アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ映画

ジブリ映画『崖の上のポニョ』そうすけはなぜ両親を呼び捨てするのか? 時代の変化が影響していた!?

2008年7月19日にスタジオジブリのアニメ映画『崖の上のポニョ』が劇場公開されました。

こちらの作品は約1,200万人を動員し、興行収入約155億円を達成しました。

これまでのジブリ作品の中では4番目に高い人気を誇った作品となりました。

『崖の上のポニョ』に登場する少年のそうすけは、なぜか母親のリサと父親の耕一のことを呼び捨てで呼んでいます

このことについて、『崖の上のポニョ』を見た人からは以下のような感想が述べられています。

このように、実の両親を呼び捨てするのに批判的に感じた意見や本当に実の親子か怪しむような発言が多くみられました。

なかなか両親を呼び捨てで呼ぶ家庭というのは一般的ではなく、お父さんやお母さんと呼ぶ家庭が一般的でしょう。

本当になんの考えもなく呼び捨てで呼んでいるのなら、誰しもちょっと希薄な関係の家族だと感じてしまうでしょう。

本記事では、なぜそうすけが両親を呼び捨てするのかについて分析していきます。

 

 

そうすけが両親を呼び捨てすることに対する宮崎駿監督の考え方

 

2008年の日本の時代背景

この謎を解き明かすためには、宮崎駿監督がこの頃考えていた日本の時代の変化について触れていく必要があります

 

それまでは家族とは温かさの象徴であり、お母さん、お父さんという呼び方に特別な絆が込められていました。

『崖の上のポニョ』が公開された2008年というのは日本の家庭や社会情勢、地球環境等を見直す傾向が見られ始めた時期でした。

それまで以上に個人個人が能力を発揮することが必要と考えられ始め、考え方という視点で日本の時代の変化の片鱗が見え隠れしたところに宮崎駿監督は着目していたことを、『崖の上のポニョ』のプロデューサーの鈴木敏夫さんが示唆していました。

 

宮崎駿監督がそうすけを通じて伝えたいこと


鈴木敏夫さんのインタビューで、宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』の登場人物に対する思いを語っていました。

 

そのインタビューで、宮崎駿監督は家族とは言えどあくまで一個人としてそうすけを自立した人間の象徴として表現させるために両親を呼び捨てにさせていると述べています。

また、そうすけに呼び捨てで呼ばせているのは母であるリサであることも公言しています。

つまり、若くして自立心を養ってほしいリサの思いからできたそうすけの人物像だと言えます。

 

なかなかそうすけのような5歳の子供に自立心を伝えることは難しいと思いますが、この先の時代を築いていく若者には、これまで両親たちのような大人が築いてきた技術や環境をよりよいものに進化させていくことが求められてきます

そうなった時、より優れた人材になるためには少しでも早く今の大人たちを超える武器を持つことが大切になってきます。

その前段階として、少しでも早く自立して生きていける人間になることが重要になってきます。

最近、多くの企業で若者の柔軟な発想が我が社には必要だと求めるように、この時の宮崎駿監督はそうすけのような子供たちが両親たちのような大人と同等の立ち位置で物事を考えられるようになってほしいという願いをそうすけの人物像に込めたのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい
ジブリ映画『崖の上のポニョ』の 声優は下手?出演者や評価をまとめてみた!

ジブリ映画の中でも、特にファミリー層から人気が高い名作として知られる「崖の上のポニョ」。 2008年公開の作品ですが、ジブリを代表する映画のひとつとして今も支持を集めていますよね。 そんな「崖の上のポ ...

 

まとめ・考察

『崖の上のポニョ』という作品で、そうすけという5歳の少年がなぜ両親を呼び捨てで呼んでいるのかという疑問に対して、そうすけのような子供たちに大人と同じ立場で物事を考えられるようになってほしいという宮崎駿監督の願いから来ていて、その願いをそうすけの実の母親であるリサに託していると結論付けました。

このことを別の視点から見ると、子供も大人も同じ一人の人間で対等であるべきという考え方をすることができます。

一見かわいげのあるほっこりとした作品かと思いきや、宮崎駿監督としてはかなり挑戦的な作品の作り方をしたのだろうなと感じました。

 

今でも宮崎駿監督の当時想像していた呼び捨てで呼び合う家族の在り方のような変化は一般的にはなりませんでしたが、2008年の頃と比べると今の時代は大人も子供も関係なく、個々人に目が向けられるようになってきたと言えます。

それは素直に喜ばしいことではあります。

しかし、個々人に目が向けられたが故に、成果主義の風潮が強くなりました。

成果主義が主流になり始めている今、対等な立場としてすべての人を扱うという観点では少しずつ離れていっているという印象を受けます。

差別などの問題も昔からなかなか消えるものではありませんから、本当の意味ですべての人が対等な立場として生きていくにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

本記事では、なぜそうすけが両親を呼び捨てにしているのかについて分析をしてきましたが、その真意がある程度見えてきたのではないでしょうか。

これを機に、もう一度『崖の上のポニョ』を見返してみるとまた違った視点からこの作品を楽しむことができるでしょう!

是非、『崖の上のポニョ』を見返してみてください!

あわせて読みたい
ジブリ映画『崖の上のポニョ』の都市伝説とは?!謎にも迫る!

スタジオジブリ製作の長編アニメ第16本目に当たるのが『崖の上のポニョ』(2018)です。 小さな赤ちゃんとも、魚とも、人面魚ともとれる不思議な風貌のポニョは大変印象的で、映画公開前からポニョの描かれた ...

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan