アニメ

『86 エイティシックス』10話のあらすじネタバレ感想!【シンたちの旅路とファイドの最期】

2021年4月から放送中のSFアニメ『86 エイティシックス』。 電撃小説大賞を受賞した安里アサトさんのライトノベルを原作に、殺伐とした世界観で無人機と少年たちの戦いを描くハードな作品です。 その第10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 「特別偵察任務」と呼ばれる決死行へと旅立ったシンたちスピアヘッド戦隊ですが、その旅はまだまだ終わりません。   『86 エイティシックス』9話のおさらい 特別偵察任務に発ち、その道中でシンの兄であるレイが取り込まれたレギオンと対峙するスピアヘッド戦隊の5 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレ【2人の最後の時間】

2021年4月からアニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が放送開始しました。 女子高生が家出をしてサラリーマンである主人公と同居をするという、非日常的なストーリーが話題を呼んでいます。 物語もいよいよ終盤に近づき、沙優と吉田の周りの状況も変わってきました。 今回は、アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』10話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』前回の振り返り 沙優の兄が吉田の家にやってきましたが、1週間考える時間をくれました ...

続きを読む

アニメ

アニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレ【裏で糸を引く人物とは】

2020年10月から12月に放送されていたアニメ『憂国のモリアーティ』。 シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授目線のアニメとして話題になり、2021年4月からは2クール目の放送が始まっています。 物語もいよいよ終盤となり、ますます盛り上がりを見せていてファンもかなり多いでしょう。 今回は、待望のアニメ『憂国のモリアーティ』21話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。   アニメ『憂国のモリアーティ』前回の振り返り いつも通り家族や部下たちと変わらない毎日をおくるホワイトリー ...

続きを読む

アニメ

『フルーツバスケット The Final』10話のあらすじネタバレ感想!【由希と夾のぶつかり合い、そして夾が透への想いを自覚する……】

高屋奈月さん原作の世界的大ヒット恋愛漫画を原作に、2021年4月から放送中されている『フルーツバスケット The Final』。 アニメシリーズ最終作として、ストーリーのクライマックスに大きな注目が集まっています。 そんな『フルーツバスケット The Final』の10話のあらすじネタバレや感想をまとめました。   『フルーツバスケット The Final』9話のおさらい 夾から突き放され、そこへやって来た慊人と遭遇する透。 慊人の孤独を感じ取った透は彼女を受け入れようとしますが、慊人は暴走を続 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレ【ドラケンの命の行方】

2021年4月10日から、アニメ『東京リベンジャーズ』の放送が開始し、盛り上がりを見せています。 過去に戻って大切な人を死から救うという物語ですが、4話までに過去が変わったことで未来までもが変わっていきました。 同じ日付には1回しかタイムリープできないため、チャンスも1回きり。 武道は2人の喧嘩を止められましたが、パーと仲の良かったペーが何やら企んでいる様子。 今回は、アニメ『東京リベンジャーズ』9話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   アニメ『東京リベンジャーズ』前回の振り返 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『フルーツバスケット The Final』7話のあらすじネタバレ感想!【慊人の歪んだ過去が悲しすぎる】

十二支の呪いを巡る草摩家の人々の人間ドラマや、彼らと深く関わることになった高校生の少女・透を描く人気恋愛アニメ『フルーツバスケット』。

その最終章となる『フルーツバスケット The Final』の7話のあらすじネタバレや感想をまとめました。

夾の葛藤と、慊人の壮絶な過去が見どころです。

 

『フルーツバスケット The Final』6話のおさらい

もうすぐ猫憑きとして幽閉されることになる夾。

透はそのことを辛く思っていて、夾を救いたい、夾が大切だと思っていますが、

自分が夾を一番に想うようになったら、死んだお母さんを忘れてしまうのではないかという葛藤も抱えていました。

その母・今日子の命日の日に、夾は透の祖父から、透が父親の口調や母親の存在に執着するようになった過去を聞きます。

透はそんな自分を嫌悪していましたが、夾は彼女のそんな部分も「愛おしい」と受け入れて、2人は抱き合うのでした。

しかしその後、透の部屋で今日子の写真と形見の帽子を見た夾は、何かを思い出します。

関連記事
アニメ『フルーツバスケット The Final』6話のあらすじネタバレ感想!【透が過去を乗り越えて前に進む!夾は今日子の事故死に関係が……?】

アニメ3期目もそろそろ折り返し地点に来て、結末に向けてストーリーが進んでいく『フルーツバスケット』。 最終章『フルーツバスケット The Final』の6話のあらすじネタバレや感想をまとめました。 今 ...

 

『フルーツバスケット The Final』7話のあらすじネタバレ

紫呉と楝

今日子と話していた過去を思い出す夾ですが、その回想はやがて血まみれの今日子と自身の母親に挟まれるという恐ろしいものに変わります。

今日子の事故死に自分が関わっていたことを思い出した夾は、皆が明るくハンバーグ作りをしている中でも一人で真っ暗な部屋にいました。

一方で、紫呉は慊人の母・楝と話していました。

その会話の中では、紫呉や紅野たちがまだ幼かったころの姿も登場します。

子どもなんていらなかった、夫の晶に自分だけを見てもらえればそれでよかった楝

しかし、そう語る彼女に紫呉は容赦ない態度をとります。

 

歪んでいく慊人

短刀を持って暴走する楝を前に、慊人は楝が以前から執着していた「晶からもらった箱」を投げつけてくれてやります。

父である晶の死に際、「自分と楝が特別な関係である証として慊人を残せてよかった」と語られた慊人。

しかし、それは慊人にとっては「父が自分を可愛がってくれたのは楝との子どもだからで、自分そのものに関心があるわけではなかった」と言われるに等しいことでした。

「晶の魂が入っている」と言って持っていた箱も、中身は空っぽです。

 

燈路の呪いが解ける

慊人たちが壮絶な争いをくり広げている一方で、燈路の呪いが唐突に解けてしまいます

糸が切れたような感覚とともに、十二支の呪いがなくなったと自覚した燈路。

はじめて妹を抱き上げて、その姿を見た燈路のお母さんも感動して2人を抱き締めます。

しかし、呪いから解放されると同時に、十二支の一員であるという「絆」も途切れてしまったと感じて、複雑な喪失感に包まれるのでした。

お母さんもそんな燈路の気持ちを汲んで優しく語りかけます。

 

慊人の暴走

楝との口論を経て暴走する慊人。

短刀をふりかざして、自分を慰めてくれようとした紅野に掴みかかり、彼の腰を刺してしまいます

それでも紅野は慊人を思い、逃げる彼女を追いかけようとしました。

一方で、未だに「許さないから」という今日子の最期の言葉に囚われている夾は、傘を手に家を出ようとします。

透が声をかけますが、夾は彼女に硬い表情を向けて振り切り、出ていくのでした。

 

『フルーツバスケット The Final』7話を見た視聴者の声

これまでは憎まれ役だった慊人の過去が生々しく描かれたのもあって、彼女のあまりにも悲しい境遇に感情移入する声が集まっていました。

こんな環境で育てられたのなら歪んでしまったのも仕方ない……と同情した人が多かったようです。

りく
今回のストーリーで視聴者の慊人の見方が変わったみたいですね

 

『フルーツバスケット The Final』7話の感想・考察

母親に誕生を喜ばれず、父親からは「自分と妻が特別な関係だった証」としてしか見られていなかったと知った子どもの頃の慊人。

こんな現実を突きつけられたら、心が歪んでしまうのも仕方ないのかもしれません。

だからこそ、自分が誰かの特別な存在であり得る「十二支の呪いが作る歪な絆」に異常なまでに執着してしまったのでしょうね。

自分を思ってくれる紫呉も、紅野も、他の人たちも傷つけて、ついには紅野を刺してしまった慊人。

りく
その暴走は恐ろしくもあり、悲しくもあります

 

今回は慊人の過去がメインでしたが、併せて描かれる夾の過去も注目ポイントですね。

今日子のあんな最期に立ち会って、おまけにあんな言葉を投げられてしまったら、トラウマになるのも当然と言えるのかもしれません。

透への想いと、彼女の母である今日子からぶつけられた言葉

この葛藤を夾がどう乗り越えていくのか、見ていてハラハラしてしまいます。

りく
最後には透と夾が結ばれると信じたい、その過程も気になります

 

『フルーツバスケット The Final』7話のあらすじネタバレ感想まとめ

ぐちゃぐちゃに歪んでしまった慊人がここからどうなるのか、草摩家の歪な関係は最後には解決するのか。

そして透と夾の関係はどうなってしまうのか。

最終シーズンもいよいよ後半ですが、結末まで目が離せません

次回も『フルーツバスケット The Final』に注目していきましょう。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan