アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

新世紀エヴァンゲリオンの世界観に分け入る!宗教的要素からの考察

1990年代のアニメブームを牽引した「エヴァ」こと「新世紀エヴァンゲリオン」は、2020年にも新劇場版の公開が待たれるなど、今なお絶大な人気を誇っています。

これほどまでの人気を誇る理由には諸説ありますが、独特の世界観に引寄せられる人が多いからだと言われています。

しかし、その独特の世界観は時にややこしく、複雑で、観客を混乱させることもあります。

用語も哲学的なもの、宗教的なものが多く、「うーむ」と悩んでしまうこともあるのです。

 

そこで今回は、複雑なエヴァンゲリオンの世界観を宗教的観点から考察していきます。

 

そもそもエヴァンゲリオンとは?大まかなストーリーをチェック

 

エヴァンゲリオンの世界観について話を進める前に、そもそもエヴァンゲリオンとはどんな話なのかを確認しておきましょう。

 

舞台は2015年の日本。

15年ほど前に起きた大災害、セカンドインパクトで受けた大被害から徐々に日常を取り戻し、生活を再建しているところに使徒と呼ばれる敵がやってくる。

使徒は神のような存在のもので、地球の生命体の進化を阻止すべく送られてきたものであった。

この使徒に対抗すべく、人間は科学の全てをつぎ込んで戦闘兵器である人造人間EVAを製造する。

このパイロットに選ばれたのが主人公の掟シンジ(14歳)とその仲間たち。

使徒との壮絶な戦いの中で仲間と死別し、負傷し、「正義とは何か」を自問自答するシンジは徐々に精神が苛まれ、使徒の目的との間で苦悩する。

最終決戦の中で、シンジは元の世界に戻ることを選び、使徒との決着を付ける。

 

 

これがエヴァンゲリオンの大まかなストーリーになります。

 

 

エヴァンゲリオンはキリスト教的要素が強い作品?!

 

エヴァンゲリオンにはキリスト教の名称やキリスト教に関するワードが沢山出てきます。

 

そもそも「エヴァンゲリオン」というタイトル名も「福音」という意味なのです。

「福音」と言えば、「マタイの福音」などを思い出される方もいるでしょう。

タイトル名に「福音」、すなわち「喜びを伝える知らせ」という意味が用いられている時点でキリスト教的な匂いがプンプンしますが、シンジたちの脅威となる「使徒」もキリスト教のものです。

キリスト教的な説明をするのであれば、「使徒」とは先の福音を伝える為にイエスに選ばれた人物のことです。

エヴァの「使徒」にはそれぞれ名称が付けられているのですが、これがほぼ全てキリスト教の天使の名前になっています!(7番目の使徒のみイスラム教の天使の名が用いられています。)

他にもNERV本部に設置されているコンピューターの名前にも東宝三賢人の名が用いられているなど、細かなところまでキリスト教に関するワードや名前が登場しています。

 

エヴァの世界観はキリスト教のアポカリプスに匹敵する?!

 

エヴァンゲリオンの世界は、大震災で多くの生命を失い、世界もボロボロの状態からなんとか人類を存続させていこうとする段階を描いています。

人類存続のためにはより強い、強靭な「完璧な人間」が必要と考えるゼーレという秘密結社も登場し、人類存続にかける必死さがヒシヒシと伝わってきます。

「完璧な人間」を作り出すためには、今ある科学技術の全てをつぎ込み、大幅に人間が進化する必要があるという考えが広まりつつある中で、「それは誤りである」と、元より地球に生命を芽吹かせた神的存在の使徒が進化を阻みにやってきます。

これが結果として大戦争となり世の終わりを彷彿とさせるわけなのですが、この流れがキリスト教の黙示(アポカリプス)に酷似しているのです。

エヴァでは、天使によって未来の幻がもたらされ、それが結果として終末へと繋がっていく、いわゆる最期の審判とも言える、人類及び地球の存滅を掛けた戦いが描かれているというわけです。

 

ノストラダムスの大予言とエヴァンゲリオン

 

「1999年7月人類は滅亡する」という予言は大変有名ですが、この予言に少なからず影響を受けた作品がエヴァンゲリオンとも言えるのです。

 

ノストラダムスの大予言は、地球規模の環境汚染、全面的な核戦争(大震災)によって人類が滅びると予言しており、この部分は多くの人に強いインパクトを与えました。

しかし、予言には続きがあります。

「恐怖の大王」(目視できないもの)の出現の前に「別のもの」が現れれば人類は救われるというのです。

人類を救うのは「日の国」とも言っています。

つまり、キリスト教文化に対する東洋思想に人類滅亡を阻む鍵があると言っているのです。

 

さて、エヴァンゲリオンの方に戻ります。

2000年に起きた大震災で人類存続の危機に瀕している世界は、既にノストラダムスが予言した「大震災で人類が滅亡する」に匹敵する部分となっています。

更にその世界に追い打ちをかけるようにやってくる使徒は神的な存在と形容されますが、目に見えない「恐怖の大王」のようなものとも捉えられるのではないかと考えられます。

人類を救うのは「日の国」というのも、エヴァンゲリオンの舞台が「日本、第三新東京市」となっているのも偶然ではないでしょう。

「恐怖の大王」の出現の前に「別のもの」が現れれば人類は救われる、さらにそれは東洋思想に関係があるという部分では、シンジ本人の精神世界がそれに相当すると考えられます。

苦悩の中で「正義とは何か」「自分はどうすべきなのか」という一種哲学的なテーマにぶつかり、すっかり精神を病んでしまうシンジの精神世界の中に解決策があるという流れになっていました。

だから最後に「おめでとう」という祝福の言葉が送られたのでしょう。

「東洋人の精神世界=東洋思想」とすぐに結び付けられるわけではありませんが、シンジの中に生命に対するキリスト教的要素が一切なかったこと、これが使徒を退けた大きな理由だったのかもしれません。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

キリスト教的な要素の多いエヴァンゲリオンは、一見宗教戦争を描いているような作品にも、キリスト教の終末思想を描いている作品にも見えます。

しかし、舞台が日本であること、描かれた時期が1999年に近かったことを鑑みるに、ノストラダムスの大予言に大きな影響を受けた世界観を持つ作品であったということが分かりました。

エヴァンゲリオンの世界観については諸説あり、どれが正解というのはありません。

しかし、キリスト教的要素に加え、ノストラダムスの大予言は少なからずエヴァの世界観に影響を与えていると言うことはできるでしょう。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan