アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレ【未来への希望を託して】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 いよいよ最後の事件が始まり、今回で最終回となりました。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』24話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り ウィリアムは自分だけが犠牲になり、この世界の仕組みを正そうとしている。 しかしルイスやフレ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレ【未来へのリベンジ】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 ついに東京卍會とメビウスの抗争が始まってしまいましたが、争いの中龍宮寺が将貴に刺されてしまいます。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャ ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』13話のあらすじネタバレ感想!【大団円のハッピーエンドに感動】

世界的にヒットした恋愛漫画をアニメ化した、シリーズ最終シーズン『フルーツバスケット The Final』。 その13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 それぞれの旅立ちとこれからの日々を感じさせる、幸せに満ちた最終回に注目です。   『フルーツバスケット The Final』12話のおさらい 十二支の呪いが次々に解け、ついに最後の由希も呪いが解けたことを感じて、真知を抱き締めてキスをします。 後日、これまで十二支の呪いを持っていたメンバーが草摩家の屋敷に集められ、彼らの前で振り袖に身を包 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『キングダム』3期13話のあらすじネタバレ感想!【汗明が面白いのに強すぎる……!】

秦の始皇帝による中華統一と、それを支える若き武将の戦いを描いた歴史アクション大作『キングダム』。 そのアニメ第3期の13話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 合従軍との激しい戦いが続く中で、ついに蒙武と汗明が激突します……!   『キングダム』3期12話のおさらい 函谷関の弱点である真横の山岳地帯は、王一族の将軍・王翦によって守られていました。 しかし、王翦は咸陽の文官たちからは、思想や忠誠心の面で能力を疑問視されています。 そんな王翦ですが、山岳部族上がりの燕の総大将オルドの軍勢を前に、 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレ【母親と娘】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 沙優と一緒に北海道に来た吉田は、いよいよ沙優の母親と対面。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』12話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 吉田は沙優と一緒に北海道にやってきて、一緒に実家に行くことを決意。 実家に行く ...

続きを読む

アニメ

アニメ『86 エイティシックス』8話のあらすじネタバレ感想!【現実の壁にぶつかるレーナ……そしてシンたちの旅立ち】

2021年4月から放送されているアニメ『86 エイティシックス』

電撃小説大賞の大賞を受賞した大ヒットライトノベルを原作に、ハードなSF世界観を描いて話題を集めています。

そんな『86 エイティシックス』第8話のあらすじネタバレや感想をまとめました。

スピアヘッド戦隊を死に追いやる最後の作戦命令を前に、シンとレーナの行動は……?

 

『86 エイティシックス』7話のおさらい

革命祭に浮かれる共和国第1区。

レーナも名家の令嬢としてパーティーに出席させられ、そこで花火を見ながらシンとパラレイドで同調します。

レーナが「特殊弾頭」として送った花火をシンたちも打ち上げていて、シンはレーナに「少佐は俺たちのことを忘れないでいてくれますか?」と言うのでした。

その後、レーナはスピアヘッド戦隊の「全滅するまで人員補充もなく戦わされる」という真実を知ります。

関連記事
アニメ『86 エイティシックス』7話のあらすじネタバレ感想!【花火の下の約束……そしてスピアヘッド戦隊の残酷な真実が明らかに】

安里アサトによる大ヒットライトノベルを原作に、ハードなSF世界観を描いて話題になっているアニメ『86 エイティシックス』。 その第7話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 花火の下での約束や、スピ ...

 

『86 エイティシックス』8話のあらすじネタバレ

レーナの葛藤

直前の戦闘で4人もの仲間を死なせた敵の超長距離射程砲型レギオンについて、話し合うシンとライデン。

シンは敵が基地を直接攻撃してくることはないと言い、その根拠として「敵の指揮官が兄レイであること」「自分も相手に見つかって、首を狙われるであろうこと」を挙げるのでした。

一方で、レーナはシンたちの運命にまだ打ちのめされています。

シンたちが生き延びても、最後には「全滅するまで敵地の奥深くに進まされる最終任務」が待っていると知るのでした。

 

アネットの過去

レーナはアネットに相談しますが、アネットはそんなレーナを激しく拒絶します。

彼女がエイティシックスを嫌うふりをしている背景には、かつて幼馴染だった隣家のエイティシックスの少年を突き放して見殺しにしてしまった過去がありました。

自分可愛さに幼馴染を救うのを拒否してしまったことから、アネットはエイティシックスに対して同情的な言動をするのをやめたのでした。

アネットはレーナに対して「聖女みたいなふりして、あんたも同罪」だと突きつけます。

 

突き放されるレーナ

さらにアネットは、レイドデバイスの真実についても明かします。

アネットの幼馴染の少年は血族と会話なしで意思疎通ができる異能を持っていて、その異能を研究し、軍事転用したのがパラレイドの技術でした。

アネットの父はレイドデバイスを開発する過程で多くのエイティシックスを実験台にし、その罪悪感で自殺していました。

父の研究を継いだアネットも良心と諦めの狭間で葛藤し続けていて、レーナの理想的すぎる言動を糾弾し、絶交を宣言します

レーナはシンたちを救うためにカールシュタール准将にも縋りますが、カールシュタールはそれを冷たく拒否。

彼は、理想を掲げながらも「下劣な愚民どもの国家」になり下がった共和国のことを徹底的に蔑み、国にも人類にも絶望していたのでした。

 

シンたちの旅立ち

何もできないと分かったレーナはシンたちに「逃げてください」と言いますが、

シンはこの最後の任務こそ「自分たちで行こうと思ったところまで進める自由」だと語ります。

シンはもうパラレイドを繋いでくるなとレーナを拒絶。

その後、最後まで生き残ったシンとライデン、クレナ、アンジュ、セオは基地を旅立ち、決死の任務に出撃していきます。

アルドレヒトたち整備班にも気遣われ、ちょっとした見送りの品ももらい、基地で飼っている猫にも別れを告げ、シンたちは死地へと旅立っていくのでした

一方、その進路にはレギオンと化したレイがシンを待ち構えています

 

『86 エイティシックス』8話を見た視聴者の声

いちばん注目が集まっていたのが、死地に赴くシンたちの準備の描写

確実に死ぬ未来がすぐそこに待っているのに、旅立ちを鮮やかに、希望があるかのように映しているのが多くの人の印象に残ったようです。

8話のタイトルにもなっているシンの「行こう」が感情を揺さぶってきますね。

 

『86 エイティシックス』8話の感想・考察

遺されてこれからも生きていくレーナは、アネットからもカールシュタールからもシンからも拒絶されて独りになり

共和国に捨てられて死んでいくだけのシンは、仲間に囲まれ、整備班の皆に見送られて明るく旅立つという対比が印象的でした。

単純に立場だけで幸不幸が決まるのではなく、生き方や信念、世界の捉え方などで登場人物の描かれ方が大きく変わるのが『86 エイティシックス』の見どころですね。

エンディングを挟んだラストでは、ついにレイが登場。

このレイとの戦いが、第1クールのクライマックスになるのでしょうか。

シンを殺そうとした後悔に包まれるレイが、レギオンの姿に変わり果ててもシンに狂気的な執着を見せるのはかなり怖いです。

 

『86 エイティシックス』8話のあらすじネタバレ感想まとめ

残るスピアヘッド戦隊はわずか5人で、最後の旅も始まって、1クール目の終わりが見えてきた『86 エイティシックス』第8話。

レーナは必死の足掻きもむなしくここで孤立して打ちひしがれてしまいましたが、彼女が最後に見せる決断・活躍にも注目です。

ついにシンとレイが再会する次回にも目が離せません。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan