば、戦争の悲劇を描いた名作として誰もが知っているアニメ映画ですよね。そんな「火垂るの墓」について、内容や制作背景にまつわるさまざまな都市伝説が噂されてきました。今回は、「火垂るの墓」の有名な都市伝説を5つご紹介します。

 

戦争映画の名作「火垂るの墓」

野坂昭如の短編小説として1967年に発表された「火垂るの墓」は、太平洋戦争末期で空襲が続く神戸を舞台に、14歳の少年清太と、その妹で4歳の節子を描いた作品です。

1988年にはスタジオジブリによってアニメ映画化されて、戦争の悲惨さを子どもたちの視点から描いた傑作として大きな話題に。公開から30年以上が経った今でも、日本人なら誰もが知る名作として語り継がれています。

涙なしでは観られない悲しい感動作としても、戦争を生々しく描いたちょっと怖い作品としても知られる「火垂るの墓」ですが、その内容についてはさまざまな都市伝説が語られてきました。なかでも特に有名なエピソードを見ていきましょう。

 

「火垂るの墓」の都市伝説①節子の死因は栄養失調じゃない?

「火垂るの墓」で特に強烈に印象に残るのが、節子がたった4歳という幼さで衰弱死していくシーンです。それまでの無邪気な笑顔を見ているからこそ、あまりにも残酷な最期にショックを受けた方も多いのではないでしょうか。

そんな節子の死因は、一般的には「栄養失調」だという見方がされていますが、「本当の死因は有毒物質ではないか」という説も語られてきました。その理由として挙げられているのが、劇中で何度も描かれる「節子が目の痛みに苦しんでいる」描写です。

清太と節子の住む神戸には軍の工場があり、空襲のターゲットになっていました。その工場にある有毒物質が空襲によってまき散らされて、それを浴びたせいで節子は体調に異常をきたすようになっていき、最後には体力が落ちて死んでしまった、という考察がされています。

この話が本当だとすると、清太はどんなに頑張っても節子を救うことはできなかった、ということになります。

 

「火垂るの墓」の都市伝説②節子と清太は幽霊だった?

「火垂るの墓」の劇中では、背景が真っ赤になるという、他の場面と比べて異質なシーンがたびたび挟まれます。そして、これらのシーンは「清太と節子の幽霊が自身の記憶を見つめている」ものだと高畑勲監督が明言しています。

このことから、「火垂るの墓という映画自体が、清太と節子の幽霊の記憶をたどっている話なのでは?」という考えが広がってきました。

冒頭で古いサクマ式ドロップスが新しくなる(記憶の巻き戻しを表現している)描写があること、清太の「僕は死んだ」という語り口から始まるナレーションなど、2人がすでに死んでしまった幽霊であることを連想させる演出はいくつもあります。

清太たちが幽霊になってくり返し見ているのが辛い戦争の記憶だと思うと、あまりにも悲しいですね。

 

「火垂るの墓」の都市伝説③節子が「千と千尋の神隠し」に登場していた?

「火垂るの墓」と同じくスタジオジブリの代表作のひとつ「千と千尋の神隠し」。その劇中、水上の駅のシーンで、おかっぱ頭の少女が誰かを待ち続けているような描写があります。この少女がどことなく節子に似ていることから「節子が死後に清太を待っているのでは?」という考察がされてきました。

「千と千尋の神隠し」で描かれるのが神の世界であり、都市伝説②で清太と節子が幽霊になっている説があることを踏まえると、あり得る話かもしれませんね。

 

「火垂るの墓」の都市伝説④テレビで放送されなくなった理由は?

ジブリを代表する名作のひとつとしても、戦争の歴史を伝える作品としてもよくテレビ放送されてきた「火垂るの墓」。ですが、その放送回数はだんだん減ってきています。

その理由のひとつとして考えられているのが「視聴率の低下」。2000年代前半ごろまではほぼ毎回15%以上、ときには20%以上という高い視聴率を記録してきましたが、以降は1桁台に下がっています。

テレビでは視聴率が大切だからこそ「視聴率がとれないから放送しない」というのも仕方ないことですが、歴史を学ぶ意味でも重要な作品が観れなくなっていくのは残念でもありますね。

また、「子どもの死」というショッキングな内容を題材にしていて、さらに劇中では清太と節子の母親が空襲でグロテスクな怪我を負った姿がはっきりと描かれたりと、今の地上波テレビで放送するには難しいシーンもあります。こうした内容も、なかなかテレビで放送されなくなった理由なのかもしれません。

 

「火垂るの墓」の都市伝説⑤実話がもとになっている?

「火垂るの墓は実話にもとづいた話なのでは?」という都市伝説もありますが、これはある程度本当のことのようです。

原作の作者である野坂昭如は、この話の制作背景として、戦時中に亡くなった自身の妹のことを語っています。当時まだ1歳半だったという妹は、食糧が乏しい中で衰弱していき、最後には痩せ細って亡くなってしまったそうです。

また、実際の自分は幼い妹に対して、兄として優しくない対応をしていたという話も。さりげなく自分の方が多く食糧をとったり、泣き止まない妹の頭をたたいて脳震とうを起こさせたりしたと語っています。

「火垂るの墓」で清太が最後まで節子に優しいのは、作者自身の「もっと妹に優しくしてあげればよかった」という後悔と贖罪の気持ちも込められているそうです。

一方で、兄として妹の遺体を荼毘に付したり、その遺骨をドロップ缶の中に入れたのは事実だと語られています。この話からは、当時の過酷な現実がより生々しく伝わってきますね。

 

まとめ:名作だからこそ話題を呼ぶ「火垂るの墓」

リアリティのある考察が展開されている「火垂るの墓」の都市伝説の数々。公開から長く経ってもこれだけ話題や議論を呼び続けているのも、「火垂るの墓」が不朽の名作だからこそですよね。

こうした都市伝説を知ったうえで作品を観てみると、また新しい気づきや学びがあるのではないでしょうか。ぜひもう一度「火垂るの墓」を観てはいかがですか?

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan